1983.9.30 CHAGE&ASUKA LIVE IN YOYOGI STADIUM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
CHAGE and ASKA > 1983.9.30 CHAGE&ASUKA LIVE IN YOYOGI STADIUM
1983.9.30 CHAGE&ASUKA LIVE IN YOYOGI STADIUM
チャゲ&飛鳥ライブ・アルバム
リリース
録音 1983年9月30日
国立代々木競技場第一体育館
ジャンル フォークポップ
時間
レーベル ワーナー・パイオニア
ヤマハミュージックコミュニケーションズ
プロデュース チャゲ&飛鳥
チャート最高順位
  • 週間17位(LP盤・オリコン
  • 週間57位(SHM-CD盤・オリコン)
チャゲ&飛鳥 アルバム 年表
CHAGE&ASUKA IV -21世紀-
(1983年)
1983.9.30 CHAGE&ASUKA LIVE IN YOYOGI STADIUM
(1983年)
INSIDE CHAGE&ASUKA V
1984年
テンプレートを表示

1983.9.30 CHAGE&ASUKA LIVE IN YOYOGI STADIUM』(1983.9.30 チャゲアンドアスカ ライブ イン ヨヨギ スタジアム)は、チャゲ&飛鳥(現:CHAGE and ASKA)が発売したライブ・アルバムである。LP盤は1983年11月16日に発売された。発売元はワーナー・パイオニア

概要[編集]

ライブ・アルバムとしては、1981年に発売した『ライブ・イン田園コロシアム 〜The 夏祭り'81』以来、2作目である。

本作は、コンサートツアー『21世紀への招待 part 1』の中で、1983年9月30日に国立代々木競技場第一体育館で行われた公演の模様を収めたものである。

国立代々木競技場第一体育館がライブに使用されたのは、この公演が初めてである。

ラスト・ナンバーの「声を聞かせて」は、このライブのために作られた楽曲であり、レコーディング音源は発表されていない。

レコード盤が廃盤後長らくCD化されていなかったが、2009年9月23日に紙ジャケット・シリーズの一環として、SHM-CD仕様でヤマハミュージックコミュニケーションズより再発売され、初CD化となった。

また、このライブの模様は映像化されており、『GOOD TIMES 1983.9.30 国立代々木競技場LIVE』(VHS、1984年4月1日発売)及び『CHAGE and ASKA LIVE DVD BOX 1』(DVD〔3枚組のうちの1枚〕、2009年8月26日発売)に収められている。

収録曲[編集]

DISC 1 (CD)[編集]

SIDE A (LP)[編集]

  1. 草原の静(Overture)
    (作曲:飛鳥涼 編曲:瀬尾一三

  2. (作詞・作曲:チャゲ 編曲:平野孝幸
    エンディングから「21世紀」の前奏に入り、突然「熱風」のイントロが始まる。
  3. 熱風
    (作詞:松井五郎 作曲:飛鳥涼 編曲:笛吹利明
  4. 真夏の国境
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:瀬尾一三)
  5. 安息の日々
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:瀬尾一三)

SIDE B (LP)[編集]

  1. 終章(エピローグ)
    (作詞:チャゲ・田北憲次 作曲:チャゲ 編曲:瀬尾一三)
  2. マリオネット
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:瀬尾一三)
  3. Fifty-Fifty
    (作詞・松井五郎 作曲:チャゲ 編曲:平野孝幸)
  4. 華やかに傷ついて
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:平野孝幸)
  5. お・や・す・み
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:瀬尾一三)

DISC 2 (CD)[編集]

SIDE C (LP)[編集]

  1. 眠ったハートに火をつけて
    (作詞:松井五郎 作曲:チャゲ 編曲:大村雅朗
  2. ボヘミアン
    (作詞:飛鳥涼 作曲:井上大輔 編曲:平野孝幸)
  3. 御意見無用'83
    (作詞:阿里そのみ 作曲:チャゲ 編曲:平野孝幸)
  4. あの娘にハ・レ・ル・ヤ
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:平野孝幸)

SIDE D (LP)[編集]

  1. 夢を見ましょうか
    (作詞・作曲:チャゲ 編曲:平野孝幸)
  2. 魅惑
    (作詞:松井五郎 作曲:飛鳥涼 編曲:後藤真和
  3. ひとり咲き
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:瀬尾一三)
  4. 声を聞かせて
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:平野孝幸)


外部リンク[編集]