この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

土人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

土人(どじん)とは、律令制度の「本貫地に居住している人(土人) [1]」。「其の地に生まれ住む人。土地の人。 [2]」「原住民、現地人 [3]natives [4] 、現代では「原始的生活をする、土着の人種 [5]」、土人形・土偶を第二語義とする辞書もある。

変遷

古代

語源は律令制度の京以外の「本貫地に居住している人(土人)[1]」(京貫京戸)、土民。律令制度下、公民は本貫地の戸籍計帳へ登録され、浮浪逃亡五保過所で規制され拘束され納税していた[6]

もとは、その地域の土地の人。渤海使遣渤海使で日本との交流も盛んであった渤海国では、靺鞨族の邑の有力な土人の酋長を都督・刺使・首領を任命して地方支配を維持したと考えられている(羈縻政策[7]

魏書』後漢書』713年(和銅6年)の『風土記』『続日本紀』にも用例がある。

隋開皇初、相率遣使貢獻。文帝詔其使曰:「朕聞彼土人勇、今來實副朕懷。視爾等如子、爾宜敬朕如父。」

勿吉伝、『魏書』

猩猩在山谷中,行無常路,百數爲羣。土人以酒若糟設於路

『後漢書』、 [8]

後以天之眞宗豊祖父天皇二年。大祚榮始建渤海國。和銅六年。受唐冊立其國。延袤二千里。無州縣館驛。處々有村里。皆靺鞨部落。其百姓者。靺鞨多。土人少。皆以土人爲村長。大村曰都督。次曰刺史。其下百姓。皆曰首領 。

菅原道真 編、『類聚国史

又河内國諸家㽵園.往往而在.土人數少.京戸過多.伏望不論京戸土人.營田一町者.出擧正税卅束.許之.

不論土人浪人及王臣佃使

_、『続日本紀

近世

近世では1829年(文政12年)の『新編武蔵風土記稿』等に記載がある。

異魚不知其名、我郷南海所捕、鈴木春山持贈、形似魴魚無円暈、或鯧魚一種歟、土人云味甘平無毒 庚子十一月朔六日

渡辺崋山異魚図(天保年間) [10]

金禧寺といふ。土人口稱して芭蕉菴と呼。

与謝蕪村、洛東芭蕉菴再興記 [11]


近現代

明治末以降には、北海道樺太などの開拓に伴いアイヌ民族を公式に「旧土人」と称した。1899年(明治32年)(北海道旧土人保護法)(「旧土人」は土人の派生語として「旧の土人」と解釈する場合のほか、「旧土の人」と解釈する意見もある)[12]。新札幌市史によると元々の住民アイヌ民族を旧土人、開拓者を新土人と概念上区分し、旧土人が官庁用語として残ったとある [13]

現在の辞書の第一語義は土着の人。1891年(明治24年)冨山房の「言海」、1907年(明治40年)三省堂の「辞林」、1914年(大正3年)三省堂の「辞海」、1917年(大正6年)冨山房の「大日本国語辞典」では土着(土著)の人や土偶(土人形)の意味であったが、1920年(大正9年)啓成社のベストセラー「大字典」の第二語義は「野蠻の民」、1925年(大正14年)田中宋栄堂の「新式大辞典」では「土着のものでまだ開化せない人」が加わる。言海の著者大槻文彦没後に出版された1934年(昭和9年)冨山房の「大言海で」は「原始的生活ヲ榮メル土着ノ人種。」が加わるが、他の辞典は概ね従来の意味での掲載であった。

1973年(昭和48年)三省堂の「広辞林第5版」では「~蛮人」が第一語義となる。1975年(昭和50年)小学館の日本国語大辞典」では「特に、黒色人種をいう」が加わる [14]1983年(昭和58年)岩波書店の「広辞苑第3版」は第2版1969年(昭和48年)の原始的~から「未開~軽侮の意~」へ更新、1990年(平成2年)講談社の「日本語大辞典」では「natives」「uncivilized」が添えられ、2001年(平成2年)集英社の「広辞典」では「未開の民の俗称」と解説された。

一方、語源である漢語圏での土人の意味は、日本語圏での当初の語義とほぼ重なり、「土偶」「土署(有城郭可居、不隨使遷移)」[15]、「世代居住的本地的人」「本国人」「泥塑匠人」「土工」[16]を意味する。

江戸時代の民も移転の自由職の選択の自由は制限され働く場所も一所懸命の土地とされていた。幕末~開国以降は日本国内と同じく植民地でも現地の民を土人と呼称したが、外地では日本人と支配階層であった欧米列強側の市民を土人と呼ぶことはなく、次第に植民地の有色人種を意味するようになった。列強各国と共に行った植民地政策やそれ以前に繰り広げられた奴隷貿易の影響により植民地側を経済的に困窮させ激しく疲弊させながら、その窮状を植民地側の未開性や文明の遅れによるものと錯誤したため未開の意や野蛮という偏見が加わった。

