石倉三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
いしくら さぶろう
石倉 三郎
本名 石原 三郎(いしはら さぶろう)
生年月日 1946年12月16日(69歳)
出生地 香川県小豆郡内海町
国籍 日本の旗 日本
身長 170cm
血液型 A型
職業 俳優コメディアンタレント
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1965年 -
主な作品
テレビドラマ
親子ゲーム』/『親子ジグザグ』/『とんぼ
しゃぼん玉』/『RUN』/『八丁堀の七人
映画
英二』/『新撰組』/『どら平太

石倉 三郎(いしくら さぶろう、1946年12月16日 - )は、日本俳優コメディアンタレント。本名は石原 三郎(いしはら さぶろう)。高倉健から倉の一字をもらって芸名とした。

香川県小豆郡内海町(現:小豆島町)出身。所属事務所は株式会社コネルト(外部サイト www.grow14.jp)。身長170cm、体重65kg。

来歴[編集]

交友[編集]

  • ビートたけしとは互いに浅草フランス座で下積みしていた頃からの仲。
  • コント・レオナルド解散の原因は熊との公私両面にわたる深刻な不仲化が原因(詳細はコント・レオナルドの項目参照)。解散後石倉は熊が1994年逝去・葬儀に参列するまで一切熊と顔をあわすことはなかった。
  • 長渕剛志穂美悦子夫妻とは複数のテレビドラマ・映画で共演しており、ふたりが結婚した時、石倉の妻が経営する小料理屋「花菱」で石倉夫妻と4人で祝杯をあげたという。長渕の楽曲『花菱にて』に歌われている。
  • 石倉と妻(料理店経営者)の媒酌人は坂本九柏木由紀子夫妻が務めることになっていたが、日航ジャンボ機墜落事故で坂本が死亡し実現しなかった。
  • 山田辰夫とも長渕を交え交流があった(山田は2009年逝去)。
  • 市川崑監督はテレビでの演技をエッセイで褒めて以来その個性に着目。『四十七人の刺客』で重要な脇役に起用して以来、自らの死去までほとんどの作品に出演させた。常連出演者を多く並べるやり方を好んだ同監督の、いわゆる崑ファミリーの最終メンバーの一人となった。

出演作品[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK

日本テレビ

TBS

フジテレビ

テレビ朝日

テレビ東京

WOWOW

  • 娘の結婚(2003年)
  • イヴの贈り物(2007年)

映画[編集]

舞台[編集]

バラエティ[編集]

ラジオ[編集]

その他[編集]

  • うどん県(2011年10月-、香川県)
  • コラム「粋に生きたい!」(二十四の瞳映画村)[4]

CM[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 芸歴50年!石倉三郎の映画初主演作「つむぐもの」製作決定 キム・コッピが共演”. 映画.com (2015年7月7日). 2015年7月7日閲覧。
  2. ^ 石倉三郎、高橋光臣が「下町ロケット」後半パートに出演”. スポニチアネックス (2015年11月18日). 2015年11月18日閲覧。
  3. ^ 石倉三郎、芸歴50年で初MC「待ってました!」 お酒と料理でおもてなし”. ORICON STYLE (2016年1月21日). 2016年1月22日閲覧。
  4. ^ 小豆島出身俳優 石倉三郎

関連項目[編集]