クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クレヨンしんちゃん
嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲
監督 原恵一
脚本 原恵一
原作 臼井儀人
製作 プロデューサー
山川順市
和田やすし
福吉健
音楽 荒川敏行
浜口史郎
撮影 梅田俊之
編集 岡安肇
製作会社 シンエイ動画
ASATSU
テレビ朝日
配給 東宝
公開 2001年4月21日
上映時間 89分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 15億円
前作 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル
次作 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦
テンプレートを表示

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ! オトナ帝国の逆襲』(クレヨンしんちゃん あらしをよぶ モーレツ オトナていこくのぎゃくしゅう)は、2001年4月21日に公開された『クレヨンしんちゃん』の劇場映画シリーズの9作目。上映時間は89分。興行収入は約15億円。

キャッチコピーは「未来はオラが守るゾ」。

概要[編集]

本作では20世紀、特に昭和30~40年代の高度成長期を懐古するコンテンツやギミックが多用されている。そのため、本来のクレヨンしんちゃんの視聴者層である子どもだけでなく、むしろ子どもの親に向けられた作品であるとも言える。本作のDVDのCMには俳優の阿部寛が起用され、大人の鑑賞にも堪え得る感動作であることを強調した。

本作にはテレビシリーズで原型となった回があり、監督の原は「これだけで満足すると思ったら、中途半端に、自分の中に火がついてしまって、我慢できずに映画のネタにまでしてしまった」[1]と語っている。また、その回のタイトルを忘れてしまったうえ、未ソフト化であるため、「誰か録画していたら僕に観せて欲しい」とも話している。原型となった回の内容は「懐かしのアトラクションが出来て、みんなで行くという話」で、1999年9月10日放送の「母ちゃんと父ちゃんの過去だゾ」である。

しんのすけ役の矢島晶子は2005年の原恵一との対談で本作を劇場版の中で「一番好き」であると断言しており、本作および次回作である『戦国大合戦』の2作は別格で、「これからどうなるかわからないですけど、今のところ、あの2本を超えるのはかなり難しいだろうと思う」と語っている[2]

本作は『クレヨンしんちゃん』15周年記念事業の一環として2006年9月29日にテレビでも放送されている。2009年12月18日にも来年度映画『クレヨンしんちゃん 超時空!嵐を呼ぶオラの花嫁』の宣伝として放映されている。また、NHKBSアニメ夜話第3弾(2005年3月29日放送分)では本作が取り上げられた。

ラストにしんのすけが必死に階段を駆け上がるシーンがあるが、これはテレビ朝日の太田賢司プロデューサーの「敵とは戦わずに、しんちゃんが階段を駆け上がるみたいなのが良いのでは」とのアイディアを取り入れたものである。原は「テレビ局の方がそういった冒険的な判断をしてくれてうれしかった。そしてあのシーンは音楽の面の功績も非常に大きい」と感謝の旨を発言している。

ゲストとして小堺一機関根勤が1シーン出演し、本人役で持ちネタを披露している。この出演は、関根が娘・関根麻里と一緒に映画版を見に行くほどのファンであったことと、原作者の臼井儀人TBSラジオコサキンDEワァオ!』のヘビーリスナーであったことが縁である。また、原作者の番組出演の際、撮影に使われたセル画が送られている。 なお、本作はセル画フィルムを用いて製作された最後の『クレヨンしんちゃん』映画であり、次回作以降はデジタル彩色が導入されている。

作品内の昭和30~40年代コンテンツ[編集]

あらすじ[編集]

かつて大人たちが体験した昔懐かしい暮らしが再現された「20世紀」というテーマパークが日本各地で開催されていた。毎日付き合わされ、いい加減辟易しているしんのすけら子どもたちを尻目に、ひろしやみさえら大人たちは、懐かしさに浸って20世紀博を満喫する。街中でも旧車レコード白黒テレビといった昔懐かしいものが売れるようになり、帰宅しても大人たちは昔の懐かしい特撮番組やアニメ番組のビデオに取り憑かれたかのように夢中になる。ある晩、テレビで『20世紀博』から「明日、お迎えにあがります」という放送があり、これを見た大人たちは突然人が変わったようになり、すぐさま眠りについてしまった。

翌朝、町中の大人たちに異変が起こっていた。大人たちは家事や仕事も忘れて遊びほうけ、まるで子どものようになってしまっていた。しんのすけはいつまでも幼稚園バスが迎えに来ないため自力で幼稚園に行くが、よしなが先生を初めとする幼稚園の先生たちも同様に子どものように缶蹴りをして遊んでいた。そしてしばらくすると、街中に沢山のオート三輪(ダイハツ・ミゼットダイハツ・CO型)が「証城寺の狸囃子」の曲を流しながら現れ、それを見聞きしたひろしやみさえを含む大人たちは皆それに乗り込み、子どもたちを置き去りにしてどこかへ走り去ってしまう。これはケンをリーダーとする秘密結社「イエスタデイ・ワンスモア[4]による、大人を子どもに戻して「古き良き昭和」を再現し、未来を放棄するという、恐るべき計画の始まりだった。

