flower (倖田來未の曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
flower
倖田來未シングル
初出アルバム『BEST〜first things〜
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル rhythm zone
作詞・作曲 作詞:Yoshi・作曲:大谷靖夫
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 4位(オリコン
  • 倖田來未 シングル 年表
    Butterfly
    2005年
    flower
    2005年
    Promise/Star
    2005年
    BEST〜first things〜 収録曲
    テンプレートを表示

    flower』(フラワー)は、2005年8月10日に発売された日本歌手倖田來未の17枚目のシングルである。

    概要[編集]

    前作「Butterfly」より約2ヶ月後でのリリースとなる。

    業界初となる小説のイメージソングということで話題となる。また、本作の制作は倖田曰く、急に舞い込んだ話だったのだと言い、「この当時、次のシングルにあたる「Promise/Star」の発売の2週間後にベスト・アルバムの発売が元から決まっていたんですけど、その間にこのお話を頂いて。Yoshiさんが、以前に制作した映画でday after tomorrowの曲を主題歌として起用していたことがあったんですけど、その時に「倖田來未の曲を起用したい」と言って下さってたんですね。後、よくラジオとかで、恋や愛について語ったりすることが多かったりしたことと、よく恋愛相談に乗ったりしていた事が多かったりもしたんで、その事を知ったYoshiさんが直々に指名してくださり、今回の楽曲制作が実現したんです。」と語っており[1]、本楽曲を歌う際、ピュアで透明感のあるイメージでやってほしいとYoshiからの要望もあって、その辺りを意識しながらも、これまでに自身が語ってきていた内容がそのまま歌詞となっていた分、すんなりと歌うことが出来たのだと言う[1]

    シングル曲において唯一PVが制作されておらず、ジャケットにも彼女が写っていない。

    500円のワンコイン価格である。

    収録曲[編集]

    1. flower
      作詞:Yoshi、作・編曲:y@suo ohtani
      Yoshiの小説『恋バナ』イメージソング。
    2. flower (acoustic version)
      作詞:Yoshi、作曲:y@suo ohtani、編曲:tasuku
    3. flower (Instrumental)
    4. flower (acoustic version) (Instrumental)

    収録アルバム[編集]

    flower

    脚注[編集]

    [脚注の使い方]

    外部リンク[編集]