パレオはエメラルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パレオはエメラルド
SKE48シングル
初出アルバム『この日のチャイムを忘れない
B面 ときめきの足跡(TYPE-A、劇場盤)
パパは嫌い(TYPE-B、劇場盤)
花火は終わらない(TYPE-C)
積み木の時間(TYPE-A、TYPE-B、TYPE-C)
リリース
規格 マキシシングル
録音 2011年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間
レーベル avex trax
作詞・作曲 秋元康(作詞)
五戸力(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールドディスク
チャート最高順位
SKE48 シングル 年表
バンザイVenus
(2011年)
パレオはエメラルド
(2011年)
オキドキ
(2011年)
テンプレートを表示

パレオはエメラルド」は、女性アイドルグループ・SKE48の楽曲で、2011年7月27日avex traxから発売された6枚目のシングル。単独出演としては初となった「第63回NHK紅白歌合戦」(2012年)の歌唱楽曲[3]。楽曲のセンターポジションは松井珠理奈が務めた。なお、姉妹グループのJKT48がこの曲をカバーし、2015年3月27日に9枚目のシングルとしてリリースしている。

背景とリリース[編集]

前作「バンザイVenus」から4か月ぶりのシングルで、所属レコード会社をavex traxへと移籍してから初めてのシングル。今作から「TYPE-A」、「TYPE-B」、「TYPE-C」、「劇場盤」の4形態でのリリースとなった。

表題曲「パレオはエメラルド」の選抜メンバーは前作から2名入れ替えとなった。秦佐和子が初選抜入り、木下有希子は「1!2!3!4! ヨロシク!」以来約8か月ぶりに選抜復帰した。前作の選抜メンバーだった高田志織平田璃香子が選抜から外れた。

カップリング曲は4つに増え、担当するユニットとして前作同様の「紅組」「白組」、および2作振りの全員歌唱曲に加えて、「セレクション8」が新たに結成されている。これにより、当時のメンバーのうち、怪我により一時休養している松下唯を除く全てのメンバーがいずれかの楽曲に参加している。

キャッチコピーは「風に君のパレオが揺れた時、僕の夏は始まる」。

CDの封入特典として、通常盤3タイプの各初回生産分に全国イベント参加引換券、オリジナルトレーディングカード(全16種類のうちランダム1枚)、およびブックレット(表紙含め12p)が付いた。

音楽性・批評[編集]

をテーマにしたアッパーなポップス[4]。妹だと思っていた女の子が成長して女性らしく綺麗になり、その女の子がエメラルド色のパレオを着ている姿に男の子が恋をする様子を描いている[5][6]。イントロは静かで"キラキラした感じ"でバラードかと思わせるが、すぐにアップテンポに転じて元気な曲調となり、全体的に抑揚に変化が付けられているという[7][8]

『CDジャーナル』によればこの曲のメロディは開放的かつアッパーで、ボーカルも爽やかながらも、はつらつとした感じあるいは弾けた感じになっている[4]。また、そのメロディやPV、楽曲タイトルなどからAKB48の「ポニーテールとシュシュ」「Everyday、カチューシャ」のような路線を意識させるものだという[4][7]。特に"キラキラした感じ"のイントロの部分は、「ポニーテールとシュシュ」のメロディにも似ているという[7]。SKE48の曲では「ごめんね、SUMMER」に近い曲調で、爽やかさや元気さを特徴としているという[6]。また、サビの部分はSKE48チームSの劇場公演曲「チャイムはLOVE SONG」に少し似ていて、レコーディングの最初の頃は歌っているうちに「チャイムはLOVE SONG」になってしまうことが何度かあったという[5]

アートワーク[編集]

ジャケット写真のメンバーの割り振りは下表のとおり。

TYPE-A 表 石田安奈木﨑ゆりあ桑原みずき高柳明音平松可奈子古川愛李松井珠理奈向田茉夏
TYPE-A 裏 「白組」メンバー12人
TYPE-B 表 大矢真那小木曽汐莉木下有希子木本花音須田亜香里秦佐和子松井玲奈矢神久美
TYPE-B 裏 「紅組」メンバー12人
TYPE-C 表 高柳明音・松井珠理奈・松井玲奈
TYPE-C 裏 「パレオはエメラルド」の選抜メンバー16人
劇場盤 表 石田安奈・須田亜香里・高柳明音・古川愛李・松井珠理奈・松井玲奈
劇場盤 裏 ハワイ・ホノルル マッキンリー高校正面玄関建物写真

ジャケットに描かれているタイトルロゴは桑原みずきによるもので、選抜メンバーそれぞれが手書きでデザインしたもの中から選ばれている[9]

チャート成績[編集]

