L⇔R

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
L⇔R
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POPロック
活動期間 1990年 - 1997年
レーベル ポリスター(1991年 - 1994年)
ポニーキャニオン(1994年 - 1997年)
共同作業者 岡井大二(プロデューサー
牧村憲一プロデューサー
メンバー 黒沢健一ボーカルギター
黒沢秀樹(ギター・ボーカル)
木下裕晴ベース
旧メンバー 嶺川貴子キーボード

L⇔R(エルアール)は、日本音楽バンド

1991年にミニアルバム「L」でデビュー。以後13枚のシングル、7枚のアルバムを発表するが、1997年に活動休止。その後メンバーは個々にソロで活動するが、後述の黒沢健一の死去に伴い、現在は事実上解散。全ての作品を四人囃子のドラムスだった岡井大二がプロデュースを手がけ、代表曲は「KNOCKIN' ON YOUR DOOR」「HELLO, IT'S ME」など。

メンバー[編集]

元メンバー[編集]

1992年正式加入~1994年1月15日脱退。

略歴[編集]

  • 黒沢健一が地元の友人と組んでいたバンド「ラギーズ」に、辞めたギタリストの後任として黒沢秀樹が参加。バンド解散後は、二人でデモテープ作りに勤しむ。[1]
  • 1990年、黒沢健一、黒沢秀樹の兄弟と木下裕晴の3人でL⇔Rを結成。
  • 1992年 ファーストアルバムをレコーディング中、コーラスで参加した嶺川貴子が正式加入。
  • 1993年4月 ファンクラブ「SCRUFFS」発足
  • 1993年10月 第一回服部良一音楽賞を受賞。
  • 1994年1月 レコード会社移籍と同時に嶺川貴子が脱退。
  • 1995年5月 シングル「KNOCKIN' ON YOUR DOOR」がフジテレビドラマ僕らに愛を!』の主題歌に起用され、オリコン1位を獲得。10月 シングル「BYE」がオリコン6位を獲得。
  • 1996年初の武道館公演。
  • 1997年に活動休止を宣言。以後、メンバーそれぞれがソロ活動をしている(ソロ活動については各メンバーの項目を参照)。
  • 2002年にもベストアルバム発売。ポニーキャニオン版のタイトルが『Last Roll』であった(なおメンバーはこのアルバムに関わっていない)が、これまでメンバー自身の口から明確に解散宣言はなく、黒沢健一の公式サイトでも「現在も活動休止のまま活動は行われていない」と明記してある。
  • 2011年、これまでリリースされたバンドとしての全楽曲、製作されたPVが、iTunesで配信される。
  • 2013年5月30日 テレビ番組『1番ソングSHOW』に黒沢健一と秀樹が出演。これまでハッキリと語られてこなかった活動休止の理由にも触れ、健一が『Doubt』のレコーディング中、スタジオから逃げ出すなど精神的にギリギリの状態だったということが明かされた。
  • 2016年10月3日、黒沢健一が自身の公式サイト上で、脳腫瘍の治療中であることを公表。
  • 2016年11月25日、「L⇔R 25周年プロジェクト」開始を発表。再始動の話も出ていたとの事。[2]
  • 2016年12月5日、黒沢健一が脳腫瘍により死去(享年48)[3]
  • 2017年1月18日、DVD『L⇔R LIVE at Budokan "Let Me Roll It! Tour 1996"』発売。
  • 2017年2月8日、「L」から「Doubt」までのオリジナルアルバムがUHQCD仕様によるリマスタリングで発売。(「LAND OF RICHES Reverse」は除く)
  • 2017年3月15日、DVD『PV+』発売。

活動休止後の主な共演[編集]

  • 2003年、黒沢健一と木下裕晴を中心にcurve509結成。
  • 2007年、黒沢健一ソロツアー「LIVE without electricity」に黒沢秀樹が参加。
  • 2007年、黒沢秀樹プロデュースのアルバム「SUNNY ROCK!Sunshine Days of 70’s tribute album」に黒沢健一が参加。
  • 2008年、デコレ村オールスターズで黒沢健一と黒沢秀樹が共演している。
  • 2009年4月、黒沢兄弟によるユニット「ハンキーパンキー」がミニアルバムをリリース。
  • 2013年、黒沢健一のアルバム「Banding Together in Dreams」に、黒沢秀樹、木下裕晴、嶺川貴子が参加。

グループ名の由来[編集]

