MIDNIGHT 2 CALL

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
MIDNIGHT 2 CALL
シブがき隊楽曲
収録アルバム 純情元年五月五日” 〜LOVE from HONOLULU〜
リリース 1984年5月5日
規格 12cmCD
ジャンル POP
レーベル CBS・ソニー
作詞者 飛鳥涼
作曲者 飛鳥涼

  • ルイ・フォン
  • ASKA(1988年・セルフカバー)
純情元年五月五日” 〜LOVE from HONOLULU〜収録順

危険一瞬!
(2)
MIDNIGHT 2 CALL
(3)
六本木CRY
(4)

MIDNIGHT 2 CALL」(ミッドナイト トゥー コール)は、シブがき隊の楽曲。作詞・作曲は飛鳥涼(現:ASKA)。1984年5月5日にアルバム『純情元年五月五日” 〜LOVE from HONOLULU〜』に収録されて発売された。発売元はCBS・ソニー

カバー作品[編集]

  • ルイ・フォン(呂方) 「有一天總會白」というタイトルでカバーしている

ASKAによるセルフ・カバー[編集]

ASKA > MIDNIGHT 2 CALL
MIDNIGHT 2 CALL
飛鳥涼シングル
初出アルバム『SCENE
B面 夢はるか
リリース
規格 8cmCD
カセットテープ
7インチレコード
録音 POP
レーベル ポニーキャニオン
AARD-VARK
作詞・作曲 飛鳥涼
プロデュース 飛鳥涼・山里剛
チャート最高順位
飛鳥涼 シングル 年表
MY Mr.LONELY HEART
1987年
MIDNIGHT 2 CALL
(1988年)
はじまりはいつも雨
1991年
SCENE 収録曲
最後の場面
(9)
MIDNIGHT 2 CALL
(10)
大人じゃなくていい
(11)
テンプレートを表示

MIDNIGHT 2 CALL」(ミッドナイト トゥー コール)は、飛鳥涼(現:ASKA)の2枚目のシングル1988年7月21日に発売された。発売元はポニーキャニオン

解説[編集]

本作から飛鳥涼のソロとしては、CDで発売されたシングル。なお、8cmCDで発売のためで、現在は廃盤となっている。

収録曲[編集]

  1. MIDNIGHT 2 CALL
    (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:平野孝幸・澤近泰輔)
    昔別れた恋人が泣きながら電話してくるという設定の歌詞である[1]
  2. 夢はるか
    (作詞:飛鳥涼 原案:立松和平 作曲:飛鳥涼 編曲:十川知司
    テレビ朝日報道番組ニュースステーション』内の「街シリーズ」テーマソング。
    当初立松和平がすべて作詞するはずであったが、書き上がってきた詞が散文詩の形であったため、ASKAが立松に承諾を貰い、立松の詞を元に作詞をすることになった[2]

収録アルバム[編集]

国内盤
海外盤

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「MIDNIGHT 2 CALL」 CHAGE&ASKA Official Web Site
  2. ^ 「夢はるか」 Official Web Site を参照

外部リンク[編集]