用例

日本国内の「現地の人びと」「土着の人」を意味する用例としては、

土人の説に此より北国道へ少し入りて松間なりといふ。

森鴎外、『伊沢蘭軒』[17]

『四神地名録』多摩郡喜多見村条下に「この村に蛇除よけ伊右衛門とて、毒蛇に食われし時に呪いをする百姓あり、この辺土人のいえるには、蛇多き草中に入るには伊右衛門伊右衛門と唱えて入らば毒蛇に食われずという、守りも出す。

南方熊楠、『猪に関する民俗と伝説』[18]

私が昔知っていた土人に、柿本人麻呂と云う詩人があります。

今も時としてその姿を幽谷の間に見る者があって、土人は一様にこれを山男と名づけているが、

柳田国男、『山の人生』1925年(大正14年)[20]

角落山は頗る急峻な山で、頂上には角落権現が祭ってある、所謂いわゆる天狗様だ。土人は之を尊崇して

木暮理太郎、『望岳都東京』[21]1934年(昭和9年)

鈍重にして威儀ある、純然たる仙台弁を用うることを貴しとしているが、もちろん、軽快なる江戸弁は、用いようとしても用いられないにきまっているが、その模倣の軽薄を避けることが土人の品格となっている。

中里介山、『大菩薩峠 白雲の巻』1934年(昭和9年)[22]

東京人は、故郷がないなどといわれますが、ほんとうの東京人は、言葉だって昔の人は立派に訛りもありましたから、 私は「東京土人」とか「東京原人」とか呼んでいたものです。

曽野綾子、 「いい人」をやめると楽になる,2002年(平成14年) [23]

『新撰武蔵風土記稿』には「土人曰く」と書いてあります。地誌研究をしている侍が地域に行って土地の人にヒアリングするのですが、それを「土人曰く」と表現するのです。土人というのは今は差別語のようになっていますが、それは単に土地の人という意味なんです。私の親族は多摩地域にしか住んでいませんので、自分のことを「多摩土人」と称してずっと地域のことを研究しています。

鈴木泰、第14回里川文化塾 大久保長安・八王子の治水とまちづくり,2013年(平成25年) [24]

などがある。

海外の「現地の人びと」「土着の人」を意味する用例

「又「ポリネシヤ」群島土人の間にては、日月を天の両眼とも双児とも云い、東「ポリネシヤ」に於ては、最高神ヴテアの両眼は、同時に之を見得ること甚だ罕に、其一は上界に輝きて、人間界にては之を太陽と呼び、其一は下界に輝きて、之を太陰と称すと云い、或は此神の右眼は日にして、其左眼は月なりとも云う。

高木敏雄、『比較神話学』,1904年(明治37年) [25]

土人と言へば野蛮人、人喰い人種、人間か獣か見分けのつかぬやうな蕃人かのやうに、日本人は想像して居るが、これは大変な感違ひである。之は土人と云ふ文字の錯覚から生じてゐるのである。種々の間違ひや誤解は此幻覺から發生して居るものが尠くない。畢竟日本人の海外知識が餘りに浅薄過ぎるからである。土人と云ふは、其の土地の先住民、土着民と言ふだけのことで、決して野蛮人とか、人喰人種とかの義ではない。

竹井十郎 、 日本人の新発展地南洋,1929年(昭和4年) [26]

これがまた逆にヨーロッパに影響して、二十世紀の初めまで、相当に教養の高い人すらも、アフリカの土人は半獣的な野蛮人である、奴隷種族である、呪物崇拝のほか何も産出することのできなかった未開民族である、などと考えていたのであった。

和辻哲郎、『アフリカの文化』,1937年(昭和12) [27]

オーストラリヤ東半部土人の原始社会のトーテム生活に於ける宗教的社会的必要が、経験的に生活の一定のノルムを決定し、それがその社会のロジックの要素としての諸範疇を構成するというのである。

戸坂潤、『認識論とは何か』,1937年(昭和12) [28]

「……『何で』考えると言おうとも、結局それを材料として、ヨーロッパ体制が教育してくれた理論を復習しているのがお前さんがた文化人。オイら土人は材料も考える道すじも、すべて手作り、結論も手作り」

高原健吉 、 土人のことばと民衆の論理1973年(昭和48年)[29]