メンバーとプロデューサーの間で、記号っぽい物が良いという発想から産まれた物という説や、その会話をしていたスタジオでミキシング・コンソールを見て、オーディオの左右のチャンネルを表す「L」と「R」が目に入ったからと言う説、自分たちの幅広い音楽性を表すためと言う説、結成当時の黒沢兄弟の髪の分け目が左と右だったからと言う説(『HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP』出演時に本人たちが語った説。その際松本人志に「ハゲたら『⇔』だけになる」とイジられた)など、諸説あるため、どれが正しいかははっきりしていなかった。 ラジオ放送中にも「正式にはLefty in the Right[4]なんですけど…」という発言もあったが、なぜそのような名前になったかの説明は無かった。

その後2017年に再発されたアルバム「L」の岡井大二氏によるライナーノーツによると「わかりやすくて、記号っぽくて、音楽によく使われる言葉で何かちょうどいい記号はないか、となって、じゃあLとRだろう」「兄弟のつむじが右と左で逆だったからそれもこじつけられるんじゃないか」「アルバムタイトルにもLとRをつけるっていう遊びにもつながるから」という理由でL⇔Rになったことや、「Lefty in the Right」という名称も後付けであることが記述されている。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

# タイトル 収録曲 発売日 発売元 備考
1 LAZY GIRL/BYE BYE POPSICLE
  1. Lazy Girl
  2. Bye Bye Popsicle
1992年5月25日 ポリスター アルペンのCMタイアップがつく。カップリングはFM802ヘヴィーローテーション曲
2 (I WANNA)BE WITH YOU
  1. (I WANNA)BE WITH YOU
  2. PASSIN' THROUGH
1992年9月26日 1996年正月ドラマ「家族の食卓」の主題歌になった経緯有
3 恋のタンブリングダウン/君に虹が降りた
  1. 恋のタンブリングダウン
  2. 君に虹が降りた
1993年6月25日 アサヒビールのCMタイアップ
4 君と夏と僕のブルー・ジーン
  1. 君と夏と僕のブルージーン
  2. AMERICAN DREAM
  3. BOTH SIDE NOW
1993年12月20日 ボーナストラックの「BOTH SIDES NOW」は東京商科学院専門学校TV-CMソング
5 REMEMBER
  1. REMEMBER
  2. 夜を撃ち抜こう
1994年7月21日 ポニーキャニオン 移籍後第1弾シングル。カシオのCMタイアップ
6 HELLO, IT'S ME
  1. HELLO, IT'S ME
  2. HYPER BERRY DANCE
  3. HELLO, IT'S ME (Instrumental)
1994年10月21日 グリコポッキーCM曲。また「四姉妹物語」映画の主題歌
7 KNOCKIN' ON YOUR DOOR
  1. KNOCKIN' ON YOUR DOOR
  2. MUSIC JAMBOREE '95
  3. IT'S ONLY LOVE SONG
1995年05月03日 フジテレビ系列ドラマ「僕らに愛を!」の主題歌。ミリオンセラーを記録した
8 BYE
  1. BYE
  2. CHINESE SURFIN'
1995年10月20日
9 DAY BY DAY
  1. DAY BY DAY
  2. COWLICK (Bad Hair Day)
1995年11月17日 フジテレビ系列ドラマ「木曜の怪談」エンディングテーマ
10 GAME
  1. GAME
  2. GOOD MORNING TONIGHT
1996年1月19日 CDTV」月間主題歌
11 NICE TO MEET YOU
  1. NICE TO MEET YOU
  2. I WISH
  3. GAME (Live Version)
1996年6月21日 キリンラガービールCM曲。(使用されていたのは1996年初頭でこの曲が発売される頃には放映は終わっていた)

L⇔Rにおける唯一のマキシ・シングル(12cmシングル)である

12 アイネ・クライネ・ナハト・ミュージック
  1. アイネ・クライネ・ナハト・ミュージック
  2. そんな気分じゃない
1997年2月19日 藤木直人がアルバム『夏歌ウ者ハ冬泣ク』でカバー

モーツァルトの「アイネ・クライネ・ナハト・ムジーク」のタイトルを捩っただけで楽曲そのものとは無関係である

13 STAND
  1. STAND
  2. STRANDED
1997年03月19日 事実上ラストシングル。東京三菱銀行(現三菱UFJ銀行)CM曲

オリジナルアルバム[編集]

