前しか向かねえ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
前しか向かねえ
AKB48シングル
初出アルバム『ここがロドスだ、ここで跳べ!
B面 昨日よりもっと好き
君の嘘を知っていた(Type A)
秘密のダイアリー(Type B)
KONJO(Type C)
恋とか… (劇場盤)
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル You, Be Cool!/KING RECORDS
作詞・作曲 秋元康(作詞)
古城康行(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2014年2月度月間1位(オリコン)
  • 2014年度上半期2位(オリコン)
  • 2014年度年間3位(オリコン)
  • 登場回数22回(オリコン)
AKB48 シングル 年表
鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの
(2013年)
前しか向かねえ
(2014年)
ラブラドール・レトリバー
(2014年)
ミュージックビデオ
前しか向かねえ
ここがロドスだ、ここで跳べ! 収録曲
鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの
(DISC1-4)
前しか向かねえ
(DISC1-5)
君の瞳はプラネタリウム
(DISC1-6)
テンプレートを表示

前しか向かねえ」(まえしかむかねえ)は日本女性アイドルグループAKB48の楽曲。楽曲は秋元康により作詞、古城康行により作曲されている。2014年2月26日にAKB48のメジャー35作目のシングルとしてキングレコードから発売された[注 1]。楽曲のセンターポジションを務めた大島優子にとって、AKB48卒業前最後のシングル表題曲への参加となった。

背景とリリース[編集]

前作「鈴懸の木の道で「君の微笑みを夢に見る」と言ってしまったら僕たちの関係はどう変わってしまうのか、僕なりに何日か考えた上でのやや気恥ずかしい結論のようなもの」から約2ヶ月ぶりで、2014年1枚目のシングル。Type Aの初回限定盤と通常盤、Type Bの初回限定盤と通常盤、Type Cの初回限定盤と通常盤、劇場盤の7形態でのリリース。

「前しか向かねえ」は、2014年1月24日にTOKYO DOME CITY HALLで行われたコンサート『AKB48 リクエストアワーセットリストベスト200 2014』で初披露された[2]。この曲を歌う選抜メンバーは、前々作「ハート・エレキ」から2人が入れ替わった。小嶋真子が初選抜メンバー入り[3]須田亜香里は「恋するフォーチュンクッキー」以来約半年ぶりの選抜復帰。前々作の選抜メンバーのうち、入山杏奈多田愛佳HKT48)が選抜から外れている[4]

MVでは、約17分の日活制作のドラマパートがあり、大島優子を中心に、小嶋陽菜指原莉乃島崎遥香高橋みなみ松井珠理奈横山由依渡辺麻友が出演[注 2]。監督・脚本・編集は熊澤尚人[5]

カップリングは5曲で、AKB48メンバーとAKB48の姉妹グループメンバーと混合したユニット「Smiling Lions」「Beauty Giraffes」「Baby Elephants」「Talking Chimpanzees」が結成された。このうち「Smiling Lions」のメンバーである白間美瑠NMB48)、「Baby Elephants」のメンバーである近藤里奈・太田夢莉(以上NMB48)、穴井千尋・本村碧唯(以上HKT48)、「Talking Chimpanzees」のメンバーである中西智代梨(HKT48)はAKB48グループメンバー全員参加の作品[注 3]を除いて初の参加。また、「Baby Elephants」のメンバーである東李苑SKE48)、秋吉優花(HKT48)はAKB48の楽曲初参加となる。

今作では、平田梨奈[注 4]を除くAKB48のメンバー全員がいずれかの楽曲に参加している。

CDの封入特典として、劇場盤を除いた6種類すべてに「大島優子 感謝祭」(3月23日に幕張メッセ・5月5日にインテックス大阪でそれぞれ開催予定)の観覧応募抽選券が期間限定で封入されているほか、初回限定盤にはAKB48全国握手会イベント参加券1枚と、通常盤には生写真1種ランダム封入される。劇場盤に特典として「劇場盤発売記念大握手会参加券+各メンバー個別生写真1枚」「各メンバー個別生写真2枚」のうちいずれかが封入されている。

キャッチコピーは「思い出は捨てて行け!」である。

デビュー曲の「桜の花びらたち」以来、AKB48は定期的にタイトルも含めと縁のあるいわゆる「桜ソング」をシングル表題曲としてリリースしており[6]、2008年以降毎年2月または3月に発売したシングルがそれに該当していた。2012年の「GIVE ME FIVE!」、2013年の「So long !」についても、タイトルにこそ含まれないものの歌詞に「桜」が含まれていたが、当楽曲については、タイトル、歌詞のいずれも「桜」という言葉を含んでいない。