発売前日である2011年7月26日付オリコンデイリーチャートで推定売上枚数26万4000枚を記録して1位にランクイン[10]。前作の週間初動売上20万7000枚を1日で上回ったほか、2009年3月の推定売上枚数公開以降における、姉妹グループであるAKB48以外のシングルの中で最も高い枚数を記録した(発売当時。後に自身の「オキドキ」が更新)。

その後、同年8月8日付オリコンウィークリーチャートでは37万9000枚を記録し、2度目の首位となった[11]。同チャートへのランクイン回数は通算46回となっている[12]

2010年のオリコン年間シングルチャートでは売上枚数466,037枚を記録し、9位にランクインした[2]

Billboard JAPANのチャートにおいては、2011年8月8日付のHOT 100及びHot Singles Salesの双方で1位にランクインしたほか、同日付のHot 100 Airplayでは18位にランクインした[1]

サウンドスキャンジャパンのチャートにおいては、2011年7月25日 - 31日調査分の週間CDソフト シングルランキング TOP20で「TYPE-A」が推定売上枚数43,350枚の2位、「TYPE-C」が推定売上枚数43,310枚の3位、「TYPE-B」が同42,311枚の4位を記録し、1位の安室奈美恵NAKED/Fight Together/Tempest」に続いた[13]

ミュージック・ビデオ[編集]

ミュージック・ビデオの監督は丸山健志(KRK PRODUCE)が務めた。

ビデオは全編がアメリカハワイでの撮影で、SKE48としては初めての海外ロケとなった。ビデオは、制服を着て学生に扮したメンバーがカヌー部や男の子をナンパするグループなど4つのグループに分かれて、それぞれのストーリーが進行していく構成になっている[5][14]。メンバーが浜辺でダンスするシーンや水着で崖から海に飛び込むシーンもある[15]

カヌーのシーンは実際にカヌーをしている女の子と一緒に講師から指導を受け、時間をかけて本格的に行ったという。また、海に飛び込むシーンはメンバー全員が実際に行っている[14]。当初は5、6人のメンバーだけが海に飛び込む予定だったが、全員飛んだ方が「全員崖からジャンプしました」のフレーズが使える、という事から急遽全員飛ぶこととなった。高いところが苦手な平松可奈子は粘って最後の方に跳んだが、恐怖のあまりおかしな飛び方(カエルの様な飛び方)になってしまい、これはNGで使われないだろうと話していた。しかし、予想に反して使われており、CMにもそのシーンが使われてしまったという[5][7]

また、CDには収録されていないがアニメ版MVが中京テレビのSKE48冠バラエティ番組『SKE48の世界征服女子』で製作・放送された。

「ときめきの足跡」MVの監督は須永秀明横浜市西区の横浜バラクライングリッシュガーデン THE SEASON' Sで撮影された。

「パパは嫌い」MVの監督は中村太洸(KRK PRODUCE)。

メディアでの使用[編集]

「パレオはエメラルド」は、テレビ朝日系バラエティ番組『お願い!ランキング』の2011年7月度エンディング・テーマとして使用されたほか、ASBeeとSKE48のコラボレーションキャンペーン『ASBee×SKE48』の一環で制作されたCM「SUMMER SALE篇」のCMソングとして使用された。

ライブ・パフォーマンス[編集]

既に述べたとおり、単独出演としては初となった「第63回NHK紅白歌合戦」(2012年)の歌唱楽曲として披露された。曲の途中、須田亜香里バレエの回転技「グランフェッテ」、藤本美月がバック転からのバック宙を披露し、最後に出場した62人全員で一列になりラインダンスを揃えた[16][17][18]

シングル収録トラック[編集]

TYPE-A[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「パレオはエメラルド」 秋元康 五戸力 原田ナオ
2. 「ときめきの足跡」(白組) 秋元康 服部マキコ 野中“まさ”雄一
3. 「積み木の時間」 秋元康 田辺恵二 田辺恵二
4. 「パレオはエメラルド(off vocal)」        
5. 「ときめきの足跡(off vocal)」        
6. 「積み木の時間(off vocal)」        
DVD
# タイトル 作詞 作曲・編曲
1. 「「パレオはエメラルド」music video」    
2. 「「ときめきの足跡」music video」    
3. 「特典映像「松井珠理奈の軌跡」documentary movie」    

TYPE-B[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「パレオはエメラルド」 秋元康 五戸力 原田ナオ
2. 「パパは嫌い」(紅組) 秋元康 中村望 池澤聡
3. 「積み木の時間」 秋元康 田辺恵二 田辺恵二
4. 「パレオはエメラルド(off vocal)」        
5. 「パパは嫌い(off vocal)」        
6. 「積み木の時間(off vocal)」        
DVD
# タイトル 作詞 作曲・編曲
1. 「「パレオはエメラルド」music video」    
2. 「「パパは嫌い」music video」    
3. 「特典映像「松井玲奈の軌跡」documentary movie」    

