晴天を誉めるなら夕暮れを待て

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ASKA > 晴天を誉めるなら夕暮れを待て
晴天を誉めるなら夕暮れを待て
ASKAシングル
初出アルバム『NEVER END
B面 オンリー ロンリー
リリース
規格 8cmCD
ジャンル POP
時間
レーベル 東芝EMI
EAST WORLD
作詞・作曲 飛鳥涼
プロデュース RYO ASKA
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(合算2週、オリコン
  • 1995年1月度月間2位(オリコン)
  • 1995年度年間40位(オリコン)
  • ASKA シングル 年表
    はじまりはいつも雨
    1991年
    晴天を誉めるなら夕暮れを待て
    (1995年)
    ID
    1997年
    テンプレートを表示

    晴天を誉めるなら夕暮れを待て」(せいてんをほめるならゆうぐれをまて)は、ASKAの4枚目のシングル1995年1月1日に発売された。発売元は東芝EMI

    解説[編集]

    前作「はじまりはいつも雨」からおよそ4年ぶりであり、東芝EMI移籍後初のシングルとなった[2]

    タイトルの由来は諺の「晴天を誉めるには日没を待て(ものごとは終わってみるまで分からないものだから、最後まで油断してはならないということ)」から来ている[3]

    チャート成績[編集]

    ASKAソロとしては初となるオリコン週間シングルランキング1位(初登場1位)を獲得した[4]。また、オリコンでの最大ヒット作品「はじまりはいつも雨」に次ぐ2番目のヒットである[5]

    収録曲[編集]

    1. 晴天を誉めるなら夕暮れを待て
      (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:十川知司
      それまでのイメージ「バラードのASKA」を覆す楽曲となっている[3]
      後に収録されたアルバム『NEVER END』ではイントロを長くしたバージョンになっており、以降のベストアルバム『ASKA the BEST Selection 1988-1998』に収録されているのもこのバージョンである。
      長らくシングルバージョンでのアルバムへの収録はされていなかったが、2018年発売のベストアルバム『We are the Fellows』で初収録となった。
    2. オンリー ロンリー
      (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:十川知司)
      チャゲ&飛鳥(現:CHAGE and ASKA)の1985年に発売されたシングル「オンリー・ロンリー」のリメイク。新たなメロディと歌詞が加えられている。
    3. 晴天を誉めるなら夕暮れを待て(オリジナル・カラオケ)

    収録アルバム[編集]

    国内盤
    海外盤

    参加ミュージシャン[編集]

    • 鎌田ジョージ - ギター (#1)
    • 今剛 - ギター (#2)
    • 美久月千晴 - ベース (#1)
    • 長谷部徹 - ドラム (#1)
    • 重実徹 - ピアノ (#1)
    • 十川知司 - ピアノ&キーボード (#2)
    • 河合夕子 - コーラス (#2)
    • 中林たら - コーラス (#2)
    • 森達彦 - Synthesizer Sound Designers (#1、#2)
    • 山岡広司 - Synthesizer Sound Designers (#1、#2)
    • 十川知司 - Synthesizer Sound Designers (#1)

    カバー作品[編集]

    晴天を誉めるなら夕暮れを待て

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    注釈[編集]

    1. ^ 2003年6月度までの旧基準。最低累計正味出荷枚数80万枚以上の作品に適用。

    出典[編集]

    1. ^ ゴールドディスク認定作品 1995年1月度認定作品を閲覧。日本レコード協会
    2. ^ CHAGE&ASKAとしては、1997年になってから東芝EMIに移籍した。
    3. ^ a b 「晴天を誉めるなら夕暮れを待て」ライナーノーツ CHAGE and ASKA Official Web Site 2018年8月15日閲覧
    4. ^ 1995年 バイオグラフィー CHAGE&ASKA 公式サイト 2017年3月29日閲覧
    5. ^ ASKA シングル売上ランキング オリコン 2016年9月25日閲覧
    6. ^ またこのアルバムの中で、ASKAが光GENJIへ提供した楽曲「PLEASE」(ASKAとしては『SCENE II』・『BOOKEND』に収録)のカバーも収録している。

    外部リンク[編集]