レオポルド・ゴドフスキー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レオポルド・ゴドフスキー
Leopold Godowsky
LeopoldGodowsky55.jpg
基本情報
生誕 1870年2月13日
Romanov Flag.svg ロシア帝国 ソズウィ
死没 (1938-11-21) 1938年11月21日(満68歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
ジャンル クラシック音楽
職業 ピアニスト
作曲家
教師
担当楽器 ピアノ

レオポルド・ゴドフスキーLeopold Godowsky, ポーランド語 Leopold Godowski レオポルト・ゴドフスキ, 1870年2月13日 - 1938年11月21日)は、ポーランド(現・リトアニア。当時はロシア帝国)のピアニスト作曲家教師。「ピアニストの中のピアニスト The Pianist of Pianists」と呼ばれる。

ピアニストとしてのゴドフスキー[編集]

生涯[編集]

ゴドフスキーは現在のリトアニアの首都ヴィリニュスの近く、ソズウィ Sozły に生まれた。幼少の頃、彼はピアノ演奏と音楽理論のレッスンを受けていた。14歳になるとベルリン高等音楽院に入学し、エルンスト・ルドルフの下で研鑽を積み始めるも3ヶ月で辞めてしまう。それ以外では、彼は基本的に独学家だった。

コンサート・ピアニストとしての活動[1]を開始したのは、ゴドフスキーが僅か10歳の時だった。1886年北アメリカの巡回公演後、ヴァイマルにいるフランツ・リストの下で勉強しようと思いヨーロッパに戻ってくるが、直後にリストの死を知り、パリへ赴く。パリで彼は作曲家=ピアニストであったカミーユ・サン=サーンスと親交を結ぶ。サン=サーンスとの出会いは、ゴドフスキーに当時の優れたフランスの音楽家達と知り合うきっかけを与えた。サン=サーンスはゴドフスキーを養子にし姓を継いでもらうよう申し入れたが、ゴドフスキーがそれを辞退するとサン=サーンスは大変不機嫌になったという。

1890年、ゴドフスキーは教師としてニューヨーク音楽大学(New York College of Music)で活動を始めた。ニューヨークに居るとき、彼はフリーダ・サックス(Frieda Saxe)と結婚し、アメリカ合衆国市民権を獲得する。1894年にはフィラデルフィアのブロードストリート音楽院(Combs Broad Street Conservatory of Music)、翌年の1895年にはシカゴ音楽院(Chicago Musical College)に移動。シカゴ音楽院ではピアノ学科代表になった。大成功に終わった1900年のヨーロッパ巡回公演の際、ゴドフスキーはベルリンの地へ再び訪れるが、そこで彼の時間は教育活動と演奏活動で二分した。1909年から1914年にかけて、ゴドフスキーはウィーン音楽院マスタークラスを教える。1914年第一次世界大戦が勃発し、彼はニューヨークに戻った。ニューヨークにある自宅には当時の著名なピアニストや有名人がしばしば訪れた。特別の仲だったセルゲイ・ラフマニノフからは、“V.R.のポルカ”を献呈されている。演奏・作曲・教育の三本で有名になりすぎたことによる過労が、後の健康状態に深刻な打撃を与えていた。

終戦を迎えると、ゴドフスキーは演奏活動を再開したが、1930年6月17日ロンドンでのレコーディング中に脳卒中を起こす。それによって彼は公開演奏の経歴にピリオドを打ち、同時に1929年暗黒の木曜日[2]で彼が負った莫大な経済的損失を回復させる手立てをも失った。1932年の息子の自殺と1933年の妻の死は、悪化するヨーロッパの政治情勢[3]への彼の絶望と相まり、ゴドフスキーは作曲活動をも止めてしまう。悪化する欧州政情は、ゴドフスキーが構想していた「音楽と音楽家の世界会議」(World Synod of Music and Musicians)や「国際的な音楽教師機関」(International Master Institute of Music)を無に帰した。1938年11月21日胃癌のためニューヨークで死去。

弟子にゲンリフ・ネイガウスホルヘ・ボレットデヴィッド・サパートン等がいる。この三人はゴドフスキーと同じように非業の死を[4]遂げた。

演奏スタイル[編集]

