T.W.L/イエローパンジーストリート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
T.W.L/イエローパンジーストリート
関ジャニ∞シングル
初出アルバム『FIGHT
A面 T.W.L
イエローパンジーストリート
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
ロック
時間
レーベル インペリアルレコード
作詞・作曲 北川悠仁(#1)
TAKESHI(#2)
チャート最高順位

T.W.L/イエローパンジーストリート


T.W.L


イエローパンジーストリート

  • Billboard Japan
    • 週間6位(Hot Animation)[9]
    • 週間94位(Hot 100)[8]
関ジャニ∞ シングル 年表
LIFE〜目の前の向こうへ〜
(2010年)
T.W.L./イエローパンジーストリート
(2011年)
マイホーム
(2011年)
テンプレートを表示

T.W.L/イエローパンジーストリート』(ティー ダブリュー エル / イエローパンジーストリート)は、関ジャニ∞の16枚目のシングル2011年4月20日インペリアルレコードから発売された[15][16]

概要[編集]

  • 前作『LIFE〜目の前の向こうへ〜』から約8か月振りのリリース。シングル3か月連続リリース第1弾。
  • ∞SAKAおばちゃんROCK/大阪ロマネスク』以来約5年振りの両A面シングル。
  • CDは初回限定 TVアニメ盤、初回限定 映画盤、通常盤の3形態で発売。
  • 表題曲「T.W.L」は、テレビ朝日系アニメ『クレヨンしんちゃん』のオープニングテーマである[16]
  • 表題曲「イエローパンジーストリート」は、東宝配給劇場アニメ『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦』の主題歌である[16]
    • 自身が映画主題歌を担当するのは2004年のデビュー以来初である[20][注 1]
    • 同映画には、メンバーの村上信五大倉忠義が声優として特別出演した[22]。どちらも声優初挑戦となる[22]
  • 前述のライブツアーのうち、2010年12月19日に開催された東京東京ドーム公演にて、アニメ『クレヨンしんちゃん』のテレビ版と映画版の両主題歌を務めることを発表[23]
    • 同アニメにおいて、テレビアニメ・映画の両主題歌を同一アーティストが同時に担当するのは史上初である[20]
    • 同アニメのプロデューサーは「クレヨンしんちゃんは、テレビで楽しい笑いを全国のお茶の間に届けていますが、映画ではカッコいい一面も垣間見せます。“面白さ”と“カッコよさ”、2つのキャラを同時に表現できるアーティストとして、歌と笑いに精通した関ジャニ∞さんは、『クレヨンしんちゃん』の世界観にピッタリです」と起用理由を明かした[20]
    • 同アニメの歴代OP曲で男性アーティストが歌唱してる楽曲としては、1998年4月24日から2000年3月17日までに使用された「とべとべおねいさん」以来約11年振り2回目であり、男性アーティストが単独で歌唱してる楽曲は初である。
  • 初回限定盤には特典DVDを収録。
    • 初回限定 TVアニメ盤には、表題曲「T.W.L」のミュージック・ビデオとメイキング映像を収録[24]
    • 初回限定 映画盤には、表題曲「イエローパンジーストリート」のミュージック・ビデオとメイキング映像を収録[24]
  • 自身のシングルでカップリングが存在しないシングルは、企画盤であった『GIFT』3作を除き、2021年9月現在、本作と3rdシングル『好きやねん、大阪。/桜援歌(Oh!ENKA)/無限大』の2作のみである。
  • 本作と次作『マイホーム』と『365日家族』のシングル3ヶ月連続リリース合同企画として、『KANJANI∞ [∞(chain)GIFT]』を実施[25]
    • 本作を店頭で購入すると配布された「KANJANI∞ [∞(chain)GIFT] 応募券」にて応募すると、「『T.W.L/イエローパンジーストリート』携帯待ち受けフラッシュ」が2011年6月30日までダウンロード出来た[26]
    • 2011年7月15日 - 31日、前述の3作の合同企画として、「[∞(chain)GIFT] FLASH FOU YOU!」と題した各コンテンツが期間限定で配信された[25]。配信内容は以下の通り(原文ママ)。
1. 約3ヵ月間のカレンダー機能
2. あなただけに贈るメンバーの日替わりコメント
3. 特別な日にはお楽しみ機能あり
4. 電池・電波で変化 など
特典
特典内容 形態
特典DVD(詳細は#特典DVDを参照) 初回限定 TVアニメ盤
特典DVD(詳細は#特典DVDを参照) 初回限定 映画盤
KANJANI∞ [∞(chain)GIFT] 「T.W.L/イエローパンジーストリート」応募券 全形態(初回プレス分)