TYPE-C[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「パレオはエメラルド」 秋元康 五戸力 原田ナオ
2. 「花火は終わらない」(セレクション8) 秋元康 すみだしんや 田口智則、稲留春雄
3. 「積み木の時間」 秋元康 田辺恵二 田辺恵二
4. 「パレオはエメラルド(off vocal)」        
5. 「花火は終わらない(off vocal)」        
6. 「積み木の時間(off vocal)」        
DVD
# タイトル 作詞 作曲・編曲
1. 「「パレオはエメラルド」music video」    
2. 「特典映像「SKE48紅白対抗水泳大会」special movie」    

劇場盤[編集]

CD
# タイトル 作詞 作曲 編曲 時間
1. 「パレオはエメラルド」 秋元康 五戸力 原田ナオ
2. 「ときめきの足跡」(白組) 秋元康 服部マキコ 野中“まさ”雄一
3. 「パパは嫌い」(紅組) 秋元康 中村望 池澤聡
4. 「SKE48 6th single medley」        
5. 「パレオはエメラルド(off vocal)」        
6. 「ときめきの足跡(off vocal)」        
7. 「パパは嫌い(off vocal)」        

選抜メンバー[編集]

JKT48によるカバー[編集]

Pareo adalah Emerald – Pareo wa emerald
JKT48シングル
B面 Buah Mawar – Bara no Kajitsu
Apel yang ada di Puncak – Takane no Ringo
Escape
Dibanding Kemarin Semakin Suka – Kinou Yorimo Motto Suki
リリース
規格 マキシシングル
録音 2015年
 インドネシア
レーベル Hits Records
作詞・作曲 秋元康(作詞)
五戸力(作曲)
プロデュース 秋元康
JKT48 シングル 年表
Angin Sedang Berhembus ~ The Wind is Blowing/kaze wa Fuiteru
(2014年)
Pareo adalah Emerald – Pareo wa emerald
(2015年)
Refrain Penuh Harapan - Refrain Full of Hope / Kibouteki Refrain
(2015年)
テンプレートを表示

姉妹グループのJKT48は、この楽曲を「Pareo adalah Emerald – Pareo wa emerald」というタイトルでカバーしている。グループの9作目のシングルとして、2015年3月27日にHits Recordsから発売された[19][20]

歌詞は全編に亘ってインドネシア語に翻訳したもの。楽曲のセンターポジションはメロディー・ヌランダニ・ラクサニ。通常盤には英語でカバーしたバージョンも収録されている。

CDは通常盤、劇場盤、Basic Versionの3形態。特典として、JKT48の2回目の選抜総選挙である「JKT48 10th シングル CD 選抜総選挙 〜みんなが決める、16人選抜メンバー〜 大事なことはみんなで決めよう」のシリアルナンバー付き投票券が封入されている。通常盤では6票分、劇場盤およびBasic Versionでは3票分が封入されている。また、通常盤にはランダムの生写真1枚、劇場盤にはトランプカードと握手券1枚、Basic Versionにはランダムのメンバーステッカー1枚が、それぞれ封入されている[20][21]

カップリングでは他に、SKE48から「Escape」、NMB48から「高嶺の林檎」、AKB48から「バラの果実」「昨日よりもっと好き」の計4曲のカバーが収録されている[21]

シングル収録トラック[編集]

[21]

CD(全タイプ共通、#6は通常盤のみ)
# タイトル 作詞 作曲 編曲
1. 「Pareo adalah Emerald – Pareo wa emerald」 秋元康 五戸力 原田ナオ
2. Buah Mawar – Bara no Kajitsu 秋元康 和泉一弥 佐々木裕
3. Apel yang ada di Puncak – Takane no Ringo 秋元康 田中俊亮 武藤星児
4. Escape 秋元康 井上ヨシマサ 井上ヨシマサ
5. Dibanding Kemarin Semakin Suka – Kinou Yorimo Motto Suki 秋元康 若田部誠 若田部誠
6. 「Pareo is your Emerald (English Version)」 秋元康 五戸力 原田ナオ
DVD(通常盤のみ)
# タイトル 作詞 作曲・編曲
1. 「Pareo adalah Emerald – Pareo wa Emerald Music Video」    
2. 「Pareo adalah Emerald – Pareo wa Emerald Music Video Behind the Scenes」    

選抜メンバー[編集]

  • アンデラ・ユウォノ
  • ジェシカ・フェランダ
  • ジェニファー・ハンナ
  • シャニア・ジュニアナタ
  • シンタ・ナオミ
  • シンディ・ユフィア
  • タリア
  • デフィ・キナル・プトゥリ
  • 仲川遥香
  • ナビラ・ラトナ・アユ・アザリア
  • ベビー・チャエサラ・アナディラ
  • ミシェル・クリスト・クスナディ
  • メロディー・ヌランダニ・ラクサニ
  • ラトゥ・フィエンニ・フィトゥリリア
  • レズキー・ウィランティ・ディク
  • ロナ・アングレアニ

