うえのきみこ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

うえの きみこ1975年1月8日 - )は日本脚本家神奈川県出身。

経歴[編集]

日本映画学校を卒業後、2008年テレビドラマ、『RHプラス』で初脚本。その後はアニメをメインに『クレヨンしんちゃん』や『黒魔女さんが通る!!』などさまざまな作品に参加。

また非常に執筆速度が速く、1クールに何本ものアニメの脚本を兼任していることが多い。浦沢義雄と共同で脚本を執筆した、『クレヨンしんちゃん バカうまっ!B級グルメサバイバル!!』では主にキャラクター監修や脚本の修正などを担当した。2015年公開の『クレヨンしんちゃん オラの引越し物語 サボテン大襲撃』では初の映画単独脚本を経験。

アニメーション監督の渡辺信一郎からはボンクラ主人公を書かせたら世界一の「ボンクラ脚本家」と評されている[1]

主な作品[編集]

テレビシリーズ[編集]

映画[編集]

webアニメ[編集]

ショートフィルム[編集]

その他[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]