恋人はワイン色

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
CHAGE and ASKA > 恋人はワイン色
恋人はワイン色
チャゲ&飛鳥シングル
初出アルバム『RHAPSODY
B面 あきらめのBlue Day
リリース
規格 8cmCD
カセットテープ
7インチレコード
デジタル・ダウンロード
ジャンル ポップ
レーベル ポニーキャニオン
AARD-VARK
作詞・作曲 飛鳥涼 (#1)
作詞 澤地隆・作曲 チャゲ (#2)
プロデュース C&A, GO YAMAZATO
チャート最高順位
チャゲ&飛鳥 シングル 年表
ロマンシングヤード
1987年
恋人はワイン色
(1988年)
ラプソディ
(1988年)
テンプレートを表示

恋人はワイン色」(こいびとはワインいろ)は、チャゲ&飛鳥(現:CHAGE and ASKA)の20枚目のシングル1988年2月5日に発売された。発売元はポニーキャニオン

解説[編集]

前作「ロマンシングヤード」からおよそ5ヶ月ぶりのシングル発売となった。アルバム『RHAPSODY』からの先行シングルである。

CDジャケットでチャゲ&飛鳥の2人はコートを着用しているが、撮影は真夏の駒沢公園で行なったという[1]

収録曲[編集]

  1. 恋人はワイン色
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:西平彰
    テレビ朝日系ドラマ『あぶない雑居カップル』主題歌。
    CHAGE and ASKAとして、初のテレビドラマ主題歌を担当した[2]。ASKAは、ドラマを書きたかったとしている。歌詞はアパルトのミセスが男の暮らしをいつも伺っていて、ある日女の子が一緒に住むようになってから別れに至るまで、ずっと噂をしていたというストーリーである[3]
  2. あきらめのBlue Day
    (作詞:澤地隆 作曲:チャゲ 編曲:村上啓介
    光GENJIのアルバム『光GENJI』の6曲目「BAD BOY」と基本的にメロディーは同じで、詞とアレンジが異なる楽曲。これは、元々チャゲ&飛鳥と光GENJI双方で使える曲を依頼されて作ったからである[4]

収録アルバム[編集]

国内盤
海外盤

カバー作品[編集]

恋人はワイン色
  • ニサ・リン(林佳儀) 「周末的下午」というタイトルでカバーしている

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フジテレビ系『MUSIC FAIR 21』 2004年8月21日出演時のトークより。
  2. ^ バイオグラフィー(1988年) ASKA official site 2018年1月31日閲覧
  3. ^ 「恋人はワイン色」 Discography | CHAGE and ASKA Official Web Site 2019年1月27日閲覧
  4. ^ PRIDE II 〜10年の複雑〜 (八曜社、1989年10月10日発行) ISBN 4827000964

外部リンク[編集]