脚注[編集]

  1. ^ a b c Hot Singles Sales 2011/08/08付け」、「Hot 100 2011/08/08付け」、「Hot 100 Airplay 2011/08/08付け」Billboard JAPAN、2014年1月2日閲覧
  2. ^ a b 「オリコン2011年年間ランキング シングル TOP50 1~25位ORICON STYLE(オリコン)、2011年12月19日付、2013年12月31日閲覧
  3. ^ 第63回NHK紅白歌合戦 SKE48歌唱楽曲発表!”. SKE48公式サイト (2012年12月18日). 2013年1月9日閲覧。
  4. ^ a b c SKE48 / パレオはエメラルド(TYPE-A)[CD+DVD]」CDジャーナル、2014年1月2日閲覧
  5. ^ a b c d SKE48『パレオはエメラルド』発売記念インタビュー」、スクランブルエッグ、2011年7月29日、2014年1月2日閲覧
  6. ^ a b 杉岡祐樹(インタビュアー)「SKE48 『パレオはエメラルド』インタビュー」、Billboard JAPAN、2011年、2014年1月2日閲覧
  7. ^ a b c d 西廣智一(文)「[Power Push] SKE48」、ナタリー、2014年1月2日閲覧
  8. ^ 星野彩乃(文)「SKE48『苦手なものからトラウマまで、意外な一面を告白!』」、ORICON STYLE(オリコン)、2011年7月27日、2014年1月2日閲覧
  9. ^ 南波一海(文)「VOICE - magabon interview - No.193 SKE48(アイドルユニット)」、YOMIURI ONLINE(読売新聞)、2011年7月22日付、2014年1月2日閲覧
  10. ^ SKE48、2作連続週間1位獲得に向け初日好スタート”. ORICON STYLE. オリコン (2011年7月27日19:29). 2011年7月28日閲覧。
  11. ^ 【オリコン】SKE48、avex移籍第1弾が首位 AKB関連歌手最高の初週37.9万枚”. ORICON STYLE. オリコン (2011年8月2日04:00). 2011年8月2日08:59閲覧。
  12. ^ 「パレオはエメラルド」SKE48(ORICON STYLE)2013年10月22日閲覧。
  13. ^ 週間CDソフト アルバムランキング TOP20 2011年7月25日 - 7月31日」サウンドスキャンジャパン、2014年1月2日閲覧
  14. ^ a b チケットぴあインタビュー SKE48」、チケットぴあ、2013年12月31日閲覧
  15. ^ SKE48、新曲「パレオはエメラルド」が初日で26.4万枚を売り上げ!」CDジャーナル、2011年7月29日付、2014年1月2日閲覧
  16. ^ “【紅白】SKE48、研究生がバク転&バック宙3連発! 珠理奈「こう、迫力のあるステージに」”. オリコン. (2012年12月31日). http://www.oricon.co.jp/news/movie/2020267/full/?from_todaysnews 2013年5月1日閲覧。 
  17. ^ “初ラツ!SKE、圧巻ラインダンス/紅白”. サンケイスポーツ. (2013年1月1日). オリジナル2013年3月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130325094959/http://www.sanspo.com/geino/news/20130101/akb13010105060001-n1.html 2013年5月1日閲覧。 
  18. ^ “SKE48 11thシングル「チョコの奴隷」リリース記念インタビュー”. zakzak動画(産経新聞社). (2013年). http://www.zakzak.co.jp/prdouga/idol/interview/000025_3.html 2013年5月1日閲覧。 
  19. ^ Pareo adalah Emerald - Pareo wa Emerald」JKT48公式サイト、2015年4月3日閲覧
  20. ^ a b JKT48 10th シングル CD 選抜総選挙」JKT48公式サイト(日本語版)、2015年4月3日閲覧
  21. ^ a b c Pareo adalah Emerald – Pareo is your Emerald / Pareo wa Emerald CD Line up紹介」JKT48公式サイト(日本語版)、2015年4月3日閲覧

参考文献[編集]

  • SKE48「パレオはエメラルド<TYPE-A>」のブックレット、avex trax、2011年 JAN 4988064481279 / AVCD-48127/B
  • SKE48「パレオはエメラルド<TYPE-B>」のブックレット、avex trax、2011年 JAN 4988064481286 / AVCD-48128/B
  • SKE48「パレオはエメラルド<TYPE-C>」のブックレット、avex trax、2011年 JAN 4988064481293 / AVCD-48129/B
  • SKE48「パレオはエメラルド<劇場盤>」のブックレット、avex trax、2011年 JAN 4988064481309 / AVC1-48130

外部リンク[編集]