ノーサイド・ゲーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ノーサイド・ゲーム
No Side Game
著者 池井戸潤
発行日 2019年6月11日
発行元 ダイヤモンド社
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
形態 四六並製
ページ数 406
公式サイト www.diamond.co.jp
コード ISBN 978-4-478-10837-6
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ノーサイド・ゲーム』は、池井戸潤小説2019年6月11日ダイヤモンド社から単行本が刊行された。

2019年7月期にTBS系でテレビドラマ化された[1]

あらすじ[編集]

トキワ自動車経営戦略室次長の君嶋隼人は、滝川桂一郎が出したカザマ商事買収案件に反対する意見書で、滝川と対峙していた。この案件は、結局取締役会で見送られたが、それからおよそ3か月後、君嶋は横浜工場総務部長に左遷させられる。

横浜工場総務部長は、トキワ自動車のラグビー部・アストロズのゼネラルマネージャー兼務と決まっていて、君嶋はラグビーについてまったくの素人ながら、着任早々監督選びに悪戦苦闘することになる。アナリストの佐倉多英やキャプテンの岸和田徹の助言を受けながら、新監督は柴門琢磨に決まる。新生アストロズが始動し快進撃を続け、柴門が監督に就任して1年目のアストロズは3位の成績に終わる。

そして、君嶋は元上司・脇坂賢治から、見送られたはずのカザマ商事買収案件が復活したことを聞く。その後、脇坂は君嶋に経営戦略室に戻るように伝えたが、君嶋は横浜工場の総務部長として、またアストロズのゼネラルマネージャーとしてやり残したことがあると伝える。

滝川は取締役会でカザマ商事買収を提案しまとまりかけようとしたところ、脇坂にカザマ商事に関する経営情報報告で不備な点を指摘されたことで白紙となる。これをきっかけに滝川は社内での信用を失い関連会社の社長に転出し、脇坂は立場が入れ替わる形で常務取締役に昇進する。

脇坂が常務取締役に就任してからは、アストロズの強化費削減をしアストロズを廃部に持ち込もうとして、アストロズは苦境に立たされる。そして、脇坂はアストロズの強化費削減案を取締役会に提案したが、君嶋がアストロズの存在証明と日本蹴球協会に戦いを挑んでいることの説明に、社長の島本が同意したことで提案は退けられる。そのあとに君嶋からの「コンプライアンス問題に関する報告」をしたことで脇坂は常務取締役の役職を解くことになる。同時に日本蹴球協会の定例会議で専務理事の木戸は「プラチナリーグ改革案」と会長の富永の解任を提案し、理事たちの賛同を得たことでプラチナリーグは変化しようとし始める。

柴門が監督に就任して2年目のアストロズは念願かなって優勝し、その4か月後に君嶋は経営戦略室長のポストに異動し、アストロズ部長職を兼務することになる。

登場人物[編集]

トキワ自動車[編集]

