Dejavu (倖田來未のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Dejavu
倖田來未スタジオ・アルバム
リリース
録音 2010年 - 2011年
日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間
レーベル rhythm zone
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2011年3月度月間4位(オリコン)
  • 2011年度上半期16位(オリコン)
  • 2011年度年間29位(オリコン)
  • 登場回数24回(オリコン)
倖田來未 アルバム 年表
ETERNITY〜Love & Songs〜
(2010年)
Dejavu
(2011年)
KODA KUMI DRIVING HIT'S 3
(2011年)
『Dejavu』収録のシングル
  1. Gossip Candy
    リリース: 2010年7月7日
  2. 好きで、好きで、好きで。/あなただけが
    リリース: 2010年9月22日
  3. POP DIVA
    リリース: 2011年2月2日
テンプレートを表示

Dejavu』(デジャヴ)は、日本歌手倖田來未の9枚目のオリジナルアルバム2011年3月2日rhythm zoneから発売。

解説[編集]

前作『UNIVERSE』から約1年ぶりとなるオリジナルアルバム。「CD+2DVD」の初回限定生産盤、通常盤として「CD+DVD」「CDのみ」の合計3形態でのリリース。

本作のコンセプト・テーマは、“正夢”。「デジャヴには、正夢っていうイメージがあると思うけど、フランス語のことわざで〈Tu as dejavu〉(英語だとYou have seen)っていうと、〈前にも同じような辛いことがあったけど、いままでも乗り越えてきたでしょう〉」という意味が込められている。「この10年間でたくさんの辛い経験を乗り越えてきた私自身の心にもすごく響き、頭のなかには次のツアーのイメージもあって。前にも見たことがあるような気がするけど、初めて見たような感じもする。まさに、正夢を実現したような幻想的な空間のなかで、いままでに見ていた倖田來未とは違う倖田來未を感じて欲しい」と語っている[1]

「Passing By」にはゲストボーカルとしてB. Howardが参加している[注 1]

DVD1にはMUSIC VIDEOと「Dream Music Park」の前半、DVD2には「Dream Music Park」の後半が収録されている。

DVD1に収録されているMV「め組のひと」「BE MY BABY」は「ETERNITY〜Love & Songs〜」に収録されているものである。(両者ともアレンジが微妙に異なっている)。

両DVDに収録されている「Dream Music Park」の一部はライブツアー「UNIVERSE」と一部の演出が同じである。なお、「CD+2DVD」の初回限定生産盤のジャケットは今作発表時のアーティスト写真のものと同じである。

批評[編集]

専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
WHAT's IN?肯定[2]
hotexpress肯定[3]
 リッスンジャパン肯定[4]
エキサイトミュージック肯定[5]

WHAT's IN?』の柳沢幹夫は、「脳内を駆け巡る15通りのメイクにファッション。代替なきポップ・アイコンの真骨頂。狂躁のリフレインに覚醒させられるM2、ミニマルなリズムがクールなM3など、ジリジリと迫りくるクラブ・トラックがある一方、聖歌のように心洗われるM6やM13が聴けるなど、今回も多彩な引き出しを魅せつける。リラックスしたシャッフルM14の終幕、素の微笑みが聴こえるのも感動的だ。」と批評した[2]。『hotexpress』の平賀哲雄は、「音楽への敬意を強く表しながら最高のエンターテインメントも創造する。人生の酸いも甘いも知る倖田來未らしい、真っ当で痛快なアルバム」と批評した[3]。『リッスンジャパン』は、「Okay」「AT THE WEEKEND」「Hey baby!」「I Don't Love You !??」などエレクトロ路線を踏襲した作品が多いが、「逢いたくて」などメローなR&Bナンバー、そして力の入ったスキットも収録されており、「通して聴いた時に飽きない工夫が凝らされたアルバム」になっているとコメントした[4]。『エキサイトミュージック』の永堀アツオは、「全体に明確な一本の芯が通っている」とコメントした[5]

収録内容[編集]

CD[編集]

