天才バカボン (アニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
天才バカボン > 天才バカボン (アニメ)
天才バカボン
アニメ
原作 赤塚不二夫
音楽 渡辺岳夫
アニメーション制作 Aプロダクション(制作協力)
製作 よみうりテレビ東京ムービー
放送局 日本テレビ系列
放送期間 1971年9月25日 - 1972年6月24日
話数 全40回(全79話)
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

天才バカボン』は、赤塚不二夫の漫画『天才バカボン』を原作としたテレビアニメ。『天才バカボン』のアニメ化作品の1作目である。よみうりテレビ東京ムービー制作。1971年9月25日1972年6月24日、毎週土曜日19:00〜19:30放送。全40回(全79話)。

作品概要[編集]

スポ根アニメの金字塔”と称され、およそ3年半に及ぶ長期の人気に支えられた『巨人の星』の後番組として、同じ東京ムービーで製作された。1959年10月スタートの『頓馬天狗』以来続いた、土曜日午後7:00 - 7:30枠のよみうりテレビ制作「大塚製薬一社提供番組[注 1]」としては最後の作品となった[注 2]

原作では登場人物が死亡したり、殺害する(される)描写、残酷描写や暴力的表現も数多く見られたが、アニメ化に際しては大幅に書き換えられている。

キャラクターデザインや人物造形については原作をほぼ踏襲している(「本官さん」のみ本作品用に描き改められ、1つだけだった鼻の穴が普通に2つ付いており、更に目玉がつながっていない[1]。)一方で、作品のテーマが大きく異なっている。原作ではバカボンのパパをはじめ、登場人物がおかしな行動をとることで一般常識や漫画作品としてのルールすらゆさぶり、ストーリーや設定の破たんすらお構いなしのナンセンスな世界を展開するのが狙いだったのに対し、本作品ではバカボンのパパたちの一見おかしな行動は「無垢な心の表れ」であり、彼らの作為のない真心が、結果として問題を解決へ導いたり周囲の人々に幸せを招く…という、赤塚作品では『もーれつア太郎』的な「人情劇」を彷彿とさせる全く異質な世界観に改変された。これは全国アンケート「子どもに見せたくない番組(ワースト番組)」を実施していた日本PTA全国協議会から番組内容にクレームが寄せられたことが影響している。また番組スポンサーの大塚製薬からは「(パパが)働かないで生活してるというのはおかしい。設定上の職業ではなく、パパが働いてるシーンを映像で見せて欲しい」との要望が出され[2]、苦肉の策として「パパを定職(植木屋)に就かせる」という本作独自の設定が生まれた。しかしこれらの内容改変は、「パパは無職(バガボンド=放浪者)でないといけない」としている原作者、赤塚を大いに失望させることとなった。この他にも、バカボンの学校生活が原作より多くなり、担任の「凡田先生」、ガールフレンドの「さくら」、ガキ大将の「中村」・「青成」といった、原作に無いオリジナルレギュラーキャラが加わった。またママが激怒すると、落雷場面がカットインする演出があった(シリーズ唯一)。

スポットや次週予告での最後の決めゼリフは、パパの「来週の『天才バカボン』を見よ! 見ない奴は死刑なのだ!」というものだった[注 3]。なお予告の台詞には歴代では唯一、次回放送作品のサブタイトルが無かった。

なお台詞の中には差別用語が含まれているのがあり[注 4]、かつてはそのまま再放送されていたが、現在は無音になる事がある。

前後番組・他番組とのコラボレーションなど[編集]

まず前番組『巨人の星』最終回で、エンディング直後に星飛雄馬らメインキャラが集まり、飛雄馬がお別れのご挨拶をした後、画面にバカボン一家が現れ、飛雄馬がバカボンのパパと握手しながら「バカボン君、僕に代わって来週からよろしく頼みますよ。」と述べてから、パパのナレーションで本作の新番組予告編が始まった[注 5]。また第20回(第39話)「運動会はパパにまかせろ」の劇中では、その『巨人の星』の主題歌「ゆけゆけ飛雄馬」[注 6]が使用されている。制作スタッフやスポンサーが同一であることで可能になった「お遊び」である。

