未来のために

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
未来のために
DEENシングル
初出アルバム『SINGLES+1(#1)
Another Side Memories〜Precious Best〜(#2)』
B面 もう一度・・・
リリース
規格 8cmCD
ジャンル J-POP
レーベル B-Gram RECORDS
作詞・作曲 池森秀一(作詞・作曲)
宇津本直紀(作曲 #1)
プロデュース BMF
チャート最高順位
  • 1位オリコン
  • 1995年度年間66位(オリコン)
  • 登場回数13回(オリコン)
DEEN シングル 年表
Teenage dream
(1995年)
未来のために
(1995年)
LOVE FOREVER/少年
(1995年)
テンプレートを表示

未来のために」(みらいのために)は、DEENの7枚目のシングル1995年6月19日B-Gram RECORDSから発売された。

収録曲[編集]

(全作詞:池森秀一

  1. 未来のために 
    作曲:池森秀一宇津本直紀、編曲:古井弘人
    • 日本テレビ系全国ネット「'95劇空間プロ野球」イメージソング
    • 表題曲をDEENのメンバーが初めて作曲したシングル。オリコンチャート1位を獲得(彼らのシングルの中で「瞳そらさないで」以来2度目)。
    • 千葉ロッテマリーンズボビー・バレンタイン監督が95年に初来日した時にプロ野球中継のテーマ曲だったこの曲を聴いて大ファンになった。
    • 劇空間プロ野球のイメージソング候補としてこの曲を含む2曲が、当時の長島茂雄巨人軍監督に届けられ、2曲を聴きくらべた監督が「こっちにしましょう」と即決したという逸話がある。何故か、スポーツマンに好まれる楽曲である。
    • サビを池森が作曲、宇津本がA、Bメロを作曲。
    • ミュージックステーション』にて初めてテレビ出演を果たす。
  2. もう一度・・・ 
    作曲:池森秀一、編曲:池田大介
  3. 未来のために(Original Karaoke
  4. もう一度・・・(Original Karaoke)

収録アルバム[編集]

参加ミュージシャン[編集]

テレビ出演[編集]

  • 未来のために

下の番組に出演。それぞれ、ギターのアレンジがCD音源とは異なっており、ギターソロ前の2番までの歌唱で終わっている。

HEY!HEY!HEY!
ミュージックステーション
COUNT DOWN TV