あなた (小坂明子の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
あなた
小坂明子シングル
収録アルバム あなた / 小坂明子の世界
B面 青春の愛
リリース
規格 7インチシングル盤
ジャンル フォークソング
時間
レーベル elektra
作詞・作曲 小坂明子
ゴールド等認定
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1974年度年間2位(オリコン)
小坂明子 シングル 年表
あなた
(1973年)
もう一度
(1974年)
テンプレートを表示

あなた」は、小坂明子デビューシングル1973年12月21日発売。発売元はワーナー・パイオニア

解説[編集]

小坂は16歳にして1973年の第6回ヤマハポピュラーソングコンテストに出場し、ピアノを弾きながらこの曲を歌唱してグランプリを獲得した。同年11月の第4回世界歌謡祭にて最優秀賞・グランプリを受賞する。同年年末にレコードリリースされ、オリコン集計で約160万枚、発売元のワーナーによる発表では200万枚を超える売り上げを記録した。1968年から調査の始まったオリコンによれば、12曲目にして、初の女性作曲家によるミリオンセラーシングルである。

本作は合歓の郷に来る新婚カップルに「お祝い」として配るためのソノシート用のレコーディングであった[1]

また、本作は世界歌謡祭版とレコード版とでは編曲が異なる。編曲はいづれも宮川泰によるものだが、最初のイントロを聴いた小坂が「これは私の作曲のイメージとは違います。もっとスタンダードジャズのようにおごそかな静かなイメージで世界歌謡祭はアレンジを変えて下さい」と依頼したとのことである[1]。世界歌謡祭にて披露された演奏は録音され、2003年3月26日発売の「ポプコン・スーパー・セレクション 小坂明子ベスト」にてCD化され、そちらで聴くことができる。
因みに世界歌謡祭版ISRCはJPT200390005、レコード版ISRCはJPWP07300720である[2]

小坂本人の話によれば、この曲の詞は高校2年生の時、学校で授業中にノートの片隅に20分ほどで書き、家で曲を付けたものだったという。詞は当時のボーイフレンドとの会話がヒントになっていたが、小坂が元々ガロのファンで、「歌ってくれたら、逢えるかも知れない」と思い、ガロに歌ってもらいたくて作曲(最初はポプコンの作詞・作曲部門に「歌手 ガロ希望」と書いて応募した)、最初から3部合唱の予定の曲で、ポプコンにも3人でエントリーしたが、本戦出場前になって他の2人が出場出来なくなったために急遽、小坂がソロで歌ったというものだった[3][4]

デビュー曲にして、発売から1ヵ月後にはオリコンシングルチャートで7週にわたり1位を獲得。1974年の『第25回NHK紅白歌合戦』に出場、父・小坂務と親子共演した(小坂務は指揮[5]。オリコン集計で、女性ソロ売上としては当時1位である(現在は安室奈美恵が保有)。2007年現在でもオリコンの歴代シングルチャートで51位、女性シンガーソングライターのシングルとしては6位の売上である。しかし小坂は次作以降目立ったヒットを出しておらず、また本人が子育て中に声帯を傷めて以前のような声が出なくなったこともあり、現在は実質的に作曲家に転向しており、「一発屋」と見られてしまうこともある[6]

本作を披露している、2016年現在視聴可能な映像は前述の1973年世界歌謡祭のものか、1974年『第25回NHK紅白歌合戦』のものであるが、過去に再放送されたVTRとしてはTVKテレビで1973年12月〜1974年2月頃に収録されたピアノ弾き語りによる映像が現存している[7]

1974年春、日本公演中のアメリカのジャズ・フルート奏者、ハービー・マンがこの曲に注目、小坂本人をゲストに迎えて東京で録音し[8]、同年8月にワーナーからシングルで発売された(『ハービー・マン 歌・小坂明子』名義)。ハービーの1976年のアルバム『Surprises』にも収録されている。

岩崎宏美が歌手デビューのきっかけとなったオーディション番組『スター誕生!』(日本テレビ)のテレビ予選と決戦大会で歌唱している[9]

2011年に、この曲のピアノインストゥルメントマイランドテレビCMで使われている。

収録曲[編集]

全作曲:小坂明子

  1. あなた(4分29秒)
    作詞:小坂明子、編曲:宮川泰
  2. 青春の愛(3分29秒)
    作詞:小坂長生、編曲:小坂務

カバーしたアーティスト[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b ポプコン・スーパー・セレクション 小坂明子ベスト2003年3月26日発売 CD:品番KICS 2142より。文章:小坂明子
  2. ^ 音楽の森 music Forest データベース検索より
  3. ^ Vol.13 小坂明子インタビュー”. Musicshelf (2007年11月28日). 2016年11月3日閲覧。
  4. ^ 小坂明子『あなた』大ヒット後の葛藤と転身支えた伴侶”. 女性自身 (2014年7月18日). 2016年11月3日閲覧。
  5. ^ 親子共演は、紅白史上初であった。
  6. ^ オフサイド・ブックス5『歌謡界「一発屋」伝説』(彩流社、宝泉薫・編著)p.15 - 18 などにも掲載。
  7. ^ 日本テレビ系列「速報!歌の大辞テン」にて1番部分が再放送された。
  8. ^ ハービー・マン『サプライズ』日本盤CD (WPCR-27964)ライナーノーツ(岡崎正通)
  9. ^ 【岩崎宏美】コロッケの物まねで名曲一時封印「面白がって観てました」 (3/3ページ)”. 夕刊フジ (2015年7月22日). 2016年11月3日閲覧。
  10. ^ ヂェームス槇「倉橋ヨエコが語る、廃業宣言の真意」、『Quick Japan』第78巻、2008年6月22日、 222-223頁。