君嶋隼人(きみしま はやと)
経営戦略室次長→横浜工場総務部長、アストロズGM兼務→経営戦略室長、アストロズ部長兼務。城南大学卒。
富山出身で役場員の父と近くの工場で働く母との間に生まれた長男。弟と妹がひとりずついる。家族は妻と息子ふたりの4人。
ラグビーの経験はないが、経営戦略のプロとして、収益性の向上とラグビーを活性化させるために地域密着型のチーム作りを志向。年俸の高さに見合うだけのチームプレーができていなかった外国人選手との契約解除を皮切りに、チーム運営費の削減と、日本人選手同士によるチーム内競争の活性化を図った。また、アストロズのファンクラブや下部組織(ジュニア・アストロズ)を創設するとともに、選手たちのボランティア活動を奨励。アストロズの認知度・集客力の向上と、入場料収入の大幅な増加につなげた。
大学の同級生で城南大学ラグビー部を3連覇に導いた柴門を監督に招聘するが、練習環境の改善が選手から強く求められていたことに加えて、柴門からの厳しい要求に直面したことで運営費増額の必要性を痛感。アストロズの元・副部長で、経費の抑制を目論む滝川常務との間で板挟みになる。そこで、「アストロズだけの努力では限界がある」として、アストロズが加盟する日本蹴球協会にも運営面での改革を提案。当初は協会の幹部から一蹴されたものの、近年下位に甘んじていたアストロズを立て直したことで、サイクロンズを除く他チームのGMから徐々に一目置かれるようになる。
アストロズGMへの就任2年後に、アストロズがプラチナリーグを優勝。その4か月後に経営戦略室長へ異動したが、部長としてアストロズの運営に引き続き携わるとともに、日本蹴球協会理事就任のオファーを受ける。
島本博(しまもと ひろし)
社長。トキワ自動車の創業家出身。 高齢のため、滝川から社長職の勇退を迫られていた。
ラグビーが好きで、社会人ラグビーの最上位リーグであるプラチナリーグ創設にも賛同。GMに就く君嶋を激励しながら、アストロズの練習や試合へたびたび足を運んでいる。
滝川桂一郎(たきがわ けいいちろう)
常務取締役営業本部長→関連会社社長。
明成学園大学卒。脇坂と同期入社で、オイル専門商社・カザマ商事の風間社長とは大学の同級生に当たる。人前では感情をほとんど表に出さず、トキワ自動車の企業価値の向上に直結しない経費や活動を徹底的に排除する姿勢を打ち出している。
実父はラグビー経験者で、自身も少年時代に父と一緒に高校ラグビーを観戦した影響で、一時ラグビー選手を目指していた。もっとも、高校時代は勉学に忙しく、大学時代には実父が経営していた家業が傾いたため、ラグビー部に入らなかった。
大学時代に風間から境遇の差を思い知らされたことを根に持っていて、常務へ就任してからは、カザマ商事を買収する計画を進めていた。買収後は風間に代わって社長に就くことを目論んでいたが、取締役会での経営情報報告で脇坂に不備な点を指摘されたため、島本の判断で計画は白紙に戻った。カザマ商事が不祥事(自社製のバンカーオイルを使用した白水汽船のタンカー座礁事故)の原因の隠蔽を企てていたことも君嶋からの資料で判明したため、社内での信用を失ったばかりか、関連会社の社長へ転出する。
常務へ就任する前(広報部長時代)にアストロズの副部長を兼務していたため、常務時代には、アストロズの問題点を経営面から理路整然と指摘。君嶋とことごとく対立していた。カザマ商事の買収計画でも、君嶋から再三にわたって異を唱えられていたが、君島の力量については「経営戦略室に必要」として高く評価。常務職からの転出が脇坂の策略によることを転出後に察知してからは、君嶋に対して、アストロズの廃部を画策する脇坂と戦うことを勧める。
脇坂賢治(わきさか けんじ)
経営戦略室長→常務取締役兼広報・経理・総務総責任者。
君嶋が経営戦略室に所属していた時期の上司。同期入社の滝川が「次期社長候補」と目されるほど社内で実権を強めていることへの危機感が強く、君嶋と滝川の対立をなだめつつも、滝川の追い落としを画策していた。
明成学園大学附属高校から神奈川国立大学卒。風間とは、高校での同級生に当たる。