販売形態[編集]

  • 発売日:2011年4月20日
    • 初回限定 TVアニメ盤(TECI-822:CD+DVD)
    • 初回限定 映画盤(TECI-823:CD+DVD)
    • 通常盤(TECI-824:CD)
      • 「クレヨンしんちゃん×関ジャニ∞」コラボジャケット仕様
  • 発売日:2015年7月1日
  • 発売日:2019年7月12日
    • 通常盤:十五催ハッピープライス盤(JSNC-1516:CD)
      • 自身の配信アプリ『関ジャニ∞アプリ』対応のため、15%オフでの再発売。

チャート成績[編集]

シングルチャート順位[編集]

  • オリコンチャート
    • 初日8.4万枚を売り上げ2011年4月19日付の「オリコンデイリー CDシングルランキング」で初登場1位を獲得した[1]
    • 初週20.1万枚を売り上げ、2011年5月2日付の「オリコン週間 CDシングルランキング」で週間1位を獲得した[2]
      • 3作連続、通算11作目のシングル1位となった。
    • 累計227,754枚を売り上げ、2011年4月度「オリコン月間 CDシングルランキング」で月間1位を獲得した[3]
      • シングル・アルバムを通して、月間チャート1位獲得は自身初である。
    • 累計252,634枚を売り上げ、2011年度「オリコン上半期 CDシングルランキング」で上半期7位を獲得した[4]
    • 累計257,932枚を売り上げ、2011年度「オリコン年間 CDシングルランキング」で年間19位を獲得した[5]
  • Billboard JAPAN

各曲チャート順位[編集]

  • Billboard JAPAN
    • 2011年4月27日公開の「Billboard Japan Hot 100」で「T.W.L」が週間1位、「イエローパンジーストリート」が週間94位を獲得した[8]
    • 同日公開の「Billboard Japan Hot Animation」で「T.W.L」が週間1位、「イエローパンジーストリート」が週間6位を獲得した[9]
      • 「T.W.L」は、翌5月4日[10]、5月11日公開の同チャートでも1位を獲得した[11]
      • 3週連続チャート1位獲得は自身初である。
    • 2011年度「Billboard Japan Hot Animation of the Year 2011」で「T.W.L」が年間1位を獲得した[12]
      • 自身の楽曲が年間チャートの1位獲得は初である。
    • 2011年度「Billboard Japan Hot 100 Year End」で「T.W.L」が年間31位を獲得した[14]
    • 関ジャニ∞は、同年の「Billboard Japan Hot 100」の年間チャートに同曲を含む計4曲がチャートインし、AKB48と並び、同年度最多楽曲をチャートインさせたアーティストとなった[13]

収録曲[編集]

CD[編集]

通常盤・初回限定TVアニメ盤[編集]

※(オリジナル・カラオケ)は通常盤のみ収録。

  1. T.W.L - [4:15]
    作詞・作曲:北川悠仁
    編曲:野間康介
  2. イエローパンジーストリート - [4:51]
    作詞・作曲:TAKESHI
    編曲:久米康隆、TAKESHI
    ブラスアレンジ:YOKAN
    • 東宝配給劇場アニメ『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ黄金のスパイ大作戦』主題歌[16]
    • 楽曲を制作したTAKESHIによれば「イエローパンジーストリート (Yellow Pansy Street)」の最初の文字をとって逆から読むと、映画の題材である「スパイ(SPY)」となっている[28]。またシングルのジャケットでは『T.W.L』と合わせて『Y.P.S』となっておりこちらも「スパイ」と読めるようになっている。
  3. T.W.L(オリジナル・カラオケ)
  4. イエローパンジーストリート(オリジナル・カラオケ)

