週末Not yet

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
週末Not yet
Not yetシングル
初出アルバム『already
B面 ひらひら
素直になりたい(Type-A・劇場盤)
笑うがいい(Type-B・劇場盤)
泣きながら微笑んで(Type-C)
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル Future(日本コロムビア)
作詞・作曲 秋元康(作詞)
安部純(作曲)
プロデュース 秋元康
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位オリコン
  • 1位Billboard JAPAN Hot 100
  • 1位(Billboard JAPAN Hot Singles Sales)
  • 2011年3月度月間3位(オリコン)
  • 2011年度上半期9位(オリコン)
  • 2011年度年間22位(オリコン)
  • 登場27回(オリコン)
  • Not yet シングル 年表
    -週末Not yet
    (2011年)
    波乗りかき氷
    (2011年)
    テンプレートを表示

    週末Not yet」(しゅうまつノット・イェット)は、日本の女性アイドルグループAKB48の派生ユニット・Not yetの楽曲。楽曲は秋元康により作詞、安部純により作曲されている。2011年3月16日にユニットのデビューシングルとして日本コロムビア(Futureレーベル)から発売された。

    概要[編集]

    楽曲のシングルCDは3種の通常盤(Type-A、B、C)と劇場盤の計4種類がリリースされた。劇場盤は販路限定盤で、サイト「キャラアニ」を通してリリースされた。通常盤のType-AおよびBにはそれぞれ収録内容の異なるDVDが付属している。通常盤Type-Cには32ページからなる「豪華歌詞カード型写真集」が付属している。このほか特典として、3種の通常盤の初回プレス分にはイベント参加応募券およびコネクティングカード(タイプごとに異なる4種があり、そのうちランダムで1種)、劇場盤には「劇場盤発売記念個別握手会」参加券1枚が封入されている。なお、通常盤Type-Bに収録されるショートフィルム(監督:入江悠[1])に、当時AKB48研究生の伊豆田莉奈・小林茉里奈・川栄李奈・小嶋菜月・名取稚菜・森川彩香・山口菜有が出演している。

    キャッチコピーは、「Not yetの先には、夢がある」。

    楽曲はドラマ『Dr.伊良部一郎』(テレビ朝日日曜ナイトドラマ)の主題歌として使用された。同ドラマの第7話(2011年3月20日放送[注 1])にはメンバーもゲスト出演している[2]

    批評[編集]

    本作についてタワーレコードは、「女の子らしいポップなサウンドと男性目線の歌詞とが不思議と溶け合った、 まさに彼女たちならではの楽曲だ。」と評した[3]

    チャート成績[編集]

    着うたおよびRBT(メロディコール/待ちうた)は2011年2月14日から先行配信が開始され、同年2月15日付のレコチョク着うた週間ランキングで初登場1位を獲得した[4]。2011年3月28日付オリコン週間シングルチャートで初登場1位を獲得。初週売上はAKB48派生ユニットでは最高となる16.0万枚を記録した[2][5]

    シングル収録トラック[編集]

    通常盤Type-A[編集]

    CD
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「週末Not yet」秋元康安部純鈴木大輔齋藤悠弥
    2.「ひらひら」秋元康五戸力野中“まさ”雄一
    3.「素直になりたい」秋元康若田部誠若田部誠
    4.「週末Not yet (off vocal ver.)」    
    5.「ひらひら (off vocal ver.)」    
    6.「素直になりたい (off vocal ver.)」    
    DVD
    #タイトル作詞作曲・編曲
    1.「「週末Not yet」Music Clip(中村太洸 監督 ver.)」  
    2.「それぞれのNot yet「大島優子」(ドキュメント映像)」  
    3.「それぞれのNot yet「横山由依」(ドキュメント映像)」  

    通常盤Type-B[編集]

    CD
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「週末Not yet」秋元康安部純鈴木大輔、齋藤悠弥 
    2.「ひらひら」秋元康五戸力野中“まさ”雄一 
    3.「笑うがいい」秋元康重永亮介ジョーダン1
    4.「週末Not yet (off vocal ver.)」    
    5.「ひらひら (off vocal ver.)」    
    6.「笑うがいい (off vocal ver.)」    
    DVD
    #タイトル作詞作曲・編曲
    1.「「週末Not yet」Music Clip(入江悠 監督 ver.)[1]  
    2.「ショートフィルム」  
    3.「メイキング映像」  
    4.「メンバーインタビュー(大島・北原・指原・横山)」  
    5.「それぞれのNot yet「北原里英」(ドキュメント映像)」  
    6.「それぞれのNot yet「指原莉乃」(ドキュメント映像)」  

    通常盤Type-C[編集]

    CD
    #タイトル作詞作曲編曲時間
    1.「週末Not yet」秋元康安部純鈴木大輔、齋藤悠弥 
    2.「ひらひら」秋元康五戸力野中“まさ”雄一 
    3.「泣きながら微笑んで (Not yet ver.)」秋元康井上ヨシマサ井上ヨシマサ
    4.「週末Not yet (off vocal ver.)」    
    5.「ひらひら (off vocal ver.)」    
    6.「泣きながら微笑んで (off vocal ver.)」    

    劇場盤[編集]

    CD
    #タイトル作詞作曲編曲
    1.「週末Not yet」秋元康安部純鈴木大輔、齋藤悠弥
    2.「ひらひら」秋元康五戸力野中“まさ”雄一
    3.「素直になりたい」秋元康若田部誠若田部誠
    4.「笑うがいい」秋元康重永亮介ジョーダン1
    5.「週末Not yet (off vocal ver.)」   
    6.「ひらひら (off vocal ver.)」   
    7.「素直になりたい (off vocal ver.)」   
    8.「笑うがいい (off vocal ver.)」   

    脚注[編集]

    [ヘルプ]

    注釈[編集]

    1. ^ 当初は3月13日に放送される予定だったが、東日本大震災に関する報道特別番組が入ったため、この日に一週繰り下げとなった[2]

    出典[編集]

    1. ^ a b 週末Not yet 入江悠監督Ver.”. 入江悠 映画(IRIE YU FILM). 2017年10月1日閲覧。
    2. ^ a b c “【コラム】AKB48の新ユニット「Not yet」がテレビドラマ『Dr.伊良部一郎』に登場”. リアルライブ. (2011年4月2日). http://npn.co.jp/article/detail/95824040/ 2017年10月1日閲覧。 
    3. ^ Not yet 『週末Not yet』”. TOWER RECORDS (2011年3月25日12:00). 2011年11月22日22:23閲覧。
    4. ^ “Not yet、デビュー曲がレコチョク1位!”. CDジャーナル. (2011年2月17日). http://www.cdjournal.com/main/news/not-yet/36794 2011年2月21日閲覧。 
    5. ^ “Not yet、デビュー作が首位 AKB48派生ユニット最高の初週16万枚”. ORICON NEWS (オリコン). (2011年3月22日). http://www.oricon.co.jp/news/rankmusic/85860/full/ 2011年3月23日閲覧。 

    外部リンク[編集]