アートワーク[編集]

ジャケットの写真のメンバーの割り振りは下表のとおり。

Type A 表 大島優子・川栄李奈・島崎遥香・高橋みなみ・松井珠理奈・峯岸みなみ・横山由依・渡辺美優紀
Type A 裏 山本彩
Type B 表 柏木由紀・小嶋陽菜・小嶋真子・指原莉乃・須田亜香里・松井玲奈・山本彩・渡辺麻友
Type B 裏 山本彩
Type C 表 大島優子
Type C 裏 山本彩
劇場盤 表 「前しか向かねえ」選抜メンバー16名
劇場盤 裏 山本彩

CDジャケットに書かれている題字は書道家・武田双雲[5][7]、アートディレクションはクリエイター・平野哲央、カメラは竹中圭樹が担当した[5]

チャート成績[編集]

「前しか向かねえ」のシングルCDは、2014年3月10日付オリコン週間シングルチャートにおいて初登場で1位にランクインした。同チャートにおけるAKB48のシングルの1位獲得は「RIVER」から22作連続・通算22作目となった。初動売上は約109万1000枚となり、初動のみでミリオンセラーを達成した。同チャートにおけるAKB48のシングルのミリオンセラー達成は「桜の木になろう」から16作連続・通算17作目となり、連続・通算ミリオンセラー達成数でAKB48自身の持つ歴代最高記録を更新した。なお、本作の初動売上により、AKB48はシングルとアルバムを合わせた総売上枚数が3000万枚を突破した。これは女性グループでは初、ソロを含めた女性アーティスト全体では松任谷由実浜崎あゆみ宇多田ヒカル安室奈美恵に続く史上5組目の達成である[8]

メディアでの使用[編集]

「前しか向かねえ」は、ディップのアルバイト求人情報サイト「バイトル」[9]・「AKB48 Team 8 全国一斉オーディション」のPR告知・GREEAKB48 ステージファイター」の各CMソングとして使用されている。このうち、本楽曲を使用した「バイトル」のCMには卒業編(メンバーの大島優子・岡田奈々・小嶋陽菜・小嶋真子・高橋朱里・高橋みなみ・渡辺麻友が出演)が、「AKB48 ステージファイター」のCMには「結果わからない」篇(メンバーの伊豆田莉奈・大島優子・柏木由紀・倉持明日香・島崎遥香・高橋朱里・高橋みなみ・松井珠理奈が出演)が、それぞれある。

テレビでの楽曲披露は、2014年2月3日にフジテレビ系列(関西テレビ・フジテレビ共同制作)で放送された『SMAP×SMAP』でSMAPの5人とコラボで初披露[10]。単独としては、2014年2月7日にテレビ朝日系列で生放送された『ミュージックステーション』で初披露した。

シングル収録トラック[編集]

Type A[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「前しか向かねえ」 秋元康 古城康行 板垣祐介
2. 「昨日よりもっと好き」(Smiling Lions) 秋元康 若田部誠 若田部誠
3. 「君の嘘を知っていた」(Beauty Giraffes) 秋元康 佐々木裕 佐々木裕
4. 「前しか向かねえ off vocal ver.      
5. 「昨日よりもっと好き off vocal ver.」      
6. 「君の嘘を知っていた off vocal ver.」      
合計時間:
DVD
# タイトル 作詞 作曲・編曲 監督
1. 「前しか向かねえ」     熊澤尚人
2. 「前しか向かねえ -Dance ver.-」      
3. 「昨日よりもっと好き」     斎藤渉
4. 「君の嘘を知っていた」     丸山健志
5. ナカマリちゃんねる」     青木章浩、奈須亮三

Type B[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「前しか向かねえ」 秋元康 古城康行 板垣祐介
2. 「昨日よりもっと好き」(Smiling Lions) 秋元康 若田部誠 若田部誠
3. 「秘密のダイアリー」(Baby Elephants) 秋元康 佐々木裕 佐々木裕
4. 「前しか向かねえ off vocal ver.」      
5. 「昨日よりもっと好き off vocal ver.」      
6. 「秘密のダイアリー off vocal ver.」      
合計時間:
DVD
# タイトル 作詞 作曲・編曲 監督
1. 「前しか向かねえ」     熊澤尚人
2. 「前しか向かねえ -Dance ver.-」      
3. 「昨日よりもっと好き」     斎藤渉
4. 「秘密のダイアリー」     土屋隆俊
5. 「平田梨奈のロンドンレポート」     林大造