# タイトル 収録曲 発売日 発売元 備考
1 L
  1. BYE BYE POPSICLE
  2. LOVE IS REAL?
  3. PACKAGE... I missed my natural
  4. A GO GO
  5. NORTHTOWN CHRISTMAS


1991年11月25日 ポリスター 5000枚限定のミニアルバム

2017年2月8日にUHQCD化され再発売

2 Lefty in the Right
  1. Lazy Girl
  2. 7 Voice
  3. Bye Bye Popsicle 一度だけのNO.1[version]
  4. Holdin'Out[You & Me together] ホワッツ・ラブ
  5. Love is real? 想像の産物[version]
  6. Motion Picture
  7. I Can't Say Anymore
  8. PACKAGE…I missed my natural[ALTERNATE MIX]
  9. With Lots of Love Signed All of Us
  10. [Fresh Air For My]Dounut Dreams


1992年4月25日 2009年4月1日にSHM-CD化され再発売

2017年2月8日にUHQCD化され再発売

3 LAUGH + ROUGH
  1. LAUGH SO ROUGH
  2. YOUNGER THAN YESTERDAY 迷宮の少年たち
  3. BABY BACK
  4. PUMPING'92 素敵なパンピング
  5. RIGHTS AND DUES
  6. (too many flowers and mirrors)IN MY ROOM
  7. WHAT“P”SEZ? はっきりしようぜ
  8. I CAN'T STAND IT 気分は限界
  9. PASSIN' THROUGH pt.1 '73追憶の日々
  10. ONE IS MAGIC(and the other is logic) 魔法と理屈
  11. PASSIN' THROUGH pt.2
  12. (I WANNA)BE WITH YOU
1992年11月16日 2009年4月1日にSHM-CD化され再発売

2017年2月8日にUHQCD化され再発売

4 LOST RARITIES
  1. RADIO L⇔R
  2. TUMBLING DOWN 恋のタンブリングダウン
  3. BYE BYE POPSICLE 一度だけのNo.1
  4. LOVE IS REAL? 想像の産物
  5. PACKAGE... I missed my natural
  6. A GO GO
  7. NORTHTOWN CHRISTMAS
  8. RAINDROP TRACES 君に虹が降りた
  9. I LOVE TO JAM
  10. BYE BYE POPSICLE:CRUSIN'MIX
  11. NORTHTOWN CHRISTMAS:MONO MIX
1993年6月25日 『L』+レアトラック集。

2009年4月1日にSHM-CD化され再発売

2017年2月8日にUHQCD化され再発売

5 Land of Riches
  1. LAND OF RICHES-1 [ランド・オヴ・リッチズ1]
  2. NOW THAT SUMMER IS HERE [君と夏と僕のブルー・ジーン]
  3. AMERICAN DREAM [アメリカン・ドリーム]
  4. CRUSIN' 50~90'S [クルージン]
  5. CIRCLING TIMES SQUARE [さよならタイムズスクエア]
  6. RED & BLUE [レッドアンドブルー]
  7. THINGS CHANGE~
  8. EQUINOX [イクイノックス]
  9. TELEPHONE CRAZE [テレフォン・クレイズ]
  10. CAN'T SIT DOWN(INSTRUMENTAL) [エディサンセット&ブレイザーズのテーマ]
  11. U-EN-CHI [遊園地]
  12. LAND OF RICHES-2 [ランド・オヴ・リッチズ2]
1993年12月20日 初回は2枚組。

FACE-Aは日本、FACE-Bはアメリカでトラックダウンを行っている。 2009年4月1日にSHM-CD化され再発売(曲順はそのままで1枚でのリリース)

2017年2月8日にUHQCD化され再発売

6 LAND OF RICHES Reverse
  1. TELEPHONE CRAZE [テレフォン・クレイズ]
  2. EQUINOX [イクイノックス]
  3. RED & BLUE [レッドアンドブルー]
  4. LAND OF RICHES-2 [ランド・オヴ・リッチズ2]
1994年4月25日 『Land of Riches』のアウトテイク集
7 LACK OF REASON 初回盤【FACE-A】
  1. SOCIETY'S LOVE
  2. CATCH THE TUBE ―地下鉄で行こうよ―
  3. IT'S ONLY A LOVE SONG
  4. EASY ANSWERS
  5. HELLO, IT'S ME (ALBUM MIX)

