課長サンの厄年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

課長サンの厄年』(かちょうさんのやくどし)はTBS系列で1993年7月4日10月3日東芝日曜劇場枠で放送されたかんべむさし原作のテレビドラマ。1994年4月には単発の2時間SPが制作、放映された。

ただし、原作は、主人公が「厄年の危機」への対処の方法を延々と自身でブレインストーミングして自己改造を図る特異な内容であり、ドラマ版とは、まったくストーリーが異なる。

キャスト[編集]

  42歳。京大卒。厄年を迎える販売二課長。大阪本社より転勤。

  喬の妻。徳島県出身。 

  45歳。駒形商業高校卒。苦労人の二課長補佐。最終話で退職し、嫁の実家の養鶏業へ転職。 

  22歳。イラストが得意で競馬が趣味。二課の紅一点。通称「さっちゃん」。最終話で早川と結婚。 

  27歳。日大卒。アメフト部出身の体育会系。喬の部下。最終話で幸江と結婚。 

  28歳。慶大卒。ゴルフ部出身でパソコンに強い取引先社長の御曹司。喬の部下。 

  庶務課。競馬好き。在社14年のベテラン。川島に競馬を教えたのもこの人。     

  旧・営業二部長。大阪本社の社長室長に栄転。

  • 寺田正:山田哲平

  喬の息子。中学一年生でバスケ部。 

  喬の娘。小学六年生。 

  喬の友人。 

  喬の姉。地元の帽子店へ嫁いでいる。

  営業二部長。木村の後任で北陸支社より着任。野口の転出に伴い一部長へ。 

  本州紡の役員。

  新進気鋭のファッションデザイナー。

  「杉の葉」ママ。最終話で閉店。 

  48歳。京大卒。東京本社・営業一部長。喬を呼び寄せた先輩。後に子会社の「本州紡インテリア」へ転出。 

  喬の父。元国鉄マン。長野県松本市在住。 

  喬の母。

主題歌[編集]

  • さらば青春の光布袋寅泰
    この曲の依頼があった時、布袋は充電期間のためロンドンに行くので断るつもりだったが、ファンだったショーケン主演という事で急きょ引き受ける。「傷だらけの天使」のテーマ曲をイメージしたそうで、イントロのフレーズに表れている。

スタッフ[編集]

TBS 東芝日曜劇場
前番組 番組名 次番組
課長サンの厄年