ダイナミックレンジは狭かったと伝えられるが、一音も弾き逃さない丁寧な演奏であったことは多くのピアニストによって証言された。もともと演奏家としてあがり性であったことなどから、残されている音源からは彼が当代一流であったかどうかを判断するのは難しい。しかし、ブゾーニのような完璧主義者と異なり比較的多くの音源が残された。「気が乗っていないまま」弾いてしまったショパンのソナタ第二番などは、彼本人も不満であった。ショパンの装飾音も勝手にゴドフスキーの手によって直されるなど、20世紀後半以後のショパン演奏とはかなりかけ離れており、後期ロマン派の脚色が入った表現である。

作曲家としてのゴドフスキー[編集]

作品解説[編集]

ゴドフスキーは、他の作曲家のピアノ小品に基づくパラフレーズで最もよく知られている。それらの作品は、精巧な対位法的処理、豊かな半音階和声により極限まで昇華される。この分野でのゴドフスキーの最も有名な作品は『ショパンの練習曲に基づく53の練習曲』だろう。対声部の導入、技巧的パッセージの右手から左手への転換、左手独奏用編曲、2曲の同時演奏など様々な手法を用いて、ゴドフスキーはショパンの27の練習曲[5]をそれぞれ編曲している。[6]

これは現代の辣腕な技巧家にとっても極めて苛酷な曲集であり、今までに全曲録音を行ったピアニストはジョフリー・ダグラス・マッジ[7]カルロ・グランテ[8]マルカンドレ・アムラン[9]の3人。[10]リサイタルで全曲演奏を行ったピアニストは、カルロ・グランテとフランチェスコ・リベッタしかおらず、ゴドフスキーの著作権が切れた現在も全曲演奏の女性の挑戦者は一切存在せず[11]険しい難易度を誇っている。この他に、ミヒャエル・ナナサコフ[12]と名づけられたコンピュータ出力による自動演奏の全曲版もある。

オリジナル作品も同様の難しさで、代表作とされる『パッサカリア』、『ジャワ組曲』などの作品も、その超絶技巧故ごく一部のピアニストを除き、ほとんど演奏されることは無かった。僅かに『古きウィーン[13]などの小品が、ヤッシャ・ハイフェッツによってヴァイオリン用に編曲され、比較的知られ過ぎない状況であった。パッサカリアについて、「これを弾くには手が6本いるよ」といったのはホロヴィッツである。

ゴドフスキーの『ピアノ・ソナタ ホ短調』は、一時期録音が急増した時期があり、アダム・アレクサンダージョフリー・ダグラス・マッジマルカンドレ・アムランカルロ・グランテミヒャエル・シェーファーラディスラフ・ファンツォヴィツベンクト=オーケ・ルンディンコンスタンティン・シチェルバコフなど腕自慢のピアニストがこぞって弾いているが、世界初録音はマッジのものである。

1980年代後半からの再評価[編集]

彼の作曲家としての実力は楽壇に不当に無視され、ゴドフスキーの没後50年は「ピアニストの書いた難技巧を伴う程度の作品」という不名誉な位置付けに甘んじた[14]。このことはカールフィッシャー社[15]から出版された全5巻のゴドフスキー選集の完結が2004年であったこと、その選集の中に子供の為のAPSシリーズが含まれていないことなどに表れている。ゴドフスキーのピアノ作品はセイパートンやボレットによって細々と伝えられているにすぎない状態だった。しかしフズム音楽祭で1980年代後半にアムランが芸術家の生涯を演奏したころから急激に再評価の機運が高まってきた。Danteのゴドフスキー選集はその評価に乗る形でまずマッジが先頭を切って録音したものである。

現在はカルロ・グランテとコンスタンチン・シチェルバコフの2人が、ゴドフスキー全集のリリースを長期間にわたり進めている。現在は楽譜の入手が容易になったことも含め、多くのピアニストがゴドフスキーの演奏を行っている。ただし、フィッシャー社による楽譜ゴドフスキー・コレクションは第二巻だけが完売してしまい、品切の状態が続いている。

オリジナル作品[編集]

編曲作品[編集]

エピソード[編集]

なお、彼の息子レオポルド・ゴドフスキー2世(Leopold Godowsky Jr.)はヴァイオリニストになったが、友人のピアニスト・レオポルド・マネス(Leopold Mannes)と共にカラー写真の開発に当たり、コダック社の協力により1935年に初の本格的なカラーフィルム「コダクローム」を開発した[16]。彼はジョージ・ガーシュウィンの妹フランセス(Frances)と結婚している。