初回盤【FACE-B】

  1. REMEMBER
  2. STAY AWHILE -ステイ-
  3. PARANOIAC STAR
  4. THEME OF B.L.T. -B.L.T.のテーマ-
  5. SEVENTEEN -17-
  6. KEEP THE CIRCLE TURNING

【通常盤】

  1. SOCIETY'S LOVE
  2. REMEMBER
  3. STAY AWHILE
  4. CATCH THE TUBE
  5. IT'S ONLY A LOVE SONG
  6. EASY ANSWERS
  7. THEME OF B.L.T.
  8. SEVENTEEN
  9. PARANOIAC STAR
  10. KEEP THE CIRCLE TURNING
  11. HELLO, IT'S ME(ALBUM MIX)


1994年10月21日 ポニーキャニオン 初回盤は2枚組仕様。

通常盤は1枚仕様なので曲順が入れ替わっている。

2017年2月8日にUHQCD化され再発売。ボーナストラックとして「HELLO,IT'S ME (SINGLE MIX)」を追加収録。

8 Let me Roll it!
  1. MAYBE BABY
  2. GAME
  3. BYE
  4. DAYS
  5. 僕は電話をかけない
  6. TALK SHOW
  7. HANGIN' AROUND
  8. KNOCKIN' ON YOUR DOOR
  9. OVER & OVER
  10. DAY BY DAY
  11. LIME LIGHT
1995年12月16日 2017年2月8日にUHQCD化され「25th Anniversary Complete Edition」として再発売。

EXTRA TRACKSとして「KNOCKIN' ON YOUR DOOR(Single Mix)」「BYE(Single Mix)」「DAY BY DAY(Single Mix)」「GAME(Single Mix)」「DAYS(Alternate Mix)」を追加収録

9 Doubt
  1. STRANDED
  2. NICE TO MEET YOU
  3. アイネ・クライネ・ナハト・ミュージック
  4. First step
  5. COUCH
  6. FLYING
  7. 僕は君から離れてくだけ
  8. ブルーを撃ち抜いて
  9. 直線サイクリング
  10. そんな気分じゃない
  11. STAND
1997年4月16日 2017年2月8日にUHQCD化され再発売
  • 『L』と『LOST RARITIES』以外の各アルバムはアナログ盤としてもリリースされている。

ベストアルバム[編集]

  1. Singles&More (1994/12/01)
    • シングル「LAZY GIRL」から「REMEMBER」までの全シングルと、アルバムからの選曲による構成。
    • 2009年4月1日にSHM-CD化され再発売
  2. L + R (1997/07/25)
    • 『L』+プロモ盤『R』。
    • 紙ジャケット仕様の初回盤には『Paperback Writer』と『BOTH SIDES NOW』の2曲が収録されたシングル盤が付いている。
  3. Singles&More Vol.2 (1997/12/03)
    • シングル「HELLO,IT'S ME」から「STAND」までの全シングルと、アルバムからの選曲による構成。
    • 初回は紙ジャケット仕様
  4. TREASURE COLLECTION (1999/06/30)
    • 収録曲は『Singles&More』から『REMEMBER』を抜いただけのもの。
  5. Last Roll - 11Years Of L⇔R (2002/09/19)
    • ネットによる投票選曲のベストアルバム。シングルA面曲が全て収録されている。
    • メンバーは関わっていないため、レーベル側の判断で「Last」と表題された。
  6. Looking Back - 11 years of L⇔R (2002/10/30)
    • プロデューサー岡井大二が選曲したベストアルバム。
  7. プラチナムベスト L⇔R (2015/6/17)

ライブアルバム[編集]

  1. LIVE RECORDINGS 1994-1997 (1997/09/19)
    • 4枚組ライブアルバム。

コンピレーションアルバム[編集]

  1. STEREOPHONIC WITZ COMPILATION Vol.1 (1994/09/10)
  2. WITS+Z COMPILATION VOL.2(1998/04/01)
  3. Exotic Beatles (2005/07/25)
  4. Who is The Star? -WITS Compilation Vol.3- 20th anniversary edition (2012/08/08)

映像作品 [編集]