Type C[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「前しか向かねえ」 秋元康 古城康行 板垣祐介
2. 「昨日よりもっと好き」(Smiling Lions) 秋元康 若田部誠 若田部誠
3. 「KONJO」(Talking Chimpanzees) 秋元康 粟津彰 野中“まさ”雄一
4. 「前しか向かねえ off vocal ver.」      
5. 「昨日よりもっと好き off vocal ver.」      
6. 「KONJO off vocal ver.」      
合計時間:
DVD
# タイトル 作詞 作曲・編曲 監督
1. 「前しか向かねえ」     熊澤尚人
2. 「前しか向かねえ -Dance ver.-」      
3. 「昨日よりもっと好き」     斎藤渉
4. 「KONJO」     スミス
5. てんとうむChu! in ハワイ     近藤利明

劇場盤[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「前しか向かねえ」 秋元康 古城康行 板垣祐介
2. 「昨日よりもっと好き」(Smiling Lions) 秋元康 若田部誠 若田部誠
3. 「恋とか…」 秋元康 若田部誠 若田部誠
4. 「前しか向かねえ off vocal ver.」      
5. 「昨日よりもっと好き off vocal ver.」      
6. 「恋とか… off vocal ver.」      
合計時間:

選抜メンバー[編集]

JKT48によるカバー[編集]

Hanya Lihat ke Depan - Mae Shika Mukanee
JKT48シングル
B面 Tidak Boleh Pelukan -Dakishimecha Ikenai-
Cinta Tak Berbalas Finally -Kataomoi Finally-
Beloklah ke Kanan! -Migi He Magare!-
Larilah! Penguin -Hashire! Penguin-
Always Looking Straight Ahead -Hanya Lihat ke Depan/Mae Shika Mukanee English Version-
リリース
規格 マキシシングル
録音 2016年
 インドネシア
レーベル Hits Records
作詞・作曲 秋元康(作詞)
古城康行(作曲)
プロデュース 秋元康
JKT48 シングル 年表
Beginner
(2016年)
Hanya Lihat ke Depan
(2016年)
LOVE TRIP
(2016年)
テンプレートを表示

AKB48の姉妹グループであるJKT48は、本楽曲を「Hanya Lihat ke Depan -Mae Shika Mukanee-」というタイトルでカバーし、グループの13作目のシングルとして、2016年6月1日Hits Recordsから発売された。

歌詞は全編にわたってインドネシア語に翻訳したもの。楽曲のリリースに先駆けて『JKT48 13thシングル選抜総選挙』が行われており、表題曲はこの総選挙で上位16位までに入ったメンバーにより歌唱されている[11]。楽曲のセンターポジションはジェシカ・フェランダ[11]。また、英語でカバーしたバージョンも収録されている。

CDは通常盤、Music Cardの2形態。カップリングでは他に、AKB48から「抱きしめちゃいけない」「走れ!ペンギン」、SKE48から「片想いFinally」、NMB48から「右へ曲がれ!」の計4曲のカバーが収録されている。

シングル収録トラック[編集]

CD
全作詞: 秋元康
# タイトル 作詞 作曲 編曲
1. 「Hanya Lihat ke Depan -Mae Shika Mukanee-」 秋元康 古城康行 板垣祐介
2. Tidak Boleh Pelukan -Dakishimecha Ikenai-(Undergirls) 秋元康 高木洋 増田武史
3. Cinta Tak Berbalas Finally -Kataomoi Finally- 秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ
4. Beloklah ke Kanan -Migi He Magare- 秋元康 茂木康亘 生田真心
5. Larilah! Penguin -Hashire! Penguin- 秋元康 織田哲郎 野中“まさ”雄一
6. 「Always Looking Straight Ahead -Hanya Lihat ke Depan/Mae Shika Mukanee English Version-」 秋元康 古城康行 板垣祐介
DVD
# タイトル 作詞 作曲・編曲
1. 「Hanya Lihat ke Depan -Mae Shika Mukanee- Music Video」    
2. 「Tidak Boleh Pelukan -Dakishimecha Ikenai- Music Video」    

選抜メンバー[編集]

かっこ内は『JKT48 13thシングル選抜総選挙』における順位[11]

