井上ヨシマサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
井上 ヨシマサ
出生名 井上能征(読み同じ)
別名
生誕 (1966-07-18) 1966年7月18日(56歳)
出身地 日本の旗 日本東京都
学歴 聖学院高等学校
ジャンル
職業
担当楽器
活動期間 1979年 -
レーベル
共同作業者

井上 ヨシマサ(いのうえ ヨシマサ、1966年7月18日 - )は、日本作曲家編曲家シンガーソングライター音楽プロデューサー大阪芸術大学演奏学科客員教授東京都出身。

実兄は作曲・編曲家、音楽プロデューサーとして活動している井上日徳[1]

来歴[編集]

生い立ち[編集]

6歳からピアノクラシックを習う。小学4年生の時にビッグバンド(東京ニイニイゼミ・ポップス・オーケストラ)に入団、ジャズの基礎を学ぶ[2]

『コスミック・インベンション』としてデビュー[編集]

1979年、テクノポップバンドコスミック・インベンション』のメンバーとして、本名の井上能征(読み同じ)名義でビクター音楽産業からメジャー・デビュー。アイドル的な楽曲や活動に抵抗を感じ、在籍時から作曲を始める[3]

1980年12月、YMO日本武道館公演のオープニングアクトを務める(豊武能征名義[4])。

1982年、コスミック・インベンション解散。

作曲家としての活動[編集]

1985年、コスミック・インベンションの担当ディレクターが同じ田村充義だった縁で[3]小泉今日子のアルバム『Flapper』に楽曲提供。井上 ヨシマサ名義で作曲家活動を開始。「(当時の)アイドルと同世代の作曲家」として注目を集める。小泉とは1987年のシングル「Smile Again」の作曲、1989年のアルバム『ナツメロ』の編曲、小泉がテレビ番組で「学園天国」を披露する際に野村義男らと共にバックバンドとして出演するなど関わりが深い。

1986年、テレビアニメ『光の伝説』(テレビ朝日)にて伊藤つかさと共に声優を務めた[5]。挿入歌の歌唱も自身が担当した。

1987年、アルバム『JAZZ』をビクター音楽産業から発売。

1988年、荻野目洋子に楽曲提供した「スターダスト・ドリーム」がオリコンチャートの週間シングルチャートで自身初となる1位を獲得。

1990年、マニピュレーターの久保幹一郎と音楽ユニットATOM』を結成。きっかけは音色選び、ミックスダウンに至るまで聞こえる音は全て編曲の一部との解釈からだという。ミキシングからマスタリングまで自分達の手で手掛け、中山美穂光GENJIなどの作品を井上が作曲する[3]。その他にアンナ・バナナとのユニット『RHYTHM Remedyz』(リズム レメディズ)も結成。

1995年、インディーズでミニ・アルバム『SAVE4U』を発表。

2004年、レオパレス21のCM曲「それぞれの夢」を作詞・作曲。初期ヴァージョンは自らが歌唱しており、その後も、郷ひろみMi藤原紀香ジュレップスENAなどがシンガーを務めている。

AKB48に楽曲を提供[編集]

2005年、秋元康から依頼を受け、グループ創設時からAKB48の楽曲の作曲・編曲を担当。同年以降、AKB48の活動に深く関わることになる。「制服が邪魔をする」はAKB48のメジャーデビュー後初のTOP10入り作品となり、2008年10月発売の「大声ダイヤモンド」は初のTOP3入り作品となる。

2009年10月、AKB48に提供した「RIVER」がオリコン週間シングルチャートで1位を獲得。翌年には「Beginner」がミリオンセラーを記録し、2010年度オリコン年間シングル・チャートでも1位を記録した。

『よすす』名義で活動開始[編集]

2012年、それまで公式サイトやブログなどインターネット上で自身の情報を発信する場を設けていなかったが[6]、AKB48や秋元が利用しているGoogle+にアカウントを作成[7]。秋元が名付けた『よすす[注釈 1]名義で、動画の投稿なども行うようになる。翌2013年に公式サイトを設立。