カザマ商事の買収によってトキワ自動車が大きな損失を被る危機を取締役会で防いだことを機に、滝川と立場が入れ替わる格好で常務取締役に昇進する。
経営戦略室長時代には、君嶋の前でアストロズを支援することを装っていた。しかし、内心では滝川以上にアストロズの存在価値を低く見積もっていたため、常務取締役への就任を機に態度を豹変。アストロズを廃部に追い込むべく、強化費の削減を取締役会で提案した。提案では日本蹴球協会の体質も槍玉に挙げていたが、GMとして同席していた君嶋がアストロズの存在と日本蹴球協会への戦いの成果を証明したため、島本から提案を退けられる。さらに、君嶋からの「コンプライアンス問題に関する報告」によって、バンカーオイルの隠蔽工作と価格引き下げによる再売却の提案を風間に持ちかけたことが判明。風間から提出された資料も決め手になって、常務取締役の役職を解かれる。
藤島レナ(ふじしま レナ)
海外事業部員で七尾の教育担当。
アストロズの熱狂的ファンであり、選手では浜畑ファン。
中本理彩(なかもと りさ)
経理部員。
レナと同じラグビー好き。選手では友部をひいきにしている。
星野信輝(ほしの のぶてる)
研究所研究員。横浜工科大学卒。アストロズ選手の岸和田と同期入社。
白水商船のタンカー座礁事故を起こした原因が、船舶エンジンに使われるバンカーオイルによるもので、そのバンカーオイルが買収を予定しているカザマ商事の製品であることを君嶋と岸和田に伝える。
新堂智也(しんどう ともや)
横浜工場長、アストロズ部長兼務。ずんぐりした体型の50代半ばの男性。
カザマ商事の子会社・横浜マリンカントリーが計画しているゴルフ場建設への反対運動が、トキワ自動車によるカザマ商事への買収計画の浮上を機に、横浜工場の正門前でも展開されていることに手を焼いていた。そこで、本社から工場へ異動してきたばかりの君嶋に対応を一任する。
吉原欣二(よしはら きんじ)
横浜工場総務部長、アストロズGM兼務→子会社に出向。
柴門琢磨(さいもん たくま)
城南大学ラグビー部監督→アストロズ監督。城南大学ラグビー部OB。選手時代のポジションはナンバーエイト
大学ラグビー界のスター選手で、君嶋とは大学時代に同じ学年で同じクラスに籍を置いていたが、接点はほとんどなかった。もっとも、君嶋が当時想いを寄せていたクラスメイトのカオリと交際(後に結婚)したことで、君嶋には悪い印象が残っていた。
城南大学ラグビー部の監督として3連覇を成し遂げていたにもかかわらず、サイクロンズ監督の津田などが牛耳るOB会の反発によって監督職を更迭された。その直後に、君嶋からアストロズ監督への就任を打診。君嶋とは大学生時代以来の再会であったが、社会人のラグビーチームを指導した経験がないことなどから、いったん打診を固辞する。君嶋が手紙を通じて謝罪と熱意を伝えたことをきっかけに、アストロズの選手ごとに分析点を記した手紙を送ったうえで、選手全員の同意を条件に監督へ就任する意向を伝える。後に、同意を得られたことから、アストロズの監督へ正式に就任。
アストロズからは、城南大学ラグビー部の監督在任中(2年前)にも、当時副部長だった滝川から監督への就任を打診されていた。本人も乗り気だったが、トキワ自動車社内での意思疎通が十分でなかったことから固辞していた。
指導者としては、緻密な分析と厳しい練習を組み合わせながら、攻撃的なスタイルのラグビーを志向。城南大学の監督時代には、そのスタイルが津田の逆鱗に触れていた。
佐倉多英(さくら たえ)
アストロズアナリスト、横浜工場総務部員→横浜工場総務部係長、イベント企画担当兼務。
実父はトキワ自動車の元・社員で、ラグビー部の選手としてチームの黄金期に活躍した。多英の大学時代に亡くなったことから、親子2代でラグビー部へ携わることを目指して入社。
岸和田徹(きしわだ てつ)
アストロズキャプテン、横浜工場総務部員。ポジションはナンバーエイト。
アストロズのことを真剣に考えながら、周囲の状況を冷静に見ている。自身の活躍よりチームとしての勝利を優先させるスタンスで、君嶋や柴門からの信頼も厚い。
浜畑譲(はまはた じょう)