なお、『バカボン』キャラクターのアニメ初登場は第1作の前年1970年、『もーれつア太郎(第1作)』(NET系列)第48話(2月27日放送)で時代劇エピソード、「男でござる東海道 その1・その2」の冒頭、江戸時代の町民役(通行人)としてパパとバカボンが描かれている。その後同作の第74話(9月4日放送)「ヒコーキ泥棒ニャロメ その1・その2」ではパパが空港の整備士(後におでん屋)役で出演している。なお、この時の声優はココロのボス役の八奈見乗児が務めた。またこの年、フジテレビ系列で放送されたバラエティ番組『祭りだ!ワッショイ!』の1コーナーで、毎回当時のヒット歌謡曲を1曲取り上げ、独自解釈のオリジナルアニメーションを制作し、現在で言うプロモーション・ビデオ風な映像に仕立てる「おたのしみアニメ劇場」(アニメーション制作:スタジオ・ゼロ)でも、「とまらない汽車(歌:中山千夏)」でのオリジナル作品中にパパが登場している[3][4]

声の出演[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

天才バカボン
作詞 - 東京ムービー企画部 / 作曲 - 渡辺岳夫 / 編曲 - 松山祐士 / 歌 - アイドル・フォーテイチクレコード
歴代『天才バカボン』のアニメ主題歌の中では、最も広く知られている。2002年にはYOU THE ROCK★によるロックアレンジのカバーバージョンがキリンビバレッジアミノサプリ』のCMソングとして使われた。さらに、2010年には、クレモンティーヌによるボサノヴァ調アレンジのカバーがサントリー(現・サントリービール)『オールフリー』のCMソングとして使われた。そして、2015年にはチームしゃちほこによるカバーが映画『天才バカヴォン〜蘇るフランダースの犬〜』に起用された。
なお、2008年8月7日に営まれた原作者・赤塚の告別式では出棺の際にこの曲が使用された[5]
2016年3月に日本テレビ系で放送された実写ドラマ「天才バカボン」の主題歌にも起用。歌は赤塚と親交の深かったタモリが担当[6]。(なお、タモリは同年4月30日に公開された赤塚不二夫の生涯を追ったドキュメンタリー映画『マンガをはみだした男 赤塚不二夫』の主題曲も担当した[7])。
主題歌のアニメーション

オープニングアニメーションの冒頭に登場するのは、レレレのおじさんである。その後はパパおよび、バカボン一家のみが登場する。エンディングはアニメーションではなく、巨人の星と同様に「止め絵」が使用されている。 ただし、2015年のテレビ大阪での再放送では15分に短縮され、オープニング冒頭のレレレのおじさんが省略された。エンディングも5秒間に短縮され、オープニングにおけるバカボン一家集合のシーンを元にした16:9サイズの止め絵にテロップでバカボン一家のキャストと「製作著作 トムス・エンタテインメント」と表示していた。

イメージソング[編集]

「バカボンの歌」

「バカボンのパパ」

各話リスト[編集]

全作品とも原則としては1回で2話放送。全40回、79話。原作漫画が『マガジン』から『サンデー』に移籍後、同誌に掲載されたエピソードもいくつかアニメ化されている。

サブタイトルクレジット部は、画面上にサブタイトル、右下に「脚本」と「コンテ」のクレジットで構成、そして画面左下からパパが顔を出して読み上げる。なおパパの表情は「笑顔」と「顰めっ面」の2パターンが有るが、順番は毎回異なる。

