ピアノ曲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ピアノ曲(ピアノきょく)は、ピアノで演奏するために作られた曲をいう。

優れたピアノ曲を多数残しているクラシック音楽の作曲家には、モーツァルトベートーヴェンシューベルトメンデルスゾーンショパンシューマンリストブラームスフォーレドビュッシーチャイコフスキーラフマニノフスクリャービンなどがいる。

主な作曲家と作品[編集]

(ソナタについては、ピアノソナタの項を参照のこと)

特に広く知られた作品を作曲家の生年順に並べてある。なお、独奏曲以外の作品も含む。

ピアノ以前の鍵盤楽器の楽曲[編集]

ピアノが普及する18世紀後半以前にチェンバロクラヴィコードのために作曲された作品も現在「ピアノ曲」として知られている例がある。

ピアノの練習曲[編集]

片手のためのピアノ曲[編集]

片手のためのピアノ曲とは、右手もしくは左手だけで演奏する曲である。片手の強化や、片手が使えない人のために書かれたもので、音域、演奏効果などの問題から左手用のものが圧倒的に多い。

片手のピアノ曲は、カール・フィリップ・エマヌエル・バッハなどが練習曲として書き始めた。19世紀に入ると、練習曲と共にピアニスティックな演奏会用作品が見られるようになる。20世紀に入ると、第一次世界大戦で右腕を失ったパウル・ヴィトゲンシュタインの委嘱により多くの独奏曲や協奏曲が作られた。近年では、脳溢血により右半身に麻痺が残った舘野泉間宮芳生などに作品を委嘱し、初演している。

代表的な片手用のピアノ曲[編集]

他多数。

3手用以上の奇数手のピアノ曲[編集]

4手連弾用や6手用、8手用などがポピュラーであろうが、カーゲルDer Eid des Hippokrates(1984年)やブソッティPer Tre sul Piano(1959年)、フェルドマンPiano for Three Hands(1957年)などは3手用、この他ラヴェルFrontispice pour piano など5手用のピアノ曲がある。

ジャズ・ポピュラー音楽[編集]

ジャズ・ピアニストはピアノトリオなどでの演奏が主だが、時にピアノ独奏による作品を発表する。

その他のポピュラー音楽ではリチャード・クレイダーマンの「渚のアデリーヌ」、坂本龍一の「ウラBTTB」などが知られている。

関連項目[編集]