  1. Prologue to Dejavu
    • 作詞:Kumi Koda / 作曲:lil' showy
    「あなたたちをデジャヴの世界へ招待するわ…」という妖し気なトーンの誘い文句とともに、夢の世界の入り口が開くオープニング。「ファンシーなお伽の国というよりは、シングル『POP DIVA』のカップリングに収録された「BLACK CANDY」を製造しているダークなキャンディ工場」を想起する内容[6]。次曲「POP DIVA」のイントロ部分が若干流れ、そのまま繋がっている。 
  2. POP DIVA
    • 作詞・作曲:lil' showy 
    49thシングル。
    アルバム先行シングル。
    第一興商「LIVE DAM LIVE」CMソング
    music.jp TV-CFソング
    エレクトロを導入した最新系のダンスチューン。「洋楽テイストなのにキャッチーで、私がやりたい音楽が詰まった曲」を意識し、「今後の活動の軸にもなりえるナンバー」と語っている。MVは “自分が欲しいものはリスクを背負ってでも手に入れる女性像” を描いている[6]
  3. Lollipop
    • 作詞:Kumi Koda, Ian Curnow, Julie Morrision, Jane Vaughan / 作曲:Ian Curnow, Julie Morrision, Jane Vaughan
    47thシングル「Gossip Candy」収録曲。
    セブンネットショッピング TV-CMソング
    music.jp TV-CFソング
    ソニー・エリクソン×MTV「Transform Your Xperia™」CMソング
    優雅な休日を過ごす彼女の朝の風景を切り取ったクールなダンスナンバー。内容は「本格的なHIP HOP系のサウンドで、歌詞はエロティックで女性上位」という久々に倖田來未らしい世界観を存分に発揮した楽曲[6]。MVは “夏らしい海をバックに激しく踊った完全に女性上位の世界観” を描いており、自身初の乗馬シーンにも挑戦している[6]
  4. Okay
    • 作詞:Kumi Koda, HIRO / 作曲:HIRO
    メランコリックなメロディラインがせつなさを際立てる、デジタルサウンドで彩られたR&Bナンバー。情感豊かな歌声でゆったりと歌うスロウナンバーに彼女のシンガーとしての成長が伺い知れる。歌詞は、「分かった、分かった」と彼女をなだめようとする倦怠期のカップルを描いている[6]
  5. 逢いたくて
    • 作詞:Kumi Koda / 作曲・編曲:Noritaka Izumi / ストリングスアレンジ:Udai Shika
    Kracieいち髪」TV-CFソング
    ハートウォーミングなオルガンとストリングスに、R&Bマナーの打ち込みやクラップが絡む、ラブバラード。控えめなファイクや言葉にならない語尾の余韻に、彼女のヴォーカリストとしての表現力の豊かさを表現している[6]
  6. Passing By
    • 作詞:Kumi Koda, B. Howard / 作曲:B. Howard, J. Forster, T. Wilds 
    Ne-Yoやクリス・ブラウンのプロデュースを手がけ、自身もシンガーソングライターとして精力的な活動をしているB・ハワードによるコラボ曲。本国アメリカで “プリンス・オブ・R&Bポップ”と呼ばれる彼と “ポップ・ディーバ” によるデュエットは、メロディ・オリエンテッドな極上のR&Bナンバー[6]
  7. AT THE WEEKEND
    • 作詞:Kumi Koda, Nathan Duvall, Hiten Bharadia, Allan Eshuijs / 作曲:Nathan Duvall, Hiten Bharadia, Allan Eshuijs
    トランス、エレクトロニカ、R&B、ヒップホップ、ロックが内包された、重めのビートが黒光りするダンスナンバー[6]
  8. Interlude to Dejavu
    • 作詞:Kumi Koda, lil' showy / 作曲:lil' showy
    最新系ダンスチューンから、誰もが歌えるポップソングの世界へと移動する、橋渡しの役割を担うインタールード[6]
  9. Melting
    そごう・西武「冬市」CMソング
    タイトルからも連想できるように、チョコのように解け合う幸せなカップルを描いた、明るいラブソングとなっているポップ・ナンバー[6]。次曲の「Hey baby!」へ繋がっている。
  10. Hey baby!
    テレビ朝日系アニメ『クレヨンしんちゃん』12代目オープニングテーマ
    ダンスポップナンバーで、オープニング映像用にカットされていた部分もフルで収録したアルバムバージョンとなっている。本人曰く、「子供向けのアニメではあるけれども、子供は子供なりに、大人になりたいっていう気持ちがある。草食系男子を好きになって、あなたを食べちゃいたいっていうラブソングにしよう」「あれも欲しい、これも欲しいっていうのはもう昔の話。私だって恋をする年になったんだから子供扱いしないでよ」というイメージで制作された[6]
  11. ちょい足しLife
    • 作詞:Kumi Koda / 作曲:Hideya Nakazaki / 編曲:Yoshimasa Kawabata
    テレビ朝日系 お願い!ランキング「ちょい足しクッキング」応援ソング
    上述の番組への出演がきっかけとなって誕生した、疾走感あふれるシャイニーでカラフルなポップナンバー[6]
  12. あなただけが
    • 作詞:Kumi Koda / 作曲:MARKIE, SiZK from ★STAR GUiTAR / 編曲:SiZK from ★STAR GUiTAR
    48thシングル。
    NHK ドラマ10セカンドバージン」主題歌
    アーバンR&B寄りの上質な仕上がりのアダルティーなバラード。ドラマ同様、“年上の女性と年下の男性の不倫” をテーマとして制作し、「すれ違いばかりで切ない恋を表現できればいい」と綴っている[6]
  13. 好きで、好きで、好きで。
    • 作詞:Kumi Koda / 作曲:Katsuhiko Sugiyama / 編曲:Shinjiroh Inoue / ストリングスアレンジ:Chika Ishigaki
    48thシングル。
    Kracie「いち髪」TV-CFソング
    music.jp TV-CFソング
    一途に人を愛する、純粋な「好き」という気持ちをストレートに歌い上げたピアノを基調に、ストリングスがドラマチックに盛り立てる王道のバラード[6]
  14. Bambi
    • 作詞:Kumi Koda, Miriam Nervo, Olivia Nervo, Anders Bagge, Andreas Carlsson / 作曲・編曲:Miriam Nervo, Olivia Nervo, Anders Bagge, Andreas Carlsson
    セブンネットショッピング TV-CMソング
    打ち込みとバンドサウンド、コーラスで構築されたチャーミングなポップソング。ガールズトークの中心にいる普段の倖田來未が垣間見える内容となっている[6]。詞と曲のテイストは「恋のつぼみ」の大人バージョンか進化系ムード風に表現をしている。
  15. I Don’t Love You !??
    • 作詞:Kumi Koda / 作曲:FAST LANE (SONISTA), Shinji Moroi (SONISTA) / 編曲:Shinji Moroi (SONISTA) 
    シンセの音色と四つ打ちのビートで、いまの空気に似合うエッジを融合したポップソング[6]。「“NO NO” というキャッチーなサビはライヴで言うなら、みんなで合唱しながら手拍子もできるのポジション」。作詞のインスピレーションは、彼女のバックダンサーの体験談によるもの[6]