話数 サブタイトル 脚本 コンテ 放送日
1 1 バカボン一家だコニャニャチハ 吉田喜昭 高倉健一 1971年
9月25日
2 赤ちゃんはホンモノがいいのだ 大西洋三
2 3 モシモシ早く生まれておいでね 吉田喜昭 小華和ためお 10月2日
4 コニャニャチハ赤ちゃん 織田健也 奥田誠治
3 5 赤ちゃんはハジメちゃんなのだ 松元力 岡崎稔 10月9日
6 ハジメちゃんがはじめてしゃべったのだ 吉田喜昭 佐々木正広
4 7 天才児はハジメちゃんなのだ 松元力 小泉謙三 10月16日
8 ハジメちゃんの中継は中止なのだ 大西洋三 風間幸雄
5 9 免許証なんか知ってたまるか 出崎哲 10月23日
10 バカボンのロボットいい研究ね 藤川桂介 風間幸雄
6 11 アラジンのランプは大男なのだ 小田健也 佐々木正広 10月30日
12 パパのむすこはダレなのだ 七条門 岡崎稔
7 13 都の西北ワセダのとなり 吉田喜昭 11月6日
14 モシモシお月さんコンバンハ 松元力
小田健也
風間幸雄
8 15 パパの警官ゴクローサン 七条門 羽根章悦 11月13日
16 アッホヤッホー山へいこう 吉田秀子 佐々木正広
9 17 カネのなる木はいかがかね 小森豪人
小森幸信
新田義方 11月20日
18 ごちそうはレバニライタメなのだ 椋誠一 北川一夫
10 19 バカは日本製がいいのだ 大西洋三 風間幸雄 11月27日
20 俳句で電報うったのだ 吉田喜昭 出崎哲
11 21 ヤットコはこわいのだ 七条門 佐々木正広 12月4日
22 きょうはだいじな日なのだ 雪室俊一 高円寺太郎
12 23 物置きみたいな人なのだ 椋誠一 岡崎稔 12月11日
24 いぬがパパでねこがバカボンなのだ 吉田喜昭 出崎哲
13 25 クリスマスはクルシミマスなのだ 小田健也 風間幸雄 12月18日
26 おかしなふしぎなチャペルなのだ 椋誠一 壷中夭
14 27 ソウジキはベンリなのだ 藤川桂介 平田敏夫 12月25日
28 もちつきはドロボーがうまいのだ 大西洋三 山崎修二
15 29 お年玉はイタイ! のだ 藤川桂介 壷中夭 1972年
1月1日
30 たこあげはタコにかぎるのだ 吉田喜昭 佐々木正広
16 31 服をきていると死刑なのだ 小田健也 斉藤博 1月8日
32 スキーがなくてもヤッホーなのだ 椋誠一 吉川惣司
17 33 夜まわりはこわいのだ 雪室俊一 壷中夭 1月15日
34 殿さまはクルシイのだ 七条門 南阿佐
18 35 バカボンとパパの旅ガラスなのだ 藤川桂介 遠藤政治 1月22日
36 ガッコウの先生がせめてくる 吉田喜昭 石黒昇
19 37 パパは会社でコニャニャチハ 藤川桂介 山崎修二 1月29日
38 クツミガキはこどもがいいのだ 七条門 南阿佐
20 39 運動会はパパにまかせろ 石黒昇 2月5日
40 バカボンの学芸会なのだ 吉田喜昭 遠藤政治
21 41 けんかに勝つのはむづかしいのだ 藤川桂介 高橋春男 2月12日
42 パパの10万円は夢なのだ 吉田喜昭 斉藤博
22 43 怪獣の木がテレビに出たのだ 七条門 阿佐みなみ 2月19日
44 ガードマンはお化けなのだ 藤川桂介 山崎修二
23 45 それでもパパはヒイキするのだ 吉田喜昭 佐々木正広 2月26日
46 バカボンのひなまつりなのだ 雪室俊一 岡崎稔
24 47 バカボンのクラス委員せんきょなのだ 吉田喜昭 阿佐みなみ 3月4日
48 ナポレオンはぐっすり眠るのだ 雪室俊一 高橋春男
25 49 パパはモーレツ記者なのだ 大西洋三 石黒昇 3月11日
50 バカボンの旅行はハワイなのだ 小田健也 佐々木正広
26 51 バカボンとハジメは兄弟なのだ 雪室俊一 ひこねのりお 3月18日
52 パパは男のなかの男なのだ 七条門 阿佐みなみ
27 53 バカボンが初恋をしたのだ 大西洋三 佐々木正広 3月25日
54 チョキンチョキンともうけるのだ 雪室俊一 岡崎稔
28 55 父親参観日はつらいのだ 斉藤博 4月1日
56 押花をつくると先生が困るのだ 辻真先 高橋春男
29 57 パパがテレビで歌うのだ 大西洋三 佐々木正広 4月8日
58 別れはつらいものなのだ 吉田喜昭 石黒昇
30 59 親切にするとパトカーに乗れるのだ 藤川桂介 山崎修二 4月15日
60 バカボンが誘拐されたのだ 雪室俊一 斉藤博
31 61 おまわりさんは清く正しくつらいのだ 壷中夭 4月22日
62 バカボンの親切にしまショウなのだ 辻真先 佐々木正広
32 63 バカボンのひとりたびなのだ 吉田喜昭 斉藤博 4月29日
64 ふとらないと犯人になれないのだ 藤川桂介 高円寺太郎
33 65 ジャーン! バカボンのくびがないのだ 雪室俊一 高橋春男 5月6日
66 パパの巣箱は大きいのだ 小田健也 山崎修二
34 67 バカボンの結婚式なのだ 吉田喜昭 5月13日
68 パパはこうして植木屋になったのだ 小田健也 壷中夭
35 69 魚をつると密輸犯人にされるのだ 吉田喜昭 斉藤博 5月20日
70 パパとママがケンカをしたのだ 雪室俊一 壷中夭
36 71 パパは真面目が欠点なのだ 5月27日
72 パパは運転の名人なのだ 小田健也 山崎修二
37 73 時の記念日はねむいのだ 6月3日
74 パパはゴルフでカッコいいのだ 吉田喜昭 高円寺太郎
38 75 パパがヘンシーンと変身したのだ 辻真先 斉藤博 6月10日
76 パパのデベソは100円玉なのだ 吉田喜昭
39 77 パパが二人になったのだ 山崎修二 6月17日
78 パパはサーカスのスターなのだ 小田健也 高円寺太郎
40 79 バカボン一家がサヨウナラ[注 9] 吉田喜昭 山崎修二 6月24日