初回限定映画盤[編集]

  1. イエローパンジーストリート
  2. T.W.L

DVD[編集]

初回限定TVアニメ盤[編集]

  1. T.W.L」Music Clip + メイキング映像

初回限定映画盤[編集]

  1. イエローパンジーストリート」Music Clip + メイキング映像

楽曲提供者[編集]

収録作品[編集]

アルバム[編集]

T.W.L
  • 5thアルバム『FIGHT
※アルバムバージョンを収録。
  • 1stベストアルバム『8EST
※上述のアルバムバージョンを収録。
  • 2ndベストアルバム『GR8EST』(201∞限定盤 特典CD)
※メドレーの1曲として収録。
イエローパンジーストリート
  • 5thアルバム『FIGHT』
  • 1stベストアルバム『8EST』

映像作品[編集]

T.W.L
イエローパンジーストリート
  • 11thライブDVD/Blu-ray『十祭

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 主題歌としては初だが、映画関連のタイアップとしては、2005年に自身の楽曲「無限大」が20世紀フォックス配給劇場アニメ『ロボッツ』の日本版応援ソングとして起用されたことはある[21]
  2. ^ 2015年5月17日放送の、テレビ朝日系『関ジャム 完全燃SHOW』で楽曲を提供したゆずとセッションした際、間奏のパートは当時メンバーだった渋谷すばるブルースハープを演奏した。

出典[編集]

