絶滅黒髪少女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
絶滅黒髪少女
NMB48シングル
収録アルバム てっぺんとったんで!
B面 青春のラップタイム(Type-A、Type-B)
僕が負けた夏(Type-A、劇場盤)
待ってました、新学期(Type-B、劇場盤)
三日月の背中(劇場盤)
リリース
規格 マキシシングル音楽配信
録音 2011年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間
レーベル laugh out loud! records
作詞・作曲 秋元康(作詞)
GRAVITY(作曲・編曲)
プロデュース 秋元康
ゴールド等認定
チャート最高順位
NMB48 シングル 年表
- 絶滅黒髪少女
(2011年)
オーマイガー!
(2011年)
テンプレートを表示

絶滅黒髪少女」(ぜつめつくろかみしょうじょ)は、女性アイドルグループ・NMB48の楽曲で、2011年7月20日よしもとアール・アンド・シー (laugh out loud! records)から発売された同グループのデビューシングル。楽曲のセンターポジションは渡辺美優紀が務めた[7]

背景とリリース[編集]

通常盤Type-A、通常盤Type-Bのほか、キャラアニ限定発売の劇場盤の3形態がリリースされ、Type-AとType-Bでは3曲目の収録楽曲は異なる。そのうち通常盤Type-A、通常盤Type-B初回生産分には全国握手会参加券とオリジナルトレーディングカード(全16種類のうち)ランダム1枚が封入され、劇場盤には個別握手会参加券が封入される。

AKB48SKE48のデビューシングルと同様に、表題曲のメンバーは単一チームから構成されている。

カップリング曲であるチームN「青春のラップタイム」は、チームN 2nd Stage「青春ガールズ」公演の発表済み楽曲をシングルに収録したもの。NMB48初のオリジナル楽曲であり、同公演中唯一のオリジナル楽曲でもある。ミュージック・ビデオは製作されていなかったが、2015年3月31日発売のシングル「Don't look back!」の特典DVDに2015年に撮影されたMVが収録されている。他のカップリング曲として「白組」「紅組」に1曲ずつが充てられたが、このユニット編成はSKE48のシングルでも採用されている。また「三日月の背中」は全員歌唱曲で、当時の全メンバー(2011年7月10日に卒業した森彩華を除く)NMB48の1期生全員が参加している。

キャッチコピーは「黒髪命、清純はいつだって一生懸命。」。

7月25日付けオリコンウィークリーチャート1位を達成した場合は吉本興業所属の芸人達からプレゼントが贈られるが、逆に達成できなかった場合は罰ゲームとしてブルマーを着用してNMB48劇場公演を行うという条件が課されていた[8][9]。結果発表を前に、関係者は公演に出演する16人分のブルマーを購入していたが、結局、沢尻エリカがKaoru Amane名義で発売した「タイヨウのうた」の15万枚を超える21.8万枚を売上げ、当時の女性アーティストデビューシングル初週売上最高記録、かつぱすぽ☆以来2組目となる女性アーティスト初登場ウィークリーチャート1位によりブルマー公演は回避された[10]。しかし7月26日の公演で、サプライズとしてブルマー着用で当楽曲を披露した[11]

デビューシングルの発売から時が経ち、NMB48には染髪したメンバーが増えたが、当楽曲披露の際には歌唱メンバーは黒髪にするというのが恒例となっている[12][13][注 1]

アートワーク[編集]

ジャケット写真のメンバーの割り振りは、通常盤2タイプの表および劇場盤の表・裏がそれぞれ「絶滅黒髪少女」選抜メンバー16人、通常盤2タイプの裏のうち、Type-Aは小笠原茉由岸野里香木下春奈小谷里歩・篠原栞那・福本愛菜山田菜々山本彩の8人、Type-Bは門脇佳奈子近藤里奈上西恵白間美瑠・松田栞・山口夕輝吉田朱里渡辺美優紀の8人。

チャート成績[編集]

2011年8月1日付オリコン週間シングルチャートで、約21万8000枚を売り上げ初登場1位を記録[5]。また、AKB48の派生アーティスト(姉妹ユニット・派生ユニット・ソロ)のデビュー作品の初動売り上げ最高記録であった、前田敦子の「Flower」(約17万7000枚)を更新。

女性歌手のデビューシングルの首位は、同年6月の前田敦子の「Flower」以来1か月ぶり。また、グループからの派生ユニット・ソロデビュー、さらには日本国外からの再デビューを除いた場合、2006年にKaoru Amaneが「タイヨウのうた」で記録して以来、4年11か月ぶりに更新した[5][15]

ミュージック・ビデオ[編集]

ミュージック・ビデオ(MV)の監督は行定勲。MVは「日本の美」をテーマにしており、山本が弓道、渡辺が書道、山田が合気道、小笠原が茶道、吉田が居合道のシーンをそれぞれ披露している。2011年6月28日には、TOHOシネマズなんばでシングルに収録される3曲のMVのプレミアム試写会が行われた[16]

「僕が負けた夏」MVの監督は須永秀明。「待ってました、新学期」MVの監督はウスイヒロシ[16]

メディアでの使用[編集]

関西テレビで放送のNMB48の冠バラエティ番組「どっキング48」のエンディングテーマ(2011年7月5日 - 9月13日)として使用されたほか、イオン ハイスクールマンザイ2011のイメージソングとしても使用された。

シングル収録トラック[編集]