ネット局[編集]

よみうりテレビ、日本テレビ、札幌テレビ(1972年3月まではCX系列・NTV系列クロスネット局)、青森放送秋田放送山形放送福島中央テレビ[注 10]信越放送TBS系列、土曜 18:00 - 18:30、1週遅れ[8])、山梨放送北日本放送北陸放送(TBS系列、遅れネット)、福井放送静岡放送(TBS系列、土曜 18:00 - 18:30に放送)、名古屋テレビ(放送当時NET系列・NTV系列クロスネット局)、日本海テレビ(放送当時のエリアは鳥取県のみ)、山陰放送(TBS系列、土曜夕方6時より1週遅れネット、放送当時のエリアは島根県のみ)、広島テレビ(放送当時CX系列・NTV系列クロスネット局)、山口放送四国放送西日本放送(当時の放送エリアは香川県のみ)、南海放送高知放送福岡放送長崎放送(TBS系列、遅れネット)、熊本放送(TBS系列、遅れネット)、宮崎放送(TBS系列、遅れネット)、琉球放送(TBS系列、遅れネット) 他

劇場版[編集]

東宝チャンピオンまつり』内のプログラムとして上映されている。

関連商品[編集]

映像ソフト

以前はバップから、VHSLDが発売されていた。 廉価版DVD-BOXはハピネット・ピクチャーズより発売。

  • 天才バカボン … ボックスセット全1巻(全回収録)