  1. ^ a b “関ジャニ∞、ニューシングルが初登場首位で好スタート”. ORICON NEWS. (2011年4月20日). https://www.oricon.co.jp/news/86878/full/ 2021年9月12日閲覧。 
  2. ^ a b “関ジャニ∞、『クレしん』W主題歌で3作連続首位”. ORICON NEWS. (2011年4月26日). https://www.oricon.co.jp/news/87037/full/ 2021年9月12日閲覧。 
  3. ^ a b シングル月間ランキング”. ORICON STYLE (2011年5月). 2011年5月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月12日閲覧。
  4. ^ a b “上半期ランキング特集『AKB48がミリオン達成!上半期の話題作をランキングで発表!』”. ORICON STYLE. (2011年6月22日). オリジナルの2011年1月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20111222143736/http://www.oricon.co.jp/music/special/2011/musicrank0622/index01.html#topphoto 2021年10月25日閲覧。 
  5. ^ a b “年間ランキング特集『AKB48が5作ミリオン突破の快挙!2011年オリコン年間CD&DVDランキングを大発表!』”. ORICON STYLE. (2011年12月19日). オリジナルの2011年1月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120107195732/http://www.oricon.co.jp/music/special/2011/musicrank1219/index01.html#topphoto 2021年10月25日閲覧。 
  6. ^ a b Billboard Japan Top Singles Sales”. Billboard JAPAN (2011年4月27日). 2021年9月12日閲覧。
  7. ^ a b Billboard Japan Top Singles Sales Year End”. Billboard JAPAN (2011年). 2021年10月25日閲覧。
  8. ^ a b c Billboard Japan Hot 100”. Billboard JAPAN (2011年4月27日). 2021年9月12日閲覧。
  9. ^ a b c Billboard Japan Hot Animation”. Billboard JAPAN (2011年4月27日). 2021年9月12日閲覧。
  10. ^ a b Billboard Japan Hot Animation”. Billboard JAPAN (2011年5月4日). 2021年9月12日閲覧。
  11. ^ a b Billboard Japan Hot Animation”. Billboard JAPAN (2011年5月11日). 2021年9月12日閲覧。
  12. ^ a b Billboard Japan Hot Animation Year End”. Billboard JAPAN (2011年). 2021年9月12日閲覧。
  13. ^ a b “AKB48、JAPAN HOT 100年間チャート堂々の1位”. BARKS. (2011年12月11日). https://www.barks.jp/news/?id=1000075495 2021年9月12日閲覧。 
  14. ^ a b Billboard Japan Hot 100 Year End”. Billboard JAPAN (2011年). 2021年10月25日閲覧。
  15. ^ “関ジャニ∞、ニューシングルを3ヶ月連続リリース”. ORICON NEWS. (2011年3月24日). https://www.oricon.co.jp/news/85955/full/ 2021年9月12日閲覧。 
  16. ^ a b c d e “関ジャニ∞が3カ月連続シングル、第1弾はクレしん主題歌”. 音楽ナタリー. (2011年3月24日). https://natalie.mu/music/news/46715 2021年9月12日閲覧。 
  17. ^ a b “子供たちの言葉にならないうっぷん、『クレしん』映画で放出するゾ”. ORICON NEWS. (2011年4月15日). https://www.oricon.co.jp/news/86689/full/ 2021年9月12日閲覧。 
  18. ^ a b “関ジャニ∞の『クレしん』新主題歌、ゆず・悠仁が初楽曲提供”. ORICON NEWS. (2011年1月28日). https://www.oricon.co.jp/news/84295/full/ 2021年9月12日閲覧。 
  19. ^ “関ジャニ、来年結成8周年「突っ走ります」…年末ライブに4万5000人”. スポーツ報知. (2011年1月1日). オリジナルの2011年1月19日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110119171925/http://hochi.yomiuri.co.jp/feature/entertainment/johnnys/news/20101231-OHT1T00178.htm 2021年9月12日閲覧。 
  20. ^ a b c “関ジャニ∞、『クレしん』TVアニメ&映画主題歌W決定”. ORICON NEWS. (2010年12月20日). https://www.oricon.co.jp/news/83193/full/ 2021年9月12日閲覧。 
  21. ^ “SMAP剛と関ジャニ“初共演”「ロボッツ」で吹き替え”. SANSPO.COM. (2005年7月1日). オリジナルの2005年7月3日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050703022401/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200506/gt2005070107.html 2021年9月12日閲覧。 
  22. ^ a b “関ジャニ∞・村上信五と大倉忠義が声優に初挑戦だゾ”. ORICON NEWS. (2011年3月5日). https://www.oricon.co.jp/news/85464/full/ 2021年9月12日閲覧。 
  23. ^ “関ジャニ∞、「クレしん」TVアニメ&映画主題歌を担当”. 音楽ナタリー. (2010年12月20日). https://natalie.mu/music/news/42347 2021年9月12日閲覧。 
  24. ^ a b T.W.L / イエローパンジーストリート”. 関ジャニ∞ / IMPERIAL RECORDS. テイチクエンタテインメント (2011年). 2021年9月12日閲覧。
  25. ^ a b シングル3ヶ月連続リリース合同企画 "KANJANI∞ [∞(chain) GIFT]" 情報”. 関ジャニ∞ / IMPERIAL RECORDS. テイチクエンタテインメント (2011年7月7日). 2011年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月15日閲覧。
  26. ^ 「T.W.L/イエローパンジーストリート」購入特典情報を掲載しました。”. 関ジャニ∞ / IMPERIAL RECORDS. テイチクエンタテインメント (2011年4月12日). 2011年7月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年9月15日閲覧。
  27. ^ “【エンタがビタミン♪】「ゆずっことエイターがひとつに」。ゆず『T.W.Lのタオル振り付け』が関ジャニ∞ファンでも話題。”. Techinsight. (2012年5月28日). https://japan.techinsight.jp/2012/05/yuzu-kanjyani8-twl20120528.html 2021年9月12日閲覧。 
  28. ^ Y.P.S”. TAKESHI BLOG ~DREAM BOOSTER~. Ameba (2011年4月20日). 2021年9月12日閲覧。

外部リンク[編集]

Template:Navbox #invoke:navbox/former

#invoke:navbox/former Template:リダイレクトの所属カテゴリ