アストロズ選手→アストロズGM。選手時代のポジションはスタンドオフ
2年前まで日本代表に選出されていたチームの看板選手。ラグビー未経験者ながらGMへ就任した君嶋を、最初は軽蔑していた。しかし、君嶋がアストロズの存続と強化に本腰を入れていることを知るにつれて、君嶋に敬意を表するようになる。
君嶋のGM就任2年目に、サイクロンズGMの鍵原から、水面下で移籍のオファーを受けたが固辞。満身創痍の状態でアストロズをプラチナリーグ優勝へ導いたことを花道に、君嶋からアストロズのGM職を引き継ぐ。
七尾圭太(ななお けいた)
海外事業部員→アストロズ選手。ポジションはスタンドオフ。
小学6年生の直前に日本からニュージーランドへ移住したことをきっかけにラグビーを始めると、抜群のプレーセンスを発揮した。プロの選手を目指していたが、大学2年生の試合中に、ラックでのプレーで膝の十字靱帯を痛めたため断念。「ラグビーだけでは生活できない」と悟ったため、大学からの卒業を機に日本へ戻ると、ラグビーとは無縁の企業で安定した人生を送ろうとしていた。
第二新卒向けの一般職枠でトキワ自動車の入社試験を受けていた横浜工場で、ニュージーランド時代の活躍を知る柴門と遭遇。その際に柴門から紹介された君嶋から直々に説得を受けたことで、ラグビー経験者向けの特別採用枠がないにもかかわらず、アストロズへの入部を前提にトキワ自動車への入社を決意する。
アストロズへの仮入部中に紅白戦の控え組で活躍したことから、アストロズへの正式入部と同時に横浜工場に異動。前述した膝の痛みを抱えながらも、入部2年目のプラチナリーグ開幕戦では、同じポジションの浜畑からスタメンの座を奪った。レギュラーとしてプレーを続けるうちに、怪我の原因になったラックへの恐怖心が徐々に露呈するが、満身創痍でありながら引退覚悟でチームプレーへ徹する浜畑の姿勢に触発されたことを機に克服。
里村亮太(さとむら りょうた)
アストロズ選手、横浜工場品質管理課員→日本モータース・サイクロンズ選手。ポジションはスクラムハーフ
アストロズでは浜畑と並んで、チームの看板選手として扱われていた。その一方で、過去に日本代表を経験していることや、極度の負けず嫌いであることから、チームの状況に不満を感じていた。
君嶋のGM就任2年目に、浜畑の獲得に失敗したサイクロンズGMの鍵原から移籍のオファーを受けたことがきっかけで、アストロズを離れることを決意。アストロズ以上にラグビーに打ち込める環境が整っていることや、日本代表時代のチームメイトが何人も揃っていることを理由に、サイクロンズへ移籍した。シーズン中のライバルチームへの移籍であったため、君嶋は移籍承諾書の発行を見送ることによって、「移籍しても1年間は公式戦に出られない」というプラチナリーグの規定が里村に適用されることを画策していた。しかし、里村の念願である日本代表復帰が遠のくことを危惧したアストロズの選手たちの総意に押される格好で、結局は移籍承諾書とともに里村を送り出す。
佐々一(ささ はじめ)
アストロズ選手、ジュニア・アストロズのコーチ。ポジションはスクラムハーフ。練習や戦術の分析では、佐倉のサポート役も担う。
優しい性格の持ち主だが、不器用で気が弱いことが災いして、柴門が監督へ就任した直後までは里村の控えに甘んじていた。一時は君嶋へ退部届を提出するほどにまで自信を失っていたが、柴門の勧めでパスの精度を磨いたことによってレギュラーへ定着。アストロズの躍進に大きく貢献する。ちなみに、里村がサイクロンズへの移籍を決めたのは、佐々と入れ替わる格好で控えに回る可能性が出てきたことにもよる。
友部祐規(ともべ ゆうき)
アストロズ選手。ポジションはプロップ
ジャッカルが得意で、野心的なプレーが持ち味。
岬洋(みさき ひろし)
アストロズ選手。ポジションはフルバック
本波寛人(もとなみ ひろと)
アストロズ選手。バックスのリーダー格で、君嶋のGM就任時点ではベテランの域に達していた。
君嶋のGM初年度にアストロズを優勝へ導けなかったことへ責任を感じながらも、体力の限界を理由に現役を引退。君嶋のGM2年目からは、アストロズのコーチとして選手の育成に携わる。