HDリマスター版はキングレコードより発売。

  • 天才バカボン...ボックスセット全1巻

全巻とも本放送中に赤塚不二夫が書き下ろしたイラストをパッケージ用に転用している。

サウンドトラックCD

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 放送当時、オロナミンCのホーロー看板には大村崑と共にバカボンが描かれていた。 大村崑さんの「オロナミンC」(中期・天才バカボンバージョン)”. 大塚系れとろ看板. 2014年8月22日閲覧。
  2. ^ ちなみに、その後もこの放送枠での読売テレビ制作は継続され、『ルパン三世 PartIII』が最後となった。
  3. ^ ただし初期は『見ない奴は死刑!』と『のだ』が無かった。またバリエーションとして、第1回では「もし見ない奴は死刑!」、第7回では「(チャンネルを)合わせない奴は絶対死刑!」、第9回では「来週見ない奴もうんといじめて死刑にするのだ!」、第12回では「見ない奴は死刑執行なのだ!」、そして第13回では次の第14回が1971年最後の放送という事で、「見ない奴は直ぐに飛んでって、今年中に死刑なのだ!」だった。
  4. ^ 第14話で電話の応答でパパが「わしはきちがいなんかじゃない」と発言、第19話ではママの親友がライターの爆発で黒こげになると、パパが「土人みたい」と発言するなど。
  5. ^ この場面は本放送時のもので、一部での再放送や、『トリビアの泉〜素晴らしきムダ知識〜』(フジテレビ系列)や『所さんの20世紀解体新書』(TBS系列)などでは、「ご挨拶」場面を放送したり取り上げる事は有っても、バカボン一家との共演シーンは一切放送されなかった。
  6. ^ なお「ゆけゆけ飛雄馬」は先述の新番組予告編でも、「思い込んだら知らない道を、行くが男のど根性にご勘定に魚釣りなのだ!!」と歌詞の一部が流用されていた。
  7. ^ 第35回Bパートのみ北浜晴子が代役。クレジット表記は「増山江威子」のままで未クレジット。
  8. ^ 「よみうりテレビ」のロゴは、当初は製作会社ロゴで「読売テレビ」とクレジットされたが、後に局側のロゴによる「よみうりテレビ」に変更された。なお現在の再放送では、「製作著作 トムス・エンタテインメント」「アニメーション制作 東京ムービー」に差し替える。
  9. ^ A、Bパート使用して1話放送。
  10. ^ 福島テレビとネットチェンジの関係で、1971年10月2日開始。

出典[編集]

  1. ^ No.14・天才バカボン”. 記憶のかさブタ. 2014年3月8日閲覧。
  2. ^ テレビアニメのバカボンのパパが植木屋をやっていたのは、スポンサーのご意向だったのだ”. ヤシロぶ (2013年12月27日). 2014年1月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年2月9日閲覧。
  3. ^ 祭りだワッショイ! 幻のアニメ詳細報告の件|スタッフブログ”. 赤塚不二夫公認サイト これでいいのだ!! (2007年8月10日). 2014年7月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月14日閲覧。
  4. ^ 原口正宏 (2007年8月24日). “COLUMN 第25回 幻の歌謡アニメついに発掘! その8”. WEBアニメスタイル. 2010年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年7月3日閲覧。
  5. ^ “赤塚さん葬儀タモリ涙の弔辞…私もあなたの作品の一つ”. ZAKZAK. (2008年8月7日). オリジナル2008年8月28日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080828033228/http://www.zakzak.co.jp/gei/2008_08/g2008080719_all.html 2014年6月12日閲覧。 
  6. ^ 実写版「天才バカボン」主題歌、タモリが歌う「これでいいのだ〜」”. スポーツ報知 (2016年2月19日). 2015年2月19日閲覧。
  7. ^ タモリが主題曲を担当、赤塚不二夫のドキュメンタリー映画が公開決定”. お笑いナタリー (2016年2月5日). 2016年2月19日閲覧。
  8. ^ 1971年10月2日 信濃毎日新聞 テレビ欄
読売テレビ制作・日本テレビ系列 土曜19時台前半枠
前番組 番組名 次番組
天才バカボン
【ここまでアニメ枠】
【ここまで大塚製薬一社提供枠】