「わからんさ。沖縄人でないのかね」「内地人か?」……「ならば、土人か」……土人というのはチャモロ人とカナカ人のことです。もともとこのあたりの島に住んでいて、このマリアナ群島の土着がチャモロ、もっと遠いカロリン諸島の原住民がカナカ。

池澤夏樹、『カデナ』,2009年(平成21年) [30]

「天竺国民と成りし各蕃土人の種族と宗教習慣の根本[31]」「亜米利加の土人インデヤン[32]」 「阿刺伯(アラブ)土人の一揆[33]」等がみられる。

中国

漢語圏でモダンな使用例;

土人理念 (Earth-man,natives)

北京土人城市规划设计有限公司(土人设计)、TURENSCAPE HP

否定的用例

戦前

亜非利加アフリカの土人に智識少なし、ゆえに未だ文明の域に至らず。

福澤諭吉、『文明教育論1889年(明治22)[34]

恰もアイオー洲のスウ土人が......斯の意味に於て今日の文明人は恰もチェラデルヒーゴの土人が......徳にして、移住の際にブラジル土人が......土偶を恐怖するは南洋の土人部落にして東洋の土人部落中亦之を爭奪して......即ち、今日の憲法國の大日本天皇陛下に非らずして、國家の本質及び法理に對する無智と、神道的迷信と、奴隷道徳と、顛倒せる虚妄の歴史解釋とを以て捏造せる土人部落の土偶なるなればなり。......彼の文科大學長文學博士井上哲次郎氏の如きこの土人の酋長なりとす。......國家社會黨の領袖山路愛山氏の如き其の土人的歴史家

戦後

昨年の九月このかた、連日ニュースで皇居前で土下座する連中を見せられて、自分はなんという「土人」の国にいるんだろうと思ってゾッとするばかりです。

浅田彰、「文學界」1989年2月[35]

柄谷: でも、あの「土人」というのは北一輝の言葉なんだよ(笑)。 中上: まあ、土人というのは悪い言葉じゃないですよ。一見、文脈で言うと悪い言葉に見えるけれど、土人というのは悪くないんですよ。いい言葉だと思います。

柄谷行人,中上健次、「國文學」1991年12月号[36]


去年の(東日本大)地震を見たあとくらいから、なんだかすっかり「ああ、土人なんだな」という言葉がふっと頭に浮かんだわけです。「土人」という言葉の中にいろんな意味を込めたんだけれども。

大塚英志、『日本は民主主義社会ではない」 大塚英志×宮台真司 対談全文(前)』2012年02月05日

規制

1960年~70年代から盛んとなる人権活動団体からの意見を汲み、報道機関では「差別用語」として、表現の自主規制対象用語に指定されている[40]。「記者ハンドブック」(共同通信社発行)では差別語、不快用語とされ、「先住民(族)」や「現地人」と表記することが指導されている。

2000年には岩波書店から出版されたアルベルト・シュヴァイツァーの著書「水と原生林のはざまで」中の「土人」の表現が、人種差別的だとする市民団体「黒人差別をなくす会」の抗議を受けて出版を停止している[41]