DVD1[編集]

  1. POP DIVA
  2. Lollipop
  3. め組のひと
  4. BE MY BABY
  5. Bambi
  6. Passing By
  7. 好きで、好きで、好きで。
  8. あなただけが
  9. walk 〜to the future〜


  • LIVE DVD 「Dream music park」 前編(初回限定生産盤のみ)
  1. Outside Fishbowl
  2. Lady Go!
  3. Butterfly
  4. Driving
  5. real Emotion
  6. Hot Stuff feat.Blistah
  7. Lollipop
  8. Dance Part
  9. Run For Your Life
  10. BUT
  11. With your smile
  12. Lick me♥
  13. SUPERSTAR
  14. 恋のつぼみ
  15. stay

DVD2 (初回限定生産盤のみ)[編集]

  • LIVE DVD 「Dream music park」 後編
  1. 愛のことば
  2. Someday
  3. You' re So Beautiful
  4. I' ll be there
  5. Once Again
  6. Dance Part
  7. Moon Crying
  8. 愛のうた
  9. Got To Be Real
  10. Dance Part
  11. ECSTASY remix
  12. UNIVERSE
  13. No Way
  14. you
  15. Can We Go Back
  16. FREAKY
  17. Work It Out!
  18. 走れ
  19. girls
  20. Single Medley(Shake It Up~Cherry Girl~D.D.D.~It's all Love!~WIND remix~COME WITH ME)
  21. キューティーハニー
  22. Comes Up
  23. walk

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 倖田來未、新アルバム『Dejavu』初回盤は横浜スタジアム公演DVD付き”. TOWER RECORDS (2011年1月18日). 2019年6月7日閲覧。
  2. ^ a b 柳沢幹夫 (2011年2月). “Dejavu” (日本語). WHAT's IN?. ソニー・マガジンズ. 2011年2月17日閲覧。
  3. ^ a b 平賀哲雄 (2011年3月). “Dejavu” (日本語). hotexpress. 2011年3月3日閲覧。
  4. ^ a b Dejavu” (日本語). リッスンジャパン (2011年3月). 2011年3月3日閲覧。
  5. ^ a b 永堀アツオ (2011年3月). “「いままでに見ていた倖田來未とは違う倖田來未を感じて欲しい」” (日本語). レビュー. エキサイトミュージック. 2011年3月3日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 倖田來未『Dejavu』各曲解説”. エキサイトミュージック (2011年3月1日). 2019年6月7日閲覧。