2012年12月30日、AKB48に提供した「真夏のSounds good !」が第54回日本レコード大賞を受賞。

2015年7月、『それぞれの夢〜井上ヨシマサ30周年記念アルバム〜』(キングレコード)および自叙伝『神曲ができるまで』(双葉社)を発表。

2016年6月、1987年に発売した1stアルバム『JAZZ』が復刻。その後生配信アプリに於いて、曲作りや歌入やレコーディングなども披露するようになる。その中の1曲「花占い」は2017年2月発売。SKE48のアルバム『革命の丘』に収められた。

2019年4月、ダンス&ヴォーカルユニット「卒業☆星」プロデュース[8]

2019年4月、大阪芸術大学演奏学科客員教授に就任。

2019年、東京2020 聖火リレー公式BGMを制作[9]

主な作曲・編曲[編集]

あ行[編集]

か行[編集]

さ行[編集]

た行[編集]

な行[編集]

は行[編集]

ま行[編集]

や・ら・わ行[編集]

  • 山口弘美
    • つよがり(作曲、1989年)
  • 山下久美子
    • あの桜の木の下で永遠に(作曲、2004年)
  • YOU
    • 私が最近想うこと(作曲、1995年)
  • ゆうゆ
  • 吉田朋代
    • まぶしい瞳(作曲、編曲:ATOM、1994年)
  • 楽天使
    • 天使たちのシンフォニー(作曲、1989年)
  • 渡辺真知子
    • 哀愁トラベラー(編曲、1988年)
  • 渡辺美奈代
    • 恋愛紅一点(作曲・編曲、1989年)
    • ピチカート・プリンセス(作曲、編曲:ATOM、1990年)
    • Hanakoの結婚(作詞・作曲・編曲、1991年)

CMソング他[編集]

CD[編集]

シングル[編集]

  • 「前ノリ」(2012年11月30日)

アルバム[編集]

  • 『JAZZ』(1987年2月21日、ビクター
    • 収録曲:ブルーボーイに赤いバラ/Saturday Night/ロマンチーク 〜君はフラメンコ〜/赤と金のツイスト/シルヴィーの涙/波に乗ったペーパームーン/悲しきブールバード/オルゴールの枯葉/Slow Dancer/ラブレターは誕生石(エメラルド)で
    • 初のアルバム。全作曲を自身が担当。作詞で川村真澄、編曲で清水信之、演奏に原信夫とシャープスアンドフラッツが参加。
    • 「赤と金のツイスト」は田原俊彦への提供曲「KID」のセルフカバー。「Slow Dancer」は、小泉今日子への提供曲のセルフリメイク版で、小泉が「美夏夜」名義で作詞した楽曲。
  • それぞれの夢〜井上ヨシマサ30周年記念アルバム〜』(2015年7月29日、キングレコード
  • 『宅配Live Music Vol.1』(2017年10月25日、配信限定)

ライブ[編集]

  • ぐぐたす民の集い(2012年4月28日、六本木BeeHive)
  • ぐぐたす民 よすすの前ノリ前夜祭(2012年8月23日、六本木BeeHive)
  • えっ!出しちゃったの!!ぐぐたす民の集いVol.3(2012年11月30日、六本木BeeHive)
  • ぐぐたす民の集いvol.4 「魂売ります」(2013年4月7日、六本木BeeHive)

テレビ出演[編集]

アニメ[編集]

バラエティ[編集]

ドキュメント[編集]

  • 密着! 秋元康 2160時間 〜エンターテインメントは眠らない〜(2013年2月11日、NHK BSプレミアム

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ a b Google+内で秋元が「やすす」と自称することに倣っている。
  2. ^ 田中花乃と共作。
  3. ^ 藤林聖子と共作。
  4. ^ 秋元康との処女作。
  5. ^ 田口俊と共作。
  6. ^ スタッフ選抜1位。

出典[編集]

外部リンク[編集]

参考リンク[編集]