H Jungle with t

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP > H Jungle with t
H Jungle with t
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
ジャングル
活動期間 1995年 - 1996年
2014年12月29日
レーベル avex trax
共同作業者 DJ KOO
マーク・パンサー
久保こーじ
メンバー 浜田雅功
小室哲哉

H Jungle with t(エイチ ジャングル ウィズ ティー)は、浜田雅功ダウンタウン)と小室哲哉による音楽ユニット。初期はTRFDJ KOOと後にglobeのメンバーとなるマーク・パンサー久保こーじが参加していた。

概要[編集]

フジテレビ音楽番組HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』の共演で浜田と小室が意気投合し、番組内で浜田が「僕にもヒット曲プロデュースして下さい」と話した事がきっかけで1995年に結成。浜田がプロデュースを望んだ理由としては篠原涼子 with t.komuroの「恋しさと せつなさと 心強さと」の大ヒットの影響も強いという。ユニット名は、浜田のイニシャルであるHと、スケベの意味であるH、そして小室が当時傾倒していたジャングルが掛けられている。本来ならglobeはこの時期にデビューさせる予定だったが、小室は浜田からこの依頼を受けた事によってH Jungle with tの楽曲作成を優先した。その結果、globeは同年8月デビューになったと、浜田は『ダウンタウンDX』(日本テレビ)で同じ小室ファミリーであるhitomiがゲスト出演した際に語っている。

ユニット結成記者会見で小室は「ミリオン(100万枚)はいくと思う」と発言。事実、A面バージョンは“2 Million Mix(200万枚ミックス)”とネーミングされており、そして予告通りデビューシングル『WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント』は200万枚を越えるヒットを記録した。同年のオリコン年間チャート2位を記録し(1位はDREAMS COME TRUEの『LOVE LOVE LOVE/嵐が来る』)、レンタルCDチャートでは1位を記録した。

この楽曲には浜田の相方である松本人志もゲスト参加したが、その実態はスタッフが松本のもとに録音機を持って行き「好きに喋ってください」というものだった。従って間奏に「B・U・S・A・I・K・U H・A・M・A・D・A」(ローマ字読みにすると「ブサイク浜田」となる)と叫ぶ部分と、ラスト部分には浜田との初めて会ったときのエピソードが好き勝手に喋られている。また、この松本のしゃべりは、『WOW WAR TONIGHT REMIXED』の中でリミックスされて完全収録された。

H Jungle with tのヒットにより、イギリスのサブカルチャー雑誌『i-D』に「世界で初めてジャングルで100万枚を売り上げたプロデューサー」として小室哲哉が特集された[1][2]

1995年には『第46回NHK紅白歌合戦』に出場。その際、本人にも知らせずに途中で「ゲイシャガールズ」の格好をした松本が乱入。浜田にもゲイシャガールズの扮装をさせるべく、カツラをかぶせ着物を着せようとした(『ごっつええ感じ』のコント「STYLIST」同様、浜田は着替えに対し無抵抗であった)が、舞台上には大人数がいたため上手くいかなかった(スタッフが松本の持っていたカバンの中にドーランを入れ忘れたというハプニングがあった)。その後、両軍の司会である上沼恵美子古舘伊知郎に呼び止められた松本は、浜田に着せ損なった着物を小室に着せて「(NHKなのに)コマーシャル」「(裏番組の)野球拳行かなあかんから呼びに来たんや」などとボケて見せた。

1996年の「FRIENDSHIP」リリース時、これまでの作品は発売前から大々的に取り上げてきた『HEY!HEY!HEY!』だったが、日テレドラマのため制作された楽曲のためか、番組内での事前発売の告知などもなく、トーク出演は普通のゲスト枠同様の扱いで短く紹介された。

その後、1997年に小室グループによる「YOU ARE THE ONE」に浜田雅功名義で参加するが、以降は沈黙し活動は行われていない。小室が吉本興業とマネージメント契約を結んだことを受け、[いつ?]『HEY!HEY!HEY!』内で「今後活動はないのか?」と松本が問いただしたことがある。「H Jungleは… 微妙」と小室は呟いており、再始動は難しそうである[3]

HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP』でライブを行った際、浜田がアクシデントで歌唱を中止したのに歌声が流れ、口パクが露呈したことがあり、後に「LOVE LOVEあいしてる」の特番で、“H Jungle with LOVE LOVE ALL STARS”ともいえるかたちで『WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント』を披露したが、浜田がその際「テレビで生歌を披露したのは紅白とこのときだけ」と告白した。

2014年12月29日放送の『HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMP 20周年大感謝祭』(フジテレビ)で、一夜限りの再結成(復活)して、デビュー曲「WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント」が約18年ぶりに披露された。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  1. WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント(1995年3月15日発売)
  2. GOING GOING HOME(1995年7月19日
  3. FRIENDSHIP(1996年4月24日):日本テレビ系ドラマ『竜馬におまかせ!』主題歌

アルバム[編集]

  1. WOW WAR TONIGHT REMIXED(1995年5月24日

映像作品[編集]

いずれもVHSのみで発売。

  1. H Jungle With t were born in 3.15,1995(1995年5月24日)
  2. GOING GOING HOME(1995年9月21日)

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1995年(平成7年)/第46回 WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント 11/25 DREAMS COME TRUE
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

脚注[編集]

  1. ^ 神山典士『小室哲哉 深層の美意識』講談社、1996年、235-237頁。ISBN 4-06-208076-1
  2. ^ Jungle Hits Japan Kodwo Eshun, i-D, September 1995 - 2017年4月5日閲覧。
  3. ^ 本来は「GOING GOING HOME」で活動終了する予定であったが(講談社刊『Views』1995年11月号より)、浜田が1995年の紅白に出た後「1996年も紅白に出る!」と小室にもらしたことや、浜田がドラマの主演をすることになったことがきっかけで、その主題歌として3曲目の『FRIENDSHIP』が作られた(エムオン・エンタテインメント刊「WHAT's IN?」1996年6月号より)。