その他[編集]

津田三郎(つだ さぶろう)
日本モータース・サイクロンズ監督で、城南大学ラグビー部OB会の会長。「日本ラグビー界の重鎮」に数えられている指導者で、伝統を重んじながら、チームが勝つためにさまざまな改革を断行している。
柴門を心の底から嫌っていて、伝統を踏みにじったことを理由に、城南大学ラグビー部の監督職から更迭させた。アストロズが柴門の監督就任を境にライバルとして台頭してきたことから、アストロズの弱体化を図るべく、チームの精神的支柱でもある浜畑の引き抜きを画策する。
鍵原誠(かぎはら まこと)
日本モータース・サイクロンズGM。城南大学ラグビー部OB。選手としては大成しなかったが、ラグビー業界の情報に詳しく、GMとしても一流の実績を誇る。それだけに、ラグビーの門外漢ながら日本蹴球協会の改革を仕掛ける君嶋と、彼の下で急速に力を伸ばしているアストロズを疎ましく思っている。
津田からは全幅の信頼を置かれていて、浜畑に水面下で移籍を打診。浜畑から断られると、次善の策として里村を引き抜いた。
富野賢作(とみの けんさく)
日本モータース・サイクロンズ選手。ポジションはスタンドオフ。
前田利晴(まえだ としはる)
前トキワ自動車・アストロズ監督。
監督としての契約を更新するつもりだったが、成績低迷と胃がんの罹患によって辞任した。
竹原正光(たけはら まさみつ)
高本遥(たかもと はるか)
上記2名は、前GMの吉原が選んだアストロズの次期監督候補。
羽衣親方(はごろもおやかた)
錦糸町駅が最寄りの大相撲羽衣部屋の親方。柴門の依頼で、3日間にわたってアストロズの選手全員の入門を実現させる。君嶋は当初稽古に同行しただけであったが、親方や選手たちの強い勧めで、結局は関取衆相手のぶつかり稽古を体験させられる。
片桐努(かたぎり つとむ)
日本蹴球協会のプラチナリーグ担当部長。
富永重信(とみなが しげのぶ)
日本蹴球協会会長。日本教育大学ラグビー部出身。
伝統とアマチュアリズムを建前に、イエスマンを協会の内部に数多く抱えながら、自身の意向に反する提案をことごとく排除することで権威を誇ってきた。しかし、君嶋などが専務理事の木戸を通じて提出したプラチナリーグの改革案が定例会議で可決されたことによって、様相が一変。木戸が提出した会長の解任案も可決されたため、会長職を解かれた。
木戸祥助(きど しょうすけ)
日本蹴球協会専務理事。
プラチナリーグ改革の必要性を承知していながら、富永の前ではイエスマンを装わずにいられなかった。君嶋が単独で相次いで持ち掛けた改革案も、アマチュアリズム遵守の建前から、表向きには受け入れない姿勢を示していた。しかし、内心では改革の方向性に賛同していた。
君嶋と(サイクロンズを除く)他のリーグ加盟チームのGMが連名で改革案を提出したことをきっかけに、富永が出席する定例会議で本格的に審議。富永の会長解任も提案したところ、いずれも同席した理事たちの賛同を得た。アストロズ強化費の削減をめぐるトキワ自動車の取締役会で、日本蹴球協会の改革に向けた動きを君嶋が証明できたのは、同じ時間帯に開かれていた定例会議の結果を富永が君嶋へ知らせたことによる。
風間有也(かざま ゆうや)
カザマ商事の第3代社長で、実父も同社の社長を務めていたことを背景に、明成学園小学校から明成学園大学までエスカレーター方式で卒業。脇坂とは高校、滝川とは大学の同級生に当たる。
大学からの卒業後は、財閥系の商社を経て、実父が社長を務めていたカザマ商事に27歳で入社。35歳で取締役を務めたが、実父の急逝によって、40歳にして社長に就任する。
カザマ商事をトキワ自動車へ売却できた暁には、社長を滝川に譲って隠居することを考えていた。
森下章市(もりした しょういち)
横浜工科大学教授で、星野の大学院生時代の指導教官。横浜マリンカントリーのゴルフ場建設予定地に、亡き妻と縁の深い銀杏の木が1本立っていることから、建設反対運動の旗振り役を務めていた。
白水商船のタンカー座礁事故をめぐって、星野が在籍するトキワ自動車の研究所と共同で、カザマ商事製のバンカーオイルを検証していた。やがて、依頼元のカザマ商事から、検証データの偽装と引き換えに3億円を受領。さらに、ゴルフ場の建設後も銀杏の木を残すことを約束されたため、建設反対運動から退くことを決めた。
娘は重い心臓病を患っていて、入院先の病院でアストロズがボランティア活動を始めたことを機に、七尾から英語を学んでいる。森下が3億円を受け取ったのは、アメリカで娘に心臓の移植手術を受けさせるためでもあった。
苗場章雄(なえば あきお)
横浜マリンカントリーの環境破壊を訴える会代表。同会の抗議に君嶋が耳を傾けたことがきっかけで、君嶋と交流するようになった。森下がゴルフ場建設反対運動から退いたことを君嶋に打ち明けたことがきっかけで、君嶋は森下の身辺を調査。森下が反対運動から遠ざかるようになった理由を突き止める。
青野宏(あおの ひろし)
横浜マリンカントリーの責任者で、カザマ商事社長室長代理兼務→トキワ自動車子会社の製造管理担当。
カザマ商事によるバンカーオイル検証データの偽装をめぐって、風間から森下に3億円を渡すよう依頼。その際に森下から、署名捺印入りの受領証を受け取っていた。
帝都大学ラグビー部OBで、元々はサイクロンズのファンだった。しかし、社業での不手際をめぐって佐々が謝罪に訪れた際の真摯な姿勢に感銘を受けたことから、アストロズも応援するようになる。さらに、ゴルフ場建設反対運動への対応をめぐって相談を持ち掛けられたことをきっかけに、君嶋と意気投合。アストロズのレギュラーを決める部内マッチへ招待された際に、カザマ商事による偽装工作の真相を明らかにすることを君嶋から勧められたため、森下の受領証の原本を君嶋に渡した。この原本を君嶋がトキワ自動車の取締役会で示したことが決め手になって、滝川によるカザマ商事の買収計画は白紙に戻された。
「多むら」の女将
かつてアストロズの栄養士だった縁で、店をアストロズの飲み会に快く貸し出すとともに、アストロズの選手を折に触れて𠮟咤している。
峰岸飛呂彦(みねぎし ひろひこ)
東京キャピタル社長。
カザマ商事買収にあたり、トキワ自動車側の代理人を受ける。脇坂が風間にバンカーオイルの隠蔽工作と価格引き下げによる再売却を提案したことを、君嶋に知らせる。