しんのすけ、かざまくん、ネネちゃん、マサオくん、ボーちゃんら子どもたちが大人たちに置き去りにされてしまったその日の夜、子どもたちに投降を促すケンのメッセージがラジオから流れる。「20世紀博からの迎えの車に乗れば親に会わせてやるが、来なかった子供は反乱分子とみなし、翌朝8時に一斉に捕える」という。だが親に会わせるというのは嘘で、実際には子どもを隔離して「再教育」を施し、大人と同じように洗脳してしまおうとしていた。その計画を悟ったしんのすけたちはデパートに身を隠して夜を明かすことになったが、しんのすけが目覚しを8時に設定してしまったために逃げる時間をなくしてしまい、子どもたちを捕まえに来たイエスタデイ・ワンスモアの隊員や洗脳されたひろしたちに見つかり追われる事になってしまう。しかし逃げ場をなくし、駐車場でふたば幼稚園の園バスを見つけたしんのすけたちは一旦そこに隠れる。そこで大人たちに見つかる前にバスを運転してデパートを脱出する。追手とカーチェイスを展開しているうちに、しんのすけたちはこのままだとバスが20世紀博の会場にたどり着いてしまうことに気付く。しかし、しんのすけたちは各々の両親に会おうと20世紀博に乗り込む。

果たしてしんのすけたちは、両親を救い、自分たちの未来を守ることが出来るのだろうか。

ゲストキャラクター[編集]

『クレヨンしんちゃん』のレギュラーメンバーについては省略する。

クレヨンしんちゃんの登場人物一覧および個別記事を参照。

ケン
イエスタディ・ワンスモアのリーダー。愛車トヨタ・2000GTを「俺の魂」と呼ぶ。
「汚い金」や「燃えないゴミ」ばかりがあふれる21世紀日本を憂いており、まだ人々が「心」を持って生きていた20世紀への逆戻りを企てる。大人たちの懐古心を原動力とした計画の最終段階において、野原一家の奮闘を視聴した大人たちの懐古心の収まりにより計画を進めることができなくなり、「未来を返す」と敗北を認めた後、大人たちを解放する。
解放後、タワーの大展望台の屋上からチャコと共に飛び降り自殺を図ったが、しんのすけの叫び[5]と偶然足元に位置していた巣を守ろうとした親の抵抗で機を逸してしまう。そしてチャコを労わりつつどこかへ去っていった。
チャコ
ケンの恋人。ケンに共感している。
感情が乏しい女性だが、物語の終盤ひろしにスカートを覗かれた際には僅かな間ながら怒りを表し、さらには計画断念後に飛び降りの機を逸した際に「死にたくない」と本心を発露した。

放映以降、この両名の消息は不明だがTVアニメにおける12番目のエンディングテーマ『全体的に大好きです。』のイラストには過去の映画に登場したキャラクターたちが存在し、町はずれのアパートに二人で暮らしている様子が描かれている。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

原画[編集]

末吉裕一郎 大塚正実 高倉佳彦 佐藤雅弘 星野守
和泉絹子 尾鷲英俊 林静香 松山正彦 鈴木大司
吉田忠勝 篠原真紀子 松下佳弘 松本朋之 大久保修
清水健一 重頭巌 角張仁美
原勝徳 間々田益男
京都アニメーション木上益治 高橋博行
アニメーションDo/米田光良 上宇都辰夫 上野真理子
じゃんぐるじむ三浦貴弘 山口保則 長谷川哲也 鎌田祐輔
手塚プロダクション/吉村昌輝 内田裕 三浦厚也 片山みゆき 細居美恵子 中川航

主題歌[編集]

オープニングテーマには『オラはにんきもの』のカバー曲である『オラたちはにんきもの』(歌:さっちゃん&しんちゃん〈矢島晶子〉)が使用される予定だったが中止された[6]。この曲は同作主題歌『元気でいてね』のCDのカップリングに収録されている(DVDの映像特典には『オラたちはにんきもの』と『元気でいてね』の2パターンのTVスポットが収録されている)。

受賞歴[編集]

  • 第三十三回星雲賞メディア部門参考候補作選出。
  • 第23回ヨコハマ映画祭日本映画ベストテン第8位。
  • キネマ旬報オールタイムベスト・テン アニメーション部門7位。
  • 日本のメディア芸術100選アニメ部門選出。
  • 日本オタク大賞2001オタク大賞受賞。
  • 雑誌映画秘宝』が毎年選定している映画ベスト10において、2001年度にアニメーション枠ではなくすべての洋・邦画を含めた中で初めて1位に輝いた邦画である。同誌ベスト10で1位に選出された邦画は、2014年現在、本作以外存在しない。

VHS・DVD[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://www.cinematoday.jp/page/N0041160 2014年5月14日閲覧。
  2. ^ 浜野保樹・原恵一編『アニメーション監督 原恵一』晶文社、2005年、p.165。
  3. ^ 湯浅政明、原勝徳などが手掛けていた人目をはばかる装飾と濃いキャラクター性を持つ(いわゆる「イロモノ」的な)人物ではない点、(自身では)銃撃や格闘などを用いずに理知的にしんのすけ達と戦い追い詰めた点でも、今までの大ボスキャラクターとは一線を画していた。
  4. ^ 「昨日よもう一度」の意味で、昨日とはつまり20世紀を示している。元はカーペンターズのヒット曲のタイトル。
  5. ^ しんのすけは、飛び降り自殺と理解しておらず、ケンとチャコが二人だけで「バンバンジージャンプ(バンジージャンプの言い間違い)」を楽しもうとしていたと誤解し、そのことに対して「ズルいぞ!」と叫んでいた。
  6. ^ 曲の使用が見送られた理由については不明。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]