チャップリンとのツーショット、アインシュタインシェーンベルクとのスリーショットによる写真は、特に有名。

参考文献[編集]

  • John Gillespie, Anna Gillespie. 1995. Notable twentieth-century pianists: a bio-critical sourcebook, Greenwood
  • Vai Music: Presenting Francesco Libetta
  • Godowsky, Dagmar. 1958. First Person Plural: The Lives of Dagmar Godowsky, p. 35. Viking Press.
  • Dubal, David. 2004. The Art of the Piano, p. 130. Cambridge, UK, Amadeus Press.
  • Godowsky, Dagmar. 1958. First Person Plural: The Lives of Dagmar Godowsky, p. 34. Viking Press.
  • Horowitz, Joseph. 1999. Arrau on music and performance, p. 92. Courier Dover Publications, ISBN 978-0-486-40846-0
  • Mitchell, Mark Lindsey. 2000. Virtuosi: A Defense and A (Sometimes Erotic) Celebration of Great Pianists, p. 128. Indiana University Press, ISBN 978-0-253-33757-3
  • Schonberg, Harold C.. The Great Pianists, p. 338.
  • "Dizionario di musica", di A.Della Corte e G.M.Gatti, Paravia, 1956,pag.261
  • Godowsky in: Die Musik in Geschichte und Gegenwart.
  • die entsprechende Charakterisierung in: Oehlmann, Werner (Hg.): Reclams Klaviermusikführer, Band II, Von Franz Schubert bis zur Gegenwart, Zweite Auflage, Stuttgart o. J. (Copyright 1973), S. 524.
  • Steve Donald Jones: Essay on Leopold Godowsky's 53 Studien über die Etüden von Chopin. Phil. Diss., University of Iowa, 1978.
  • Igor Kirpnis, Marc-André Roberge: Godowsky, Leopold. Artikel in: Die Musik in Geschichte und Gegenwart. Zweite, neubearbeitete Ausgabe, Personenteil Band 7, Sp. 1183 f.
  • Donald Manildi: Guides to Godowsky. In: Piano & Keyboard, Januar-Februar 1998, S. 40 f.
  • Richard McCandless Gipson: The Life of Emma Thursby, 1845-1931. New York 1940.
  • Jeremy Nicholas: Godowsky. Ein Pianist für Pianisten – Eine Biografie Leopold Godowskys. Staccato-Verlag, Düsseldorf 2012, ISBN 978-3-932976-50-6.
  • Leonard S. Saxe: The published music of Leopold Godowsky, in: Music Library Association Notes, Second Series, Vol. XIV, No. 2, März 1957, S. 165 ff.
  • Emerson Withorne: Biographical Sketch. In: Leopold Godowsky: A Night in Spring (Frühlingsnacht), Progressive Series Compositions Catalog No. 1208. Art Publication Society, St. Louis, 1915, S. 1 ff.
  • Artis Woodhouse: Godowsky comes of age. In: Piano & Keyboard, Juli–August 1997, S. 31 ff.

脚注[編集]

  1. ^ 最終的にオーストラリアと南極を除く全大陸に及ぶことになる…日本も含む。日本公演も成功したものの、ピアノの調律がよくなかったと伝えられる。ヤマハミュージックメディア出版ゴドフスキー練習曲集上巻まえがきより。
  2. ^ 世界恐慌
  3. ^ それはゴドフスキーの死期を暗示していた。
  4. ^ ネイガウスはシベリアへ送られ、ボレットはエイズに倒れ、サパートンは録音した音盤を廃棄処分にされた。
  5. ^ それは既に演奏困難なものではあるが。
  6. ^ 原典版は当時ショパンに関して普及しておらず、現在の基準からみると和声外音は不適切なまま残されている。
  7. ^ 仏Dante
  8. ^ Altarus; Music & Arts; 二度の録音
  9. ^ Hyperion
  10. ^ コンスタンティン・シチェルバコフの録音がMarco Poloから最後に予定されているが、未リリース。
  11. ^ 全集はおろか選集も確認できない。
  12. ^ Nanasawa Articulates
  13. ^ トリアコンタメロン第11番
  14. ^ ニューグローブ第二版音楽事典にいたっては彼の作品リストすら編纂していない。
  15. ^ Carl Fischer Music
  16. ^ kodak

外部リンク[編集]