テレビドラマ[編集]

ノーサイド・ゲーム
NO SIDE GAME
ジャンル 連続ドラマ
原作 池井戸潤
『ノーサイド・ゲーム』
脚本 丑尾健太郎
演出 福澤克雄
田中健太
平野俊一
出演者 大泉洋
松たか子
高橋光臣
眞栄田郷敦
笹本玲奈
濱津隆之
西郷輝彦
尾藤イサオ
橋幸夫
大谷亮平
渡辺裕之
中村芝翫
上川隆也
音楽 服部隆之
オープニング 服部隆之「ノーサイド・ゲーム -Main Theme-」
エンディング 米津玄師馬と鹿
時代設定 2017年 - 2019年
製作
プロデューサー 伊與田英徳
制作 TBSテレビ
放送
映像形式 文字多重放送
番組連動データ放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2019年7月7日 - 9月15日
放送時間 日曜 21:00 - 21:54
放送枠 日曜劇場
放送分 54分
回数 10
公式サイト

特記事項:
初回は25分拡大(21:00 - 22:19)。
第2話は15分拡大(21:00 - 22:09)。
最終話は20分拡大(21:00 - 22:14)。
7月21日は、同日投開票が行われる第25回参議院議員通常選挙に関するJNN報道特別番組Nスタ×NEWS23 選挙スペシャル』(19:57 - 翌2:00[2])を放送のため、休止[3]
テンプレートを表示

2019年7月7日から9月15日まで毎週日曜21時 - 21時54分に、TBS系「日曜劇場」で放送された。主演は大泉洋[1]

日曜劇場での池井戸原作作品は『半沢直樹』(2013年)、『ルーズヴェルト・ゲーム』(2014年)、『下町ロケット』(2015年版)、『陸王』(2017年)、『下町ロケット』(2018年版)に次いで6作目で、前5作と共通したスタッフで制作された[1]

東京都府中市が市民らからエキストラを募集するなどドラマを盛り上げる取り組みを進めており、同市を本拠地とするジャパンラグビートップリーグ東芝ブレイブルーパスのラグビーグラウンドが、アストロズの練習場に選ばれたほか、府中駅周辺で、市民に親しまれているケヤキ並木も撮影で使用され、各場面で登場する[4]。また、プラチナリーグの試合会場となるトキワスタジアムとして、熊谷ラグビー場がロケ地に使われている[5]。「アストロズ」のメンバーを演じる役者は友部役のコージ(アメリカンフットボール経験者)を除き、全員ラグビー経験者で構成されている[6]。また、放映時期が日本で開催されたラグビーワールドカップ2019の開幕直前(最終回放送の5日後の9月20日に開幕)だったこともあり、本作が同大会を盛り上げるのに寄与したとの言及もある[7]

2020年4月26日 - 5月24日の20時 - 21時54分(5月17日のみ21時 - 22時48分)に、新型コロナの影響で7月19日に延期となった『半沢直樹2』、7月5日に延期となった『半沢直樹特別総集編』となったので、未公開シーンや大泉のナレーションを加えて再構成した「特別編」が放送された[8][9]。最終夜では、挿入歌として松任谷由実の「ノーサイド」が使用された[10]

キャスト[編集]

トキワ自動車[編集]

アストロズ部員[編集]

君嶋家[編集]

サイクロンズ[編集]

その他[編集]

ゲスト[編集]

第1話
第2話
第3話
第4話
第5話
第8話
  • 森下真奈 - 滝口芽里衣
第9話
最終話

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

話数 放送日 サブタイトル[28] 演出 視聴率[29]
第1話 7月07日 新しいサラリーマンヒーローの誕生!
どん底からはい上がれ!
福澤克雄 13.5%
第2話 7月14日 サラリーマンは人事が全て! 愛ある選択 11.8%
第3話 7月28日 涙の大逆転! 仲間を信じて奇跡を起こせ 田中健太 10.9%
第4話 8月04日 リストラに負けるな 仲間を信じて戦え! 10.6%
第5話 8月11日 運命の頂上決戦!! 涙の大逆転なるか? 福澤克雄 11.4%
第6話 8月18日 本社復帰のチャンス〜涙! 最後の決断とは 平野俊一 13.0%
第7話 8月25日 引き抜き! 絶体絶命〜男の覚悟に大号泣!! 田中健太 09.7%
第8話 9月01日 最終章〜社長交代で廃部!? 涙の反撃開始 福澤克雄 11.3%
第9話 9月08日 最終回前〜負けたら廃部! 怒涛の反撃へ 平野俊一 12.2%
最終話 9月15日 最終回スペシャル! 涙の決勝戦?
逆転に挑む! 裏切りか友情か
福澤克雄
田中健太
13.8%
平均視聴率 12.0%[30](視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

特別編[編集]