通常盤Type-A[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「絶滅黒髪少女」 秋元康 GRAVITY GRAVITY
2. 「青春のラップタイム」 秋元康 川浦正大 野中“まさ”雄一
3. 「僕が負けた夏」(白組) 秋元康 ツキダタダシ 野中“まさ”雄一
4. 「絶滅黒髪少女 off vocal ver.        
5. 「青春のラップタイム off vocal ver.」        
6. 「僕が負けた夏 off vocal ver.」        
DVD
# タイトル 作詞 作曲・編曲
1. 「絶滅黒髪少女 Music Video」    
2. 「僕が負けた夏 Music Video」    
3. 「特典映像「NMB48をダマしちゃいました。(1)」」    

通常盤Type-B[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「絶滅黒髪少女」 秋元康 GRAVITY GRAVITY
2. 「青春のラップタイム」 秋元康 川浦正大 野中“まさ”雄一
3. 「待ってました、新学期」(紅組) 秋元康 市川裕一 市川裕一
4. 「絶滅黒髪少女 off vocal ver.」        
5. 「青春のラップタイム off vocal ver.」        
6. 「待ってました、新学期 off vocal ver.」        
DVD
# タイトル 作詞 作曲・編曲
1. 「絶滅黒髪少女 Music Video」    
2. 「待ってました、新学期 Music Video」    
3. 「特典映像「NMB48をダマしちゃいました。(2)」」    

劇場盤[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「絶滅黒髪少女」 秋元康 GRAVITY GRAVITY
2. 「僕が負けた夏」(白組) 秋元康 ツキダタダシ 野中“まさ”雄一
3. 「待ってました、新学期」(紅組) 秋元康 市川裕一 市川裕一
4. 「三日月の背中」 秋元康 野中“まさ”雄一 野中“まさ”雄一  
5. 「絶滅黒髪少女 off vocal ver.」        
6. 「僕が負けた夏 off vocal ver.」        
7. 「待ってました、新学期 off vocal ver.」        
8. 「三日月の背中 off vocal ver.」        

選抜メンバー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 木下百花は黒のウィッグを着用することもある[14]

出典[編集]

  1. ^ ゴールドディスク認定 「2011年7月」を参照”. 日本レコード協会. 2016年9月19日閲覧。
  2. ^ 週間 CDソフト TOP20 2011年7月18日〜2011年7月24日 調査分”. Phile-web. 音元出版. 2016年9月19日閲覧。
  3. ^ Billboard Japan Hot 100 2011年8月1日付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media. 2016年9月19日閲覧。
  4. ^ Top Singles Sales 2011年8月1日付け”. Billboard JAPAN. 阪神コンテンツリンク,プランテック,Prometheus Global Media. 2016年9月19日閲覧。
  5. ^ a b c “【オリコン】NMB48、女性歌手史上最高デビュー 初週売上21.8万枚で首位”. ORICON STYLE (oricon ME). (2011年7月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2000139/full/ 2016年9月19日閲覧。 
  6. ^ 年間ランキング特集『AKB48が5作ミリオン突破の快挙!2011年オリコン年間CD&DVDランキングを大発表!』”. ORICON STYLE. oricon ME. 2016年9月19日閲覧。
  7. ^ “NMB48卒業の渡辺美優紀、ラストシングルで5年ぶりの単独センター「かわいさのスピードが止まらない」”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年6月20日). http://mdpr.jp/music/detail/1593145 2016年9月19日閲覧。 
  8. ^ NMB48がシングル「絶滅黒髪少女」でCDデビュー決定! - Web De-View (オリコン) 2011年6月4日
  9. ^ 同日にシングル発売が予定されていた有力アーティストは他に東方神起GReeeeNいきものがかり遊助など。
  10. ^ NMBブルマー回避…デビュー曲1位 - デイリースポーツオンライン 2011年7月26日付記事
  11. ^ NMB48からのお知らせ - NMB48NEWS 2011年7月29日付記事
  12. ^ “みるきー卒コンに山田菜々が登場 山本彩と3人で名曲熱唱”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年7月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2074428/full/ 2016年9月19日閲覧。 
  13. ^ “NMB48、全員黒髪復活で「Mステ」特番出演 “絶滅黒髪少女”パフォーマンスに反響”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年9月19日). http://mdpr.jp/music/detail/1616092 2016年9月19日閲覧。 
  14. ^ ポッター平井 (2014年10月22日). “【連載「ポッター平井の激推しアイドル!」番外編】 山田菜々が衝撃の卒業発表!NMB48 結成4周年記念ライブ3Daysレポート!”. ニュースウォーカー (KADOKAWA). http://news.walkerplus.com/article/51604/ 2016年9月19日閲覧。 
  15. ^ 前田敦子、ソロデビュー作首位 女性グループ歌手ではゴマキ以来10年ぶり - オリコン(2011年6月28日) 2011年7月26日閲覧(参考)。
  16. ^ a b “NMB48、ファン参加PV試写会に行定勲監督サプライズ登場”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2011年6月29日). http://natalie.mu/music/news/52198 2016年9月19日閲覧。 

参考文献[編集]

  • NMB48「絶滅黒髪少女<通常盤Type-A>」のブックレット、laugh out loud! records、2011年 JAN 4571366484217 / YRCS-90000
  • NMB48「絶滅黒髪少女<通常盤Type-B>」のブックレット、laugh out loud! records、2011年 JAN 4571366484224 / YRCS-90001
  • NMB48「絶滅黒髪少女<劇場盤>」のブックレット、laugh out loud! records、2011年 JAN 4571366484231 / YRCS-90002

外部リンク[編集]