関連作品

脚注

  1. ^ a b 西別府元日 (1996-06-15). “日本古代における地方吏僚集団の形成とその限界”. 史學研究 (広島史学研究会) (212): 3頁. http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/00025292. 
  2. ^ 金澤庄三郎(編) (昭和二十五年), 廣辭林 (新訂一一五〇版 ed.), 三省堂出版 
  3. ^ 金田一京助; 佐伯梅友; 大石初太郎; 逸村裕(編) (昭和五十八年), 新選国語辞典 (常用新版 ed.), 小学館 
  4. ^ 梅棹忠夫; 金田一春彦; 阪倉篤義; 日野原重明(編) (1990年), 日本語大辞典, 講談社カラー版, 講談社 
  5. ^ 西尾実; 岩淵悦太郎; 水谷静夫; 安江良介他(編) (1994年), 岩波国語辞典 (1994年第5版,1997年第5版第3刷. ed.), 岩波書店 
  6. ^ 松原弘宣 (2005.03.01). “古代の民衆交通-古代国家の交通規制と民衆の交通権について”. 四国遍路と世界の巡礼―人的移動・交流とその社会史的アプローチ― (愛媛大学法文学部附属 四国遍路・世界の巡礼研究センター). http://henro.ll.ehime-u.ac.jp/post-200/. 
  7. ^ 姜成山 (2014). 渤海王国の社会と国家-在地社会有力者層の検討を中心に-. pp. 45. http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/8805782. 
  8. ^ 韓復智; 洪進業 (2003). 後漢書紀傳今註. 10. 五南圖書出版股份有限公司. pp. 4811. 
  9. ^ 西别府元日 『律令国家の展開と地域支配』 思文閣出版、2002年、183頁。 
  10. ^ 「「土人云」の語は、まさしく近在の村人、漁民との交流を物語る。」 榊原悟 『日本絵画の見方』 角川学芸出版、2004年、284頁。 
  11. ^ 早川聞多 (1992-03-31). “<研究ノート>蕪村筆『夜色樓臺図』覚書”. 日本研究 : 国際日本文化研究センター紀要 (国際日本文化研究センター) 6: 133. http://jairo.nii.ac.jp/0378/00001700/en. 
  12. ^ 1968年5月9日衆議院内閣委員会での厚生省社会局保護課長曾根田郁夫答弁
  13. ^ 新札幌市史編集長海保洋子. “近代のアイヌ民族史”. 公益財団法人アイヌ文化振興・研究推進機構. 2016年11月15日閲覧。 「「古民」、「土人」は土地の人という意味で本州で古くから使われているのですが、それを「旧土人」に呼称を統一します。なぜ「旧土人」かということを申しますと、近世の呼称の「土人」を「旧土人」にしたわけです。では、「新土人」は誰かといったら、開拓民たちが相当するのですが、もちろん「新土人」という言葉の使われ方はありません。」
  14. ^ 日本国語大辞典, 7 (縮小版第一版第一刷 ed.), 小学館, (昭和五十五年十月二十日) 
  15. ^ 大辭典, 三民書局股份有限公司, (中華民国七十四年(1985年)), pp. 857 
  16. ^ 漢語大詞典 (2 ed.), 漢語大詞典出版社, (2001年), ISBN 7543200163 
  17. ^ 森鴎外『伊沢蘭軒』(青空文庫)
  18. ^ 南方熊楠『十二支考 10 猪に関する民俗と伝説』(青空文庫)
  19. ^ 芥川龍之介『神神の微笑』(青空文庫)
  20. ^ 柳田国男『山の人生』 (青空文庫)
  21. ^ 木暮理太郎『望岳都東京』(青空文庫)
  22. ^ 中里 介山『大菩薩峠 白雲の巻』(青空文庫)
  23. ^ 曽野綾子 『「いい人」をやめると楽になる』 祥伝社、2002年、聖書の中の友情論。ISBN 4396313004 
  24. ^ 鈴木泰 (2013年9月). “第14回里川文化塾 大久保長安・八王子の治水とまちづくり”. ミツカン水の文化センター事務局. 2016年11月6日閲覧。
  25. ^ 高木敏雄 『比較神話学』 (青空文庫)、1904年(明治37年)。 
  26. ^ 竹井十郎 『日本人の新発展地南洋』 海外社、1929年、(3) 土人とは野蠻人の謂ひではない 表南洋と裏南洋http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1191634/21 
  27. ^ 和辻哲郎 『アフリカの文化』 (青空文庫)、1937年(昭和12)。 
  28. ^ 戸坂潤 『認識論とは何か』 (青空文庫)、1937年(昭和12)。 
  29. ^ 高原健吉 (1973). “土人のことばと民衆の論理”. 思想の科学 (思想の科学社) 6 (22): 32. 
  30. ^ 池澤夏樹 『カデナ』 新潮社、2009年(平成21年)、嘉手苅朝栄。ISBN 4103753072 
  31. ^ 婆羅門教論 : 仏教起原 加古義一 編[他] 清水久次郎 明22.1
  32. ^ 米国今不審議 赤峰瀬一郎 著 実学会英学校 明19.10
  33. ^ 波斯之旅 : 回疆探検 吉田正春 著 明27.4 博文館
  34. ^ 福澤諭吉『文明教育論』1889年(明治22)(青空文庫)
  35. ^ 柄谷行人; 浅田彰 (1989-02). “昭和精神史を検証する”. 文學界 (東京: 文藝春秋) 43 (2): 72頁. 
  36. ^ 柄谷行人; 中上健次 『柄谷行人中上健次全対話』 講談社〈講談社文芸文庫〉、2011年、205頁。ISBN 9784062901208 
  37. ^ 翁長知事「言語道断」 「土人」発言、機動隊撤収にも言及」琉球新報 2016年10月21日閲覧
  38. ^ 「土人発言「侮蔑的な意味知らなかった」 機動隊員に戒告」 朝日新聞2016年10月21日
  39. ^ 「土人」発言は何が問題なのか 大阪で沖縄女性らが見せ物にされた人類館事件 沖縄タイムス 2016年10月20日。同10月26日閲覧
  40. ^ 郡山暢ことばのタブーとその言い換え関西大学、国文学, 第97号, 2013.03.31, p148
  41. ^ 「差別語含む」との指摘で岩波文庫が出荷停止 朝日新聞デジタル

関連項目