各話 放送日 ラテ欄[31] 放送内容 視聴率
第1夜 2020年4月26日 今夜限り! 大泉洋のナレーション&未放送カット!
勇気を出せ!! ラグビーイヤーの感動を再び! 崖っぷち男達の再起をかけた物語
第1話
第2話
6.7%
第2夜 5月03日 初勝利なるのか!? どん底の男たちが奇跡を起こす涙の逆転物語
大泉洋ナレーション&未放送カット大感動
第3話
第4話
第3夜 5月10日 涙の決勝戦! 壮絶!! 負ければ廃部…
どん底ラグビー部の絶体絶命大勝負! 未放送カット 大泉洋ナレーション
第5話
第6話
第4夜 5月17日 最終章! 涙のラストチャンス〜レギュラー争奪戦とエースの引き抜き!
魂のタックルでW杯の試合を超えろ! 大泉洋ナレーション
第7話
第8話
最終夜 5月24日 涙の決勝戦! 運命のラストチャンス!
死闘ワンチームで仲間と、自分を信じて戦え!
第9話
最終話

原作との相違点[編集]

  • 原作では、君嶋の異動先はトキワ自動車横浜工場であるが、ドラマでは府中工場に変更され、君嶋も同市内在住と設定されている。
  • 君嶋の家族側のエピソードは全てドラマオリジナルである。ただし、名前は不詳だが、原作でもドラマと同様、妻と息子2人がいる設定である(家族構成の説明のみで、作中では全く登場しない)。
  • 取締役会で脇坂の「コンプライアンス問題に関する報告」で、原作では風間の証言内容を提出したのみであったが、ドラマでは風間が取締役会に証人として招かれ、脇坂を糾弾した。

関連商品[編集]

Blu-ray・DVD
  • ドラマ「ノーサイド・ゲーム」Blu-ray BOX:2020年1月10日発売、TCエンタテインメント、ディスク4枚、品番:ASBDP-1235
  • ドラマ「ノーサイド・ゲーム」DVD-BOX:2020年1月10日発売、TCエンタテインメント、ディスク6枚、品番:ASBP-6163
サウンドトラック

受賞歴[編集]

TBS 日曜劇場
前番組 番組名 次番組
集団左遷!!
(2019年4月21日 - 6月23日)
ノーサイド・ゲーム
(2019年7月7日 - 9月15日)
グランメゾン東京
(2019年10月20日 - 12月29日)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ナレーションも担当

出典[編集]

