清水信之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
清水 信之
しみず のぶゆき
出生名 清水 信之
生誕 (1959-12-14) 1959年12月14日(57歳)
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
ポピュラーミュージック
職業 キーボーディスト
作曲家
編曲家
担当楽器 キーボードギターベースドラムス
活動期間 1980年ギタリスト編曲家)-
共同作業者 EPO
平松愛理
大江千里

清水 信之(しみず のぶゆき、1959年12月14日 - )は、日本のキーボーディスト作曲家編曲家である。ギタリストでもあり、ベースドラムスなども演奏できる。元妻は歌手の平松愛理。パーカッショニスト・マック清水は実兄。

プロフィール[編集]

幼少・青年期[編集]

幼少時よりピアノを習う。なお、小学生の時にピアノを習っていた同級生が、後のギタリスト・鳥山雄司である。

東京都立松原高等学校に在学中、後輩のEPO佐橋佳幸らとバンド活動を行う傍ら、ミュージシャンの松岡直也に師事。清水がラテン系のアレンジに強い理由は、この頃の経験によるものだといわれている。

バンド・『紀ノ国屋バンド』、サポートミュージシャン時代[編集]

1976年

17歳の時に兄・マック清水や高崎昌子のいた「紀ノ国屋バンド」に加入、アルバム『SWEET SENSATION』でデビューするも解散。その後、当時の所属事務所「アワ・ハウス」(山下達郎大貫妙子らが在籍)の新人、竹内まりやのサポートに駆り出される。元愛奴で後のMASHにも参加したギタリスト・青山徹らとバック・バンドをつとめるほか、山岸潤史のバンドに参加する。また同時に、スタジオミュージシャンとしても活動。

編曲家デビュー[編集]

1980年

高校の後輩であるEPOのデビューアルバムにアレンジャーとして参加。デビュー曲『DOWN TOWN』(シュガー・ベイブのカバー)は林哲司と共同でアレンジだったが、アルバムの約半分のアレンジも手掛ける。 アルバム『コーナートップ』を発表。

1981年

松岡直也初のクロスオーバーロックバンド「MASH」に参加。

1982年

ほぼMASHのレコーディングメンバーによる2枚目のソロアルバム『ANYTHING GOES』をワーナーパイオニアからリリース。

1983年

EPOのシングル「う、ふ、ふ、ふ、」- EPOとのタッグは、彼女のVIRGIN UK移籍によって一旦絶たれるも、90年代に入ってから再び共演している。

1984年

大村憲司の後継として、大江千里のアレンジを担当。大江と清水の出会いとなったのは11月発売のシングル「十人十色」。

1985年

大江千里のアルバム『未成年』より、長きに渡るパートナーとなる。

1989年 - 1990年

大江千里の「redmonkey yellowfish」ツアーに、キーボード、ベーシストとして参加。

1992年

HIRA^O SAKIのシングル、コンピレーション・アルバム『My Best Friends』のアレンジを行う。

1994年

平松愛理と結婚して一児をもうける。

1995年

大江千里の「納涼千里天国」でキーボード、ベーシストとして参加したこともある。

2005年

8月、平松と離婚した。

2007年

牧野由依の「スケッチブックを持ったまま」に参加。これ以降、音楽プロデューサー・アレンジャー活動を行う。

2010年

8月、MASHのアルバム『ANYTHING GOES』が28年ぶりにCD復刻盤としてリリースされた。

2011年

中島愛の「神様のいたずら」(いずれも大江の作詞・作曲)で編曲も担当。

2015年

8月19日、アレンジャー歴35周年記念アルバム『LIFE IS A SONG』をリリース[1]

他アーティストに提供(編曲)した楽曲[編集]

映画・テレビ番組への提供作品 [編集]

ゲーム作品 [編集]

メディア出演[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “清水信之35周年の新曲MVで鈴木雅之、EPO、大貫妙子らが歌をつなぐ”. ナタリー (ナターシャ). (2015年7月31日). http://natalie.mu/music/news/155611 2015年7月31日閲覧。 
  2. ^ なお、広瀬香美とのデュエットヴァージョンのアレンジャーは鳥山雄司が担当。

関連項目[編集]