石川達三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石川 達三
(いしかわ たつぞう)
Ishikawa Tatsuzo.JPG
1954年
誕生 1905年7月2日
日本の旗 日本秋田県平鹿郡横手町
(現・横手市
死没 (1985-01-31) 1985年1月31日(79歳没)
日本の旗 日本東京都目黒区中目黒 東京共済病院
墓地 神奈川県平塚市那由侘の里
職業 小説家
言語 日本語
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 早稲田大学英文科中退
活動期間 1931年 - 1985年
ジャンル 小説
代表作 蒼氓』(1935年)
生きてゐる兵隊』(1945年)
『人間の壁』(1959年)
青春の蹉跌』(1968年)
主な受賞歴 芥川龍之介賞(1935年)
菊池寛賞(1969年)
デビュー作 『最近南米往来記』(1931年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

石川 達三(いしかわ たつぞう、1905年明治38年)7月2日 - 1985年昭和60年)1月31日)は、日本小説家。『蒼氓』により、芥川賞受賞者第一号となった。

人物[編集]

秋田県平鹿郡横手町(現・横手市)に生まれる。父が秋田県立横手中学校の英語科教員だったため、転勤や転職に伴って秋田市東京府荏原郡大井町岡山県上房郡高梁町(現高梁市)、岡山市などで育つ。1914年、9歳で母を亡くす。1915年、父が再婚する。岡山県立高梁中学校3年から、転居に伴い関西中学校4年に編入し卒業、上京し第二早稲田高等学院在学中に山陽新聞に寄稿。1927年早稲田大学文学部英文科に進み、大阪朝日新聞の懸賞小説に当選。大学を1年で中退した後、国民時論社に就職し、持ち込みを行うも上手くいかず退職。

退職金を基に、1930年に移民の監督者として船でブラジルに渡り、数ヶ月後に帰国。国民時論社に復職して『新早稲田文学』の同人となり、小説を書く。その後国民時論社を再度退職し、嘱託として働く。

ブラジルの農場での体験を元にした『蒼氓』で、1935年に第1回芥川龍之介賞を受賞。1936年に結婚。社会批判をテーマにした小説を書くが、1938年生きてゐる兵隊』が新聞紙法に問われ発禁処分、禁固4ヶ月執行猶予3年の判決を受ける。1942年には、海軍報道班員として東南アジアを取材。

戦後の1946年4月10日第22回衆議院議員総選挙に東京2区で、日本民党(にほんたみのとう)公認候補として立候補するが、立候補者133名のうち、定数12名の22位にあたる24,101票で落選[注 1]。その後も社会派作家として活動し、『人間の壁』、『金環蝕』などを著した。

1969年、第17回菊池寛賞受賞。

要職として、日本ペンクラブ第7代会長(1975年 - 1977年)。日本芸術院会員。また、日本文芸家協会理事長、日本文芸著作権保護同盟会長、A・A作家会議東京大会会長を歴任した。

晩年は胃潰瘍から肺炎を併発し、1985年1月31日、東京共済病院で死去した。墓は九品仏浄真寺にある。

長男に、NHK放送文化研究所を経て上智大学文学部教授となった石川旺がいる。

松本清張と山崎豊子が対談の中で、石川の小説構成の巧みさを論じている。

逸話[編集]

  • 婦人参政権不要論を唱えた事もあり、長谷川町子の『いじわるばあさん』でネタとして取り上げられた。主人公・いじわるばあさんが執筆活動を妨害するが、達三ではなく、間違えて松本清張の執筆を妨害するというオチであった。
  • 日本ペンクラブ会長時代に、「言論の自由には二つある。思想表現の自由と、猥褻表現の自由だ。思想表現の自由は譲れないが、猥褻表現の自由は譲ってもいい」とする「二つの自由」発言(1977年)で物議を醸し、五木寛之野坂昭如など当時の若手作家たちから突き上げられ、最終的には辞任に追い込まれた。
  • 趣味はゴルフ丹羽文雄とともにシングル・プレイヤーとして「文壇ではずば抜けた腕前」と言われた。

著書[編集]