  1. ^ a b c “大泉洋、7月期TBS日曜劇場で主演 池井戸潤氏と初タッグに「うれしく、光栄であります」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年2月18日). https://www.oricon.co.jp/news/2129730/full/ 2019年6月8日閲覧。 
  2. ^ a b 22日1:00 - 1:20は『S☆1・短縮版』のため、一時中断。
  3. ^ a b “小川彩佳、TBSの選挙特番出演 『Nスタ』と『NEWS23』がタッグ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年7月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2139281/full/ 2019年7月4日閲覧。 
  4. ^ “ドラマ盛り上げ府中PR 「ノーサイド・ゲーム」官民で応援”. 産経ニュース (産経新聞社). (2019年7月4日). https://www.sankei.com/smp/region/news/190704/rgn1907040003-s1.html 2019年7月27日閲覧。 
  5. ^ “エキストラ募集情報!TBSテレビ7月期日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』、熊谷ラグビー場にて大規模ロケ!日曜、どうでしょう?!” (プレスリリース), 熊谷観光局, http://www.oideyo-kumagaya.com/cate-info/10147/ 2019年7月28日閲覧。 
  6. ^ “全員がラグビー経験者! 日曜の夜を熱くする『ノーサイド・ゲーム』アストロズ俳優”. リアルサウンド (blueprint). (2019年8月4日). https://realsound.jp/movie/2019/08/post-396511.html 2019年8月13日閲覧。 
  7. ^ 木村隆志 (2019年10月19日). “日本中が「ラグビーにわかファン」で溢れる理由 4つの観点からW杯の盛り上がりを読み解く”. 東洋経済オンライン. 2020年4月26日閲覧。
  8. ^ "大泉洋主演『ノーサイド・ゲーム』特別編を放送 未放送カットも公開". ORICON NEWS. オリコン. 2020-04-19. 2020年4月19日閲覧
  9. ^ “ノーサイド・ゲーム:大泉洋主演連ドラの特別編が放送 未放送カット&自身のナレーション加え再構成”. まんたんウェブ (MANTAN). (2020年4月19日). https://mantan-web.jp/article/20200418dog00m200043000c.html 2020年4月19日閲覧。 
  10. ^ noside_game_tbsのツイート(1264511580995112966)
  11. ^ “笹本玲奈がTBS新ドラマに出演、有能な総務部員役”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2019年6月13日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201906120000767.html 2019年6月13日閲覧。 
  12. ^ “山崎紘菜『ノーサイド・ゲーム』出演が決定「光栄にそして誇りに思う」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年6月28日). https://www.oricon.co.jp/news/2138746/full/ 2019年6月28日閲覧。 
  13. ^ “西郷輝彦、24年ぶり日曜劇場出演「若い連中とともに作り上げていきたい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年6月20日). https://www.oricon.co.jp/news/2138046/full/ 2019年6月20日閲覧。 
  14. ^ “大谷亮平『逃げ恥』以来3年ぶりTBSドラマ 大泉洋の“最強パートナー””. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年6月16日). https://www.oricon.co.jp/news/2137747/full/ 2019年6月16日閲覧。 
  15. ^ “眞栄田郷敦が日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」で連ドラデビュー…父は千葉真一、兄は新田真剣佑”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年6月23日). https://hochi.news/articles/20190622-OHT1T50224.html 2019年6月23日閲覧。 
  16. ^ “松たか子、大泉洋と『日曜劇場』で夫婦役 池井戸作品に初参加”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年6月8日). https://www.oricon.co.jp/news/2137174/full/ 2019年6月8日閲覧。 
  17. ^ “二代目市川右近、ドラマ初出演 大泉洋の息子役に決定「歌舞伎じゃない自分を見て」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年7月3日). https://www.oricon.co.jp/news/2139068/full/ 2019年7月3日閲覧。 
  18. ^ “中村橋之助、襲名後ドラマ初出演 父・芝翫の学生時代役で日曜劇場に登場”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年8月31日). https://www.oricon.co.jp/news/2143450/full/ 2019年8月31日閲覧。 
  19. ^ “川田裕美アナ、本格女優業に挑戦 日曜劇場で大谷亮平の妻役に”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年6月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2138624/full/ 2019年6月28日閲覧。 
  20. ^ “橋幸夫『日曜劇場』で悪役に初挑 西郷輝彦に続く“御三家”出演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年8月17日). https://www.oricon.co.jp/news/2142453/full/ 2019年8月17日閲覧。 
  21. ^ “ホラン千秋『ノーサイド・ゲーム』ゲスト出演 ラグビー選手に「テンションが上がりました!」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年7月25日). https://www.oricon.co.jp/news/2140880/full/ 2019年7月25日閲覧。 
  22. ^ “ノーサイド・ゲーム:吉田沙保里が本人役で出演 引退後初のユニホーム姿で大泉洋からタックル受ける”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年8月2日). https://mantan-web.jp/article/20190801dog00m200073000c.html 2019年8月2日閲覧。 
  23. ^ “Foorin:「ノーサイド・ゲーム」に出演 「パプリカ」で話題の人気子供ユニット”. まんたんウェブ (MANTAN). (2019年8月4日). https://mantan-web.jp/article/20190804dog00m200060000c.html 2019年8月4日閲覧。 
  24. ^ ““ラガーマン”濱田岳、直談判で『ノーサイド・ゲーム』出演が実現「一つの夢がかなった」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年9月7日). https://www.oricon.co.jp/news/2143941/full/ 2019年9月7日閲覧。 
  25. ^ “ラグビー経験者・濱田岳「ノーサイド・ゲーム」逆オファー出演 司令塔役「夢のよう」金八先生と同じ役名”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2019年9月7日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2019/09/07/kiji/20190907s00041000128000c.html 2019年9月7日閲覧。 
  26. ^ “嵐・櫻井翔、念願の日曜劇場出演 TBS『ノーサイド・ゲーム』で謎の男演じる”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年9月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2144368/full/ 2019年9月13日閲覧。 
  27. ^ “ドラマ「ノーサイド・ゲーム」主題歌は米津玄師、第1話の放送でサプライズ発表”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2019年7月7日). https://thetv.jp/news/detail/196415/ 2019年7月7日閲覧。 
  28. ^ Paravi ノーサイド・ゲーム
  29. ^ “大泉洋主演の日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」最終回視聴率は番組最高13.8%で有終の美”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年9月17日). https://hochi.news/articles/20190917-OHT1T50025.html 2019年9月17日閲覧。 
  30. ^ “TBS幹部、7月ドラマ「ノーサイドゲーム」「凪のお暇」は「有終の美を飾りました」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年9月25日). https://hochi.news/articles/20190925-OHT1T50120.html 2019年10月4日閲覧。 
  31. ^ 該当各日 『毎日新聞』 テレビ欄。
  32. ^ 第102回ザテレビジョンドラマアカデミー賞 受賞一覧”. ザテレビジョン. KADOKAWA. 2019年11月21日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]