クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ〜拉麺大乱〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
クレヨンしんちゃん > クレヨンしんちゃん (アニメ) > クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ〜拉麺大乱〜
映画 クレヨンしんちゃん
爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~
Crayon Shin-chan
Burst Serving! Kung Fu Boys
~Ramen Rebellion~
監督 高橋渉
脚本 うえのきみこ
原作 臼井儀人
出演者 矢島晶子
ならはしみき
森川智之
こおろぎさとみ
潘めぐみ
ANZEN漫才
関根勤
ももいろクローバーZ
音楽 荒川敏行
大谷幸
主題歌 ももいろクローバーZ笑一笑 〜シャオイーシャオ!〜
製作会社 シンエイ動画
テレビ朝日
ADK
双葉社
配給 東宝
公開 日本の旗 2018年4月13日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ
テンプレートを表示

クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ~拉麺大乱~』(クレヨンしんちゃん ばくもり カンフーボーイズ らーめんたいらん)は、2018年4月13日に公開の日本アニメーション映画で、クレヨンしんちゃん劇場映画26作目である[1]

キャッチコピーは、『アクション大盛り友情濃いめ』。

概要[編集]

ストーリー案[編集]

シリーズとしては初めて「カンフー」をテーマにしており、春日部の中華街“アイヤータウン”を舞台にしたアクション作品となっている。カスカベ防衛隊[注釈 1]がメインになるのは第24作の『爆睡!ユメミーワールド大突撃』(2016年)以来2年ぶりで、単独としては『バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』(2013年)以来5年ぶりとなる。

春日部が舞台という事もあり、テレビシリーズのレギュラーキャラが多く登場している[注釈 2]

スタッフ[編集]

監督は前作の橋本昌和から『ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』(2014年)と『爆睡!ユメミーワールド大突撃』(2016年)で監督を務めた高橋渉が2年ぶりの再登板。脚本は『バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』(2013年、浦沢義雄と共同執筆)と『オラの引っ越し物語 サボテン大襲撃』(2015年)で脚本を担当し、テレビシリーズや外伝シリーズでもシリーズ構成・脚本を務めるうえのきみこが3年ぶりに脚本を執筆する。

ゲスト声優[編集]

2018年2月16日に、お笑いコンビ・ANZEN漫才とお笑いタレントの関根勤が決定[2]。みやぞんは敵のミヤ・ゾン役、あらぽんはブラックパンダラーメンを食べさせられる一般客、関根はぷにぷに拳を教える師匠役として出演する[2]

関根は2001年に公開された『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ モーレツ!オトナ帝国の逆襲』以来、17年ぶりの出演となる[2]

主題歌[編集]

2018年1月26日放送分のTVシリーズにて、ももいろクローバーZの『笑一笑 〜シャオイーシャオ!〜』が起用されることが決定した。この他、劇中歌やゲスト声優も担当する[3]

関連企画・その他[編集]

本作に合わせ、過去に佐藤マサオをメインにしたストーリーを集めたDVD「クレヨンしんちゃん きっとベスト☆特盛!佐藤マサオ」[4](2枚組)が2018年4月5日バンダイビジュアルより発売される予定。

第25作目までは公開日が土曜日となっていたが、本作以降の公開日は金曜日となっている[注釈 3][5]。その為、例年公開初日に行われた初日舞台挨拶は行われず、翌日の土曜日に公開記念舞台挨拶という形で行われることとなった。

2018年3月24日からは、日本三大中華街とコラボレーションした「映画クレヨンしんちゃん 爆盛フェア」が開催された[6]

なお、本作は中国の文化をテーマにしており『オラの引越し物語 サボテン大襲撃』のメキシコ以来、3年ぶりの日本国外の文化をテーマにしている。

前作に引き続き、野原ひろし役は森川智之が代役で演じている。

テレビシリーズにおける関連作品[編集]

3月2日の放送分のテレビスペシャルでは、本作に関連する「パンダ」と「ラーメン」題材にしたオリジナルストーリー「オラ、双子パンダの飼育係だゾ」「爆盛!のはらーめんだゾ」が放映された。後者の脚本は本作の脚本であるうえのきみこが担当。

放送日 タイトル 脚本 絵コンテ 演出 作画監督
3月2日 オラ、双子パンダの飼育係だゾ 清水東 横山広行 木村陽子
爆盛!のはらーめんだゾ うえのきみこ 間々田益男

あらすじ[編集]

春日部に古くからある中華街・アイヤータウンにやってきたしんのすけ達カスカベ防衛隊は、「伝説のカンフー」と呼ばれる拳法「ぷにぷに拳」の修行に励んでいるマサオから「一緒にやらない?」と誘われる。最初は乗り気では無かったが、カンフー少女のランに惹かれたしんのすけにつられ、他のメンバーも渋々付き合う事に。

そんな中、食べたらヤミツキになると言われる謎のラーメン・ブラックパンダラーメンを食べた春日部の人々が次々と凶暴化して暴動を起こし、アイヤータウンを大混乱に陥らせる奇怪な事件が発生。アイヤータウンを守るためにカスカベ防衛隊は謎の組織との戦いに挑む。

本作のキャラクター[編集]

アイヤータウンの住民[編集]

玉蘭(タマ・ラン)
カンフー娘でぷにぷに拳の師匠の一番弟子。カスカベ防衛隊と共に修行に励んでいる。アクション仮面の大ファンで尊敬している。
師匠
ぷにぷに拳を教える老人。ドン・パンパンに秘孔を突かれ、「パンツ丸見え」としか言えなくなってしまう。

ブラックパンダラーメン[編集]

ドン・パンパン
ブラックパンダラーメンのボスで本作の黒幕。ブラックパンダラーメンを製造し、食べた人々を凶暴化させて町中を混乱に陥らせる。相手の秘孔を突いてあらゆる行動をコントロールする能力を持つ。
ヌン、チャック
ブラックパンダラーメンの刺客でオネエ系イケメンコンビ。ソーセージ拳の使い手で巨大なソーセージ型のヌンチャクを振り回す。
地上げ屋
ブラックパンダラーメンの刺客。蘭と師匠に立ち退きを要求する。
ミヤ・ゾン
ブラックパンダラーメンの刺客。オリジナルソングを熱唱しながら、「ギター拳法」と呼ばれる独自のカンフースタイルを繰り出す。

その他[編集]

ぷにぷにの精
ぷにぷに拳の最終奥義の鍵を握っている妖精。
あらぽん
ブラックパンダラーメンを食べた一般客として登場。ヤミツキになる成分が増したブラックパンダラーメンの実験台として利用させられる。

設定・用語[編集]

ぷにぷに拳
「伝説のカンフー」と呼ばれる拳法。これを極めた者は世界を平和にすると言われている。
ブラックパンダラーメン
食べると凶暴化するラーメン。食べた者は目の回りがパンダのように黒くなる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ その中でも本作はマサオがメインになっており、予告編でも「今年はマサオが世界を救う!?」というテロップが加えられている。
  2. ^ 台詞付きで四郎(劇場版台詞付きでは初登場)、埼玉紅サソリ隊、神田鳥忍、台詞無しでロベルト・マクガイヤー(劇場版初登場)、酢乙女あいと黒磯、小山むさえを含めた四郎以外のまたずれ荘の住人等が登場している。
  3. ^ 第9作を除いて同日公開が恒例となっている「名探偵コナン」においても、『ゼロの執行人』以降は同じ曜日に変更する予定。

出典[編集]

外部リンク[編集]