  • 『最近南米往来記』昭文閣書房 1931 中公文庫 1981
  • 『蒼氓』改造社 1935 のち新潮文庫
  • 『深海魚』改造社 1936 のち角川文庫
  • 『飼ひ難き鷹』新英社 1937
  • 『日蔭の村』新潮社 1937 のち文庫
  • 『炎の薔薇 新小説選集』春陽堂 1938
  • 『あんどれの母』版画荘文庫 1938
  • 『流離』竹村書房 1938
  • 『結婚の生態』新潮社、1938 のち文庫
  • 『若き日の倫理』実業之日本社 1939 のち新潮文庫
  • 『智慧の青草』新潮社 1939 のち角川文庫
  • 『薫風 自選作品集』婦人文化社出版部 1940
  • 『盲目の思想』砂子屋書房(黒白叢書) 1940
  • 『転落の詩集』新潮社 1940 のち文庫
  • 『花のない季節』中央公論社 1940 のち文庫
  • 『人生画帖』新潮社、1940 のち角川文庫
  • 『武漢作戦』中央公論社 1940 のち文庫
  • 『大地と共に生きん』青梧堂 1940
  • 『愛の嵐』実業之日本社 1940
  • 使徒行伝』新潮社 1941
  • 『赤虫島日誌』八雲書店 1943
  • 生きてゐる兵隊河出書房 1945 のち角川文庫、新潮文庫、中公文庫
  • 『心猿』八雲書店 1946 のち角川文庫
  • 『望みなきに非ず』読売新聞社 1947 のち新潮文庫
  • 『ろまんの残党』八雲書店 1947 のち中公文庫
  • 『母系家族』春陽堂 1948 のち角川文庫
  • 石川達三選集』全14巻 八雲書店 1948‐49
  • 『風雪』新潮社 1948
  • 『幸福の限界』蜂書房 1948 のち新潮文庫
  • 『群盲』洗心書林 1949
  • 『心の虹』実業之日本社 1949
  • 『書斎の憂欝』六興出版社 1949
  • 『泥にまみれて』新潮社 1949 のち文庫
  • 『暗い歎きの谷』文藝春秋新社 1949 のち角川文庫
  • 『風にそよぐ葦』新潮社 1950‐51 のち文庫
  • 『古き泉のほとり』新潮社 1950 のち角川文庫
  • 『神坂四郎の犯罪』新潮社 1950 のち文庫
  • 『薔薇と荊の細道』新潮社 1952 のち文庫
  • 『最後の共和国』中央公論社 1953 のち新潮文庫
  • 『青色革命』新潮社 1953 のち文庫
  • 『地上の富』新潮社 1953
  • 『誰の為の女』大日本雄弁会講談社 1954 のち文庫
  • 『思ひ出の人』北辰堂 1954
  • 『悪の愉しさ』大日本雄弁会講談社 1954 のち角川文庫
  • 『不安の倫理』大日本雄弁会講談社(ミリオン・ブックス)1955
  • 『自分の穴の中で』新潮社 1955 のち文庫
  • 『巷塵』角川小説新書 1955 のち文庫
  • 『親知らず』中央公論社 1955
  • 四十八歳の抵抗』新潮社 1956 のち文庫
  • 『悪女の手記』新潮社 1956 のち文庫
  • 『自由詩人』河出新書 1956
  • 石川達三作品集』全12巻 新潮社 1957‐58
  • 『夜の鶴』大日本雄弁会講談社 1957 のち文庫
  • 『人間の壁』新潮社 1958‐59 のち新潮文庫、岩波現代文庫
  • 『骨肉の倫理』文藝春秋新社 1959 のち角川文庫
  • 『野育ちの鳩』東方社 1960
  • 『私の少数意見』新潮社 1960
  • 『頭の中の歪み』中央公論社 1960 のち角川文庫
  • 『現代知性全集26 石川達三集』日本書房 1960
  • 『充たされた生活』新潮社 1961 のち文庫
  • 『僕たちの失敗』新潮社 1962 のち文庫
  • 『愛の終りの時』新潮社 1962 のち文庫
  • 傷だらけの山河』新潮社 1964 のち文庫
  • 『誘惑』新潮社 1964 のち文庫
  • 『稚くて愛を知らず』中央公論社 1964 のち角川文庫
  • 『私ひとりの私』文藝春秋新社 1965 のち講談社文庫
  • 『花の浮草』新潮社 1965 のち文春文庫
  • 『洒落た関係』文藝春秋新社 1965 のち新潮文庫
  • 『私の人生案内』新潮社 1966
  • 金環蝕』新潮社 1966 のち文庫、岩波現代文庫
  • 『約束された世界』新潮社 1967 のち文庫
  • 青春の蹉跌』新潮社 1968 のち文庫
  • 『心に残る人々』文藝春秋 1968 のち文庫
  • 『愉しかりし年月』新潮社 1969 のち文春文庫、新潮文庫
  • 『あの男に関して』新潮社 1969
  • 『経験的小説論』文藝春秋 1970
  • 『作中人物』文化出版局 1970
  • 『開き過ぎた扉』新潮社 1970 のち文庫
  • 『人生の文学』大和書房(わが人生観)1970
  • 『解放された世界』新潮社 1971 のち文庫
  • 『私の周囲・生活の内外』大和書房 1971
  • 『現代の考え方と生き方』大和書房 1971
  • 『流れゆく日々』全7巻 新潮社 1971-77
  • 石川達三作品集』全25巻 新潮社 1972‐74
  • 『人物点描』新潮社 1972
  • 『自由と倫理』文藝春秋(人と思想) 1972
  • 『その最後の世界』新潮社 1974 のち文庫
  • 『人間と愛と自由』1975 (新潮文庫)
  • 『生きるための自由』新潮社 1976 のち文庫
  • 『青春の奇術』1976 (新潮文庫)
  • 『時代の流れとともに』1977 (新潮文庫)
  • 『不信と不安の季節に』1977 (文春文庫)
  • 『独りきりの世界』新潮社 1977 のち文庫
  • 『包囲された日本』集英社 1979
  • 『小の虫・大の虫』新潮社 1979
  • 『もっともっと自由を…』新潮社 1979 のち文庫
  • 『七人の敵が居た』新潮社 1980 のち文庫 - 春木猛事件を追ったもの
  • 『星空』新潮社 1981
  • 『裏返しの肖像』新潮社 1981
  • 『その愛は損か得か』新潮社 1982 のち文庫
  • 『恥かしい話・その他』新潮社 1982
  • 『若者たちの悲歌』新潮社 1983 のち文庫
  • 『いのちの重み』集英社 1983
  • 『徴用日記その他』幻戯書房 2015

注釈[編集]

  1. ^ 同区トップ当選の加藤シヅエは、138,496票。石橋湛山も同区から立候補し、20位の28,044票で落選している

関連項目[編集]

外部リンク[編集]