  • ガイダ・ファリシャ(2位)
  • ガブリエラ・マルガレット・ワラオー(13位)
  • ジェシカ・フェランダ(1位)
  • シャニア・グラシア(11位)
  • シャニア・ジュニアナタ(6位)
  • シンディ・ユフィア(4位)
  • タリア・イファンカ・エリザベス(16位)
  • 近野莉菜(9位)
  • デナ・シティ・ロヒャティ(14位)
  • デフィ・キナル・プトゥリ(10位)
  • ドゥイ・プトゥリ・ボニタ(15位)
  • 仲川遥香(3位)
  • ナビラ・ラトナ・アユ・アザリア(8位)
  • プリシリア・サリ・デウィ(7位)
  • ミシェル・クリスト・クスナディ(12位)
  • メロディー・ヌランダニ・ラクサニ(5位)

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 配信限定シングル「Baby! Baby! Baby!」を含む。インディーズシングルを含めると通算37作目。いずれの数字も、配信限定の「誰かのために -What can I do for someone?-」と「掌が語ること」はシングルとしての配信ではないため含んでいない。
  2. ^ 柏木由紀川栄李奈・小嶋真子・須田亜香里・松井玲奈峯岸みなみ山本彩渡辺美優紀はMV内でのライブハウスでの歌唱パートのみ出演(ドラマパートには出演していない)。
  3. ^ 27thシングル『ギンガムチェック』収録の「あの日の風鈴」(ウェイティングガールズ)で『AKB48 27thシングル選抜総選挙』 圏外のメンバー全員が歌唱している。
  4. ^ 平田梨奈はType B同封DVD特典映像「平田梨奈のロンドンレポート」収録日がMV撮影と被ったため、楽曲には不参加。
  5. ^ AKB48の姉妹グループ・HKT48から選抜。HKT48劇場支配人を兼務。
  6. ^ a b AKB48の姉妹グループ・SKE48から選抜。
  7. ^ AKB48の姉妹グループ・SKE48から選抜。AKB48を兼任。
  8. ^ AKB48の姉妹グループ・NMB48から選抜。
  9. ^ AKB48の姉妹グループ・NMB48から選抜。AKB48を兼任。

出典[編集]

  1. ^ ゴールドディスク認定作品一覧 2014年2月(一般社団法人 日本レコード協会)2015年2月11日閲覧。
  2. ^ “大島優子、AKB卒業曲で大暴れ「マイク飛ばしちゃった…」”. ORICON STYLE (oricon ME). (2014年1月25日). http://www.oricon.co.jp/news/2033363/full/ 2016年12月25日閲覧。 
  3. ^ “こじまこ笑顔満開、初の選抜入り!「大島さんと一緒に歌える」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2014年1月25日). http://www.sanspo.com/geino/news/20140125/akb14012505070003-n1.html 2016年12月25日閲覧。 
  4. ^ “AKB「前しか向かねえ」小嶋真子選抜入りの衝撃!一気に世代交代か”. ドワンゴジェイピーnews (ドワンゴ). (2014年1月25日). http://news.dwango.jp/2014/01/25/5203/idol/ 2016年12月25日閲覧。 
  5. ^ a b c “AKB48大島優子、ラスト選抜曲に「最後なんだ」と意気込み”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2014年2月6日). http://natalie.mu/music/news/109359 2016年12月25日閲覧。 
  6. ^ “恒例“桜ソング”ランキング、定番曲にAKB48が急浮上”. ORICON STYLE (oricon ME). (2011年3月9日). http://www.oricon.co.jp/news/85505/full/ 2014年3月12日閲覧。 
  7. ^ AKB48のニューシングル「前しか向かねえ」題字書かせて頂きました 武田双雲公式ブログ「書の力」 2014年2月8日閲覧
  8. ^ “【オリコン】AKB大島卒業曲で総売上3000万枚突破 女性グループ初の快挙”. ORICON STYLE. (2014年3月4日). http://www.oricon.co.jp/news/2034672/full/ 2014年3月4日閲覧。 
  9. ^ “AKB48小嶋、高橋、大島が求人サイトCMで「卒業する!」”. ナタリー. (2014年1月25日). http://natalie.mu/music/news/108522 2014年1月27日閲覧。 
  10. ^ “AKB大島ラスト曲『前しか向かねぇ』、スマスマでTV初披露! 騎馬戦勃発!?”. マイナビニュース (マイナビ). (2014年1月31日). http://news.mynavi.jp/news/2014/01/31/373/ 2016年12月25日閲覧。 
  11. ^ a b c “JKT48総選挙 年内卒業の仲川遥香は3位、近野莉菜は初選抜入り”. ORICON STYLE (oricon ME). (2016年5月8日). http://www.oricon.co.jp/news/2071320/full/ 2016年12月25日閲覧。 

外部リンク[編集]