BUT/愛証

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
BUT/愛証
倖田來未シングル
初出アルバム『Kingdom
A面 BUT
愛証
リリース
録音 2007年
ジャンル J-POP
レーベル rhythm zone
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 2007年3月度月間9位(オリコン)
  • 倖田來未 シングル 年表
    Cherry Girl/運命
    2006年
    BUT/愛証
    (2007年)
    FREAKY
    (2007年)
    Kingdom 収録曲
    BEST 〜third universe〜 収録曲
    WINTER of LOVE 収録曲
    ミュージックビデオ
    「BUT」 - YouTube
    「愛証」 - YouTube
    テンプレートを表示

    BUT/愛証」(バット/あいしょう)は、2007年3月14日に発売された日本歌手倖田來未の35枚目のシングル。発売元はrhythm zone

    解説[編集]

    BUT[編集]

    • STチェーン(松竹東急系)劇場で公開された、全米ダンス映画史上歴代5位にランクインした『ステップ・アップ』の主題歌であり、東芝SoftBank 911T」CMソング。また、横浜ベイスターズ内川聖一選手の選手登場曲としても使用されていた。
    • この楽曲は『同性愛』をテーマにしたダンスナンバーとなっている。作成のきっかけは、「恋愛において、相手が異性であろうと同性であろうと関係ないし、相手が誰であろうと人を愛する気持ちに変わりはない」という彼女の思いから作られた[1]
    • PVではデパートガールをイメージした彼女が夜中マネキンに愛を告げる内容となっている。『ミュージックステーション春のSP』ではこの時のPVの衣装を身に纏って披露した。

    愛証[編集]

    • 日本テレビ系ドラマ『愛の流刑地』(2007年3月20、21日・2夜連続放送)主題歌となっており、ドラマの主人公の気持ちを辿りながら歌詞を書いたという[1]
    • PVでは花魁をテーマとし、自身がプロデュースした着物で歌唱した内容となっている。また、広島にある耕三寺内の潮聲閣にて撮影された。

    収録曲[編集]

    CD[編集]

    初回盤[編集]

    • 全作詞:Kumi Koda
    1. BUT
      作曲・編曲:Tommy Henriksen
    2. 愛証
      作曲:Reika Yuuki 編曲:Masaki Iehara
    3. BUT 〜The Ghettobots remix〜 (Bonus Track)
    4. BUT (instrumental)
    5. 愛証 (instrumental)

    通常盤[編集]

    1. BUT
    2. 愛証
    3. BUT (instrumental)
    4. 愛証 (instrumental)

    DVD[編集]

    1. BUT (Music Video)
    2. 愛証 (Music Video)
    3. BUT (Making Video)
    4. 愛証 (Making Video)

    アナログ盤[編集]

    SIDE A
    1. BUT
    2. BUT ~Drum 'n Bass remix~
      remixed by DJ AKi (ES9 REMIX)
      CD未収録。
    SIDE B
    1. BUT ~The Ghettobots remix~
      remixed by B-Money
    2. BUT Instrumental

    収録アルバム[編集]

    BUT
    愛証

    出典[編集]