ジャクソン・ブラウン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Jackson Browne
ジャクソン・ブラウン
Daryl Hannah & Jackson Browne.jpg
第60回アカデミー賞授賞式でのジャクソン・ブラウン。左はダリル・ハンナ
基本情報
生誕 1948年10月9日(67歳)
出身地 ドイツの旗 ドイツハイデルベルク
ジャンル ロックフォーク
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ギターピアノ
活動期間 1960年代後半〜
共同作業者 イーグルス
公式サイト Jackson Browne公式サイト

ジャクソン・ブラウンJackson Browne, 1948年10月9日 - )は、ドイツハイデルベルク生まれ、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス育ちのミュージシャン

バイオグラフィー[編集]

1970年代まで[編集]

生まれはドイツハイデルベルクであるが、1951年に家族でロサンゼルスに移住している。父親はピアノ弾きをしていたため、家ではいつも音楽が流れているような環境だった。また、あまり知られていないが弟のセヴェリンも音楽活動をしている。ブラウンにピアノを教えたのも彼であり、ブラウンは彼のことを「僕の音楽のヒーロー」と呼んでいる。

1960年代後半から、イーグルスニッティ・グリティ・ダート・バンドなどに楽曲を提供しており、デビュー前からその名は広く知られていた。1972年アサイラム・レコードからアルバム『ジャクソン・ブラウン・ファースト』でメジャー・デビューを果たす。同アルバムに収録されている「ドクター・マイ・アイズ」は、全米シングル・チャート第8位のヒットとなった。

以後、1974年レイト・フォー・ザ・スカイ』が14位、1976年プリテンダー』が5位、1978年孤独なランナー』が3位と着実にチャート成績を伸ばし、1980年にリリースしたアルバム『ホールド・アウト』で初の全米チャート1位を獲得する。1970年代のブラウンの作品は、日々の生活の中で感じる苦悩や葛藤、心の痛みなどを歌っており、同世代の人々から高い支持を得た。作詞家としての評価も高く、ローリングストーン誌から「1970年代で最も完成された作詞家」と評された。

1980年代[編集]

1982年、映画『初体験/リッジモント・ハイ』のサウンドトラックに提供された「誰かが彼女を見つめてる」が全米7位となるヒットを記録(ブラウンのオリジナル・アルバムには未収録)。

1983年にはアルバム『愛の使者』をリリース。アルバム・タイトル曲でもある「愛の使者」は、当時のレーガン政権下で右傾化するアメリカを皮肉った内容であった。ブラウンは非常にリベラルな政治思想の持ち主で、民主党の熱心な支持者としても有名である。それ以降、1986年『ライヴズ・イン・ザ・バランス』、1989年『ワールド・イン・モーション』と徐々に政治的な内容を多く含む曲を発表するようになる。音楽的な評価は高かったものの、売上は70年代に比べると低下していく。

また、1979年スリーマイル島原子力発電所で起きた放射能漏れ事故に抗議するイベント「ノー・ニュークス」を企画したり、1985年には当時ブルース・スプリングスティーンEストリート・バンドに在籍したスティーヴ・ヴァン・ザントが、南アフリカ共和国人種隔離政策が続くことに抗議するために企画したチャリティ・シングル「サン・シティ」およびアルバム『サン・シティ』に参加している。日本では、1986年に行われたチャリティ・コンサート「ジャパン・エイド」に参加した。レコード制作を通して社会的な発言を行うだけではなく、実際に様々な行動を起こして積極的に活動している。

1990年代[編集]

1990年代に入ってからは1993年『アイム・アライブ』、1996年『ルッキング・イースト』で内省的な曲作りに回帰している。また、80年代半ば頃からアルバム制作のインターバルが長くなっており、あまり多くの作品を発表していない。90年代以降はスタジオワークよりもコンサート・ツアーに比重が置かれている。曲作りのスタイルも、バンド・メンバーと共にセッションをしながら練り上げていくような形へと変化していく。また、チャリティー・イベントへの参加や、様々なアーティストとのジョイント・コンサートなども積極的に行っている。

1997年には初のベスト・アルバム『ベスト・オブ・ジャクソン・ブラウン』を発表、新曲も収録されている。

2000年代[編集]

2002年、6年振りとなるオリジナル・アルバム『ネイキッド・ライド・ホーム』を発表。2004年には、親友のブルース・スプリングスティーンのプレゼンターによりロックの殿堂入りを果たしている。

2005年にはソロ・アコースティック・ツアーの模様を収録したライブ盤『ソロ・アコースティック第一集』、2008年には『第二集』を発売している。そして、同じく2008年には6年振りのスタジオ作品『時の征者』を発表し、来日公演も行っている。

また、2004年2008年のアメリカ大統領選では、それぞれ民主党のジョン・ケリーバラク・オバマへの支持を呼び掛けている。2008年の大統領選で共和党ジョン・マケイン候補が「孤独なランナー」を無断で選挙CMで使用したとして、マケイン陣営を提訴した(その後、マケイン陣営が謝罪し和解)。

2010年には、シェリル・クロウとのジョイント・コンサートという形で来日している。前半がブラウン、後半がクロウ、最後に2人で競演という流れだった。

2011年には、東日本大震災による福島第一原子力発電所事故を受け、「M.U.S.E.」として32年振りとなる反原発コンサートを開催。クロスビー、スティルス&ナッシュボニー・レイットドゥービー・ブラザーズジョン・ホール喜多郎らが参加した。

人物像・交友関係[編集]

アルバム・ディスコグラフィ[編集]

※順位はすべてビルボード200による最高順位

関連項目[編集]

関連書籍[編集]

  • 『ジャクソン・ブラウン・ストーリー』 (著)リッチ・ワイズマン (訳)室矢 憲治 CBSソニー出版 1983年 ISBN 4789700976
  • 『アサイラム・レコードとその時代 音楽出版社』 2006年 ISBN 4-86171-015-4
  • 『ジャクソン・ブラウン―ヒズ・ライフ・アンド・ミュージック』 (著)マーク・ビーゴ (訳)水木 まり 蒼氷社 2007年 ISBN 4434111698

外部リンク[編集]