  1. PV (1996/07/19)
    • 「HELLO,IT'S ME」「KNOCKIN' ON YOUR DOOR」「BYE」「GAME」「NICE TO MEET YOU」のビデオクリップ集。VHS盤は現在廃盤。2008年9月17日にDVD版が発売された。(ボーナストラック「GAME (Live at NIPPON BUDOKAN)」が収録されている。)
    • ※「DAY BY DAY」は未収録(現在は、iTunesにて視聴可能)。
  2. L⇔R LIVE at Budokan “Let Me Roll It! Tour 1996″ (2017/01/18)
    • 1996年に行われた初の武道館ライブの模様を初映像化したDVD。
    • 黒沢健一が実家に眠っていたマスタービデオテープを発見し当時のレコード会社のポニーキャニオンに掛け合い、「L⇔R 25周年プロジェクト」の一環としてリリースされた。[5]
    • オリコンデイリーDVD音楽ランキング1位(2017年01月17日付)。[6]
  3. PV+ (2017/3/15)
    • 「REMEMBER」「HELLO,IT'S ME」「KNOCKIN' ON YOUR DOOR」「BYE」「DAY BY DAY」「GAME」「NICE TO MEET YOU」「アイネ・クライネ・ナハト・ミュージック」のビデオクリップ集。2008年発売のPVに収録されていた「GAME (Live at NIPPON BUDOKAN)」はカットされている。
    • ※「STAND」は未収録。
  4. L⇔R Doubt tour at NHK hall~last live 1997~ (2017/8/11)
    • 結果的にL⇔Rのラストライブとなった1997年6月29日、Doubtツアーの最終日を収録した作品

ライブツアー[編集]

  • 「Back To Mono」(1993.02.10 - 02.18/全国4都市4公演)
  • 「Back To Mono 2」(1993.07.24 - 08.27/全国3都市3公演)
  • 「Back To Mono 3 -Psychedelic Beauty- "L" Night」(1993.12.20 - 1993.12.21/全国1都市2公演)
  • 「Back To Mono 3 -Psychedelic Beauty- "R" Night」(1993.12.23 - 1993.12.24/全国1都市2公演)
  • 「Back To Mono 3 -Psychedelic Beauty- "?" Night」(1993.12.25/全国1都市1公演)
  • 「Equinox」(1994.03.14 - 03.30/全国7都市7公演)
    ツアータイトルが「Equinox」であるにも関わらず、「EQUINOX」が演奏されなかったツアーである。
  • 「Lack of Reason」(1994.10.28 - 11.30/全国10都市10公演)
  • 「Lack of Reason -Return-」(1995.01.06 - 0.10/全国3都市4公演)
  • 「Rock'n Roll Jet Set -Back To Mono 4 You-」(1995.07.29 - 08.04/全国3都市3公演)
  • 「Let me Roll it!」(1996.01.14 - 02.24/全国17都市18公演)
  • 「Let me Roll it! Surplus」(1996.03.09 - 03.20/全国2都市3公演)
  • 「Doubt - Preview- 」(1997.04.26 - 04.27/全国1都市2公演)
  • 「Doubt」(1997.05.15 - 06.29/全国10都市13公演)

ラジオ番組[編集]

  • SF Rock Station東海ラジオ 1992/04 - 1993/06)
  • L⇔R STEREO MAGIC(FM横浜 1992/07 - 1993/03)
  • L⇔R MONDAY STEREO MAGIC(FM横浜 1993/04 - 1993/09)
  • L⇔R ジャンブル タンブル(α-Station 1993/10 - 1993/12)
  • L⇔R Hi-Fi STEREO MAGIC(FM横浜 1993/10 - 1994/03)
  • アップタウンスクウェア「浦和より愛をこめて」(NACK5 1995/01 - 1995/03)
  • Music Gambo(FM802 1995/10 - 1997/01 ※黒沢健一のみ)
  • L⇔Rのドライビン・ア・ゴー・ゴー(TOKYO FM 1996/03 - 1996/09)

脚注[編集]

  1. ^ Interview File Cast vol.55 黒沢秀樹インタビュー
  2. ^ L↔︎Rの武道館ライブ・オリジナルアルバムリマスター盤リリースのお知らせ 黒沢秀樹オフィシャルブログ「tomorrow today」
  3. ^ 「L⇔R」黒沢健一さんが死去 今年10月に脳腫瘍を公表 ORICON STYLE 2016年12月7日
  4. ^ SPIRAL LIFEの初期アルバムのSPECIAL THANKS欄には、しばしば「Lefty in the Right」の記述がなされている。
  5. ^ ライブビデオ 黒沢健一オフィシャルサイト 2016年10月19日
  6. ^ オリコンデイリー DVD音楽ランキング 2017年01月17日付 ORICON NEWS (Internet Archive)

外部リンク[編集]