NOT AT ALL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
CHAGE and ASKA > NOT AT ALL
NOT AT ALL
CHAGE and ASKAスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル POP
時間
レーベル キティMME
プロデュース CHAGE and ASKA
チャート最高順位
CHAGE and ASKA 年表
CHAGE&ASKA VERY BEST ROLL OVER 20TH
1999年
NOT AT ALL
(2001年)
STAMP
2002年
『NOT AT ALL』収録のシングル
  1. ロケットの樹の下で
    リリース: 2001年4月25日
  2. パラシュートの部屋で
    リリース: 2001年8月8日
  3. C-46
    リリース: 2001年9月19日
  4. 夢の飛礫
    リリース: 2001年11月28日
ミュージックビデオ
「パラシュートの部屋で」 - YouTube
「C-46」 - YouTube
「夢の飛礫」 - YouTube
「ロケットの樹の下で」 - YouTube
テンプレートを表示

NOT AT ALL』(ノット・アット・オール)は、CHAGE and ASKAの20作目のオリジナル・アルバムでもあり、表記は異なるが本作の1曲目の楽曲でもある。2001年12月27日に発売された。発売元はキティMME

2009年3月25日に再発売をしている。

解説[編集]

  • ユニバーサルミュージック・キティMME 移籍後初となるアルバム。
  • 前作『NO DOUBT』からおよそ2年4ヶ月ぶりとなるオリジナル・アルバムで、引き続きセルフ・プロデュース作品となった。CD-EXTRA仕様で発売された(特典である、オリジナル・スクリーンセーバー・プレゼントは現在利用することができない)。
  • 2001年に発売された4枚のシングルから、カップリング曲を含め6曲が収録されている(「C-46」のカップリング曲「Born the trap」は未収録)。また、1991年に発売したシングル「SAY YES」のカップリング曲であった「告白」が、新たにレコーディングされて収録されている。
  • 1992年の『GUYS』以来となるロンドンに滞在してのレコーディングが行われ、帰国後も作業を東京に移し、レコーディングが続けられた。
  • ロンドン滞在当初は、CHAGE・ASKA・スタッフで共同生活を行なっていたが、CHAGEとASKAの生活スタイルの違いから、2週間ほどで別々の住まいになったと述べている[1]
  • 本作は、2001年8月25日のデビュー日に発売と発表がされていたが、それが10月発売に延期。更に12月発売へと度々延期された[2]
  • その為、アルバム発売前の10月6日からコンサートツアー『CHAGE and ASKA CONCERT TOUR 01>>02 NOT AT ALL』がスタートする形となる。翌年の春まで全国のホール会場74公演に、追加アリーナ会場10公演を行なう過去最大本数のツアーを行なった。
  • 初回限定盤はクリアカード・ジャケット。

収録曲[編集]

  1. not at all
    (作詞:ASKA松井五郎 作曲:ASKA 編曲:ASKA・鈴川真樹・Richard Cottle・Paul Staveley O'Duffy (英語)
    TBS情報番組エクスプレス』オープニングテーマ(2001年10月29日~2002年3月29日使用)。
  2. ふたりなら
    (作詞:CHAGE and ASKA 作曲:CHAGE 編曲:松本晃彦
    シングル「ロケットの樹の下で」のカップリング曲。
  3. 鏡が映したふたりでも
    (作詞・作曲:ASKA 編曲:松本晃彦・ASKA)
    CHAGEとASKA出演のNEC 企業CMソング(2000年使用)。
    2004年に発売されたバラッド集『THE STORY of BALLAD II』にも収録されている。
  4. アジアンレストランにて
    (作詞・作曲:CHAGE 編曲:Paul Staveley O'Duffy・村田努)
    シングル「パラシュートの部屋で」のカップリング曲。
  5. パラシュートの部屋で
    (作詞・作曲:ASKA 編曲:ASKA・鈴川真樹・Richard Cottle・Paul Staveley O'Duffy)
    2001年8月8日発売の42枚目シングル曲。

  6. (作詞:CHAGE 作曲:CHAGE・Tom Watts)
    本作の中では一番短い、およそ2分弱の楽曲。
  7. C-46
    (作詞・作曲:ASKA 編曲:ASKA・鈴川真樹・Richard Cottle・Paul Staveley O'Duffy)
    2001年9月19日発売の43枚目シングル曲。
  8. 夢の飛礫
    (作詞:CHAGE 作曲:CHAGE・Tom Watts 編曲:十川知司
    2001年11月28日発売の44枚目シングル曲。
    アウトロが、シングル収録時とは異なるミックスで収録されている。
  9. ロケットの樹の下で
    (作詞・作曲:ASKA 編曲:松本晃彦・ASKA)
    2001年4月25日発売の41枚目シングル曲。
  10. 告白
    (作詞:青木せい子 作曲:CHAGE 編曲:Elder Street Boys)
    1991年7月24日発売のシングル「SAY YES」のカップリング曲。
    2コーラス目がカットされ、演奏時間が短くなっている。

参加ミュージシャン[編集]

not at all

ふたりなら

  • Keyboards:松本晃彦
  • Drums:江口信夫
  • Bass:荻原基文
  • Guitars:鈴川真樹
  • Additional Guitars:松本晃彦、木村紡次
  • Programming:森下晃、海津賢

鏡が映したふたりでも

  • Keyboards:松本晃彦
  • Drums:江口信夫
  • Bass:荻原基文
  • Guitars:狩野良昭、鈴川真樹
  • Programming:森下晃

アジアンレストランにて

  • Keyboards:Richard Cottle
  • Drums:Chris Whitten
  • Bass:Jeremy Meehan
  • Guitars:鈴川真樹
  • Programming:Paul Staveley O'Duffy, Richard Cottle, 村田努

パラシュートの部屋で

  • Keyboards:Robin Smith, Richard Cottle
  • Drums:Chris Whitten
  • Bass:Jeremy Meehan
  • Guitars:鈴川真樹、Robbie McIntosh
  • Programming:Paul Staveley O'Duffy, Richard Cottle, 小笠原学
  • PercussionLuis Jardim (英語)
  • Backing Vocals西司

  • Guitars:木村紡次

C-46

  • Keyboards:Richard Cottle
  • Drums:Chris Whitten
  • Bass:Jeremy Meehan
  • Guitars:Robbie McIntosh
  • Programming:Paul Staveley O'Duffy, Richard Cottle, 小笠原学
  • Strings:The London Telefilmonic Orchestra

夢の飛礫

  • Keyboards:十川知司
  • Drums:河村智康
  • Bass:松井敬治
  • Guitars:狩野良昭
  • Programming:十川知司、小笠原学
  • Strings:後藤勇一郎グループ
  • Backing Vocals:西司

ロケットの樹の下で

  • Keyboards:松本晃彦
  • Drums:江口信夫
  • Bass:荻原基文
  • Guitars:鈴川真樹
  • Programming:森下晃

告白

  • Keyboards:澤近泰輔、旭純
  • Drums:今泉正義
  • Bass:恵美直也
  • Guitars:狩野良昭、鈴川真樹
  • Programming:小笠原学

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ フジテレビ系『HEY! HEY! HEY! MUSIC CHAMP』 2001年8月27日出演のトークより。
  2. ^ フジテレビ系『MUSIC FAIR 21』 2002年2月2日出演のトークより。

外部リンク[編集]