2つのラプソディ (ブラームス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

2つのラプソディ》(ドイツ語: Zwei Rhapsodien作品79は、ヨハネス・ブラームス1879年に作曲したピアノ独奏曲。ブラームスが成熟期に辿り付いた時期の作品である。かつてのピアノの弟子で、作曲家ハインリヒ・フォン・ヘルツォーゲンベルクと結婚したエリーザベト・フォン・シュトックハウゼンドイツ語版に献呈されている。当初は《2つのピアノ曲》(ドイツ語: Zwei Klavierstücke)と即物的に題されていたが、後にエリーザベトの要請で、ラプソディに改めたといういきさつがある。

次の2曲からなる。

  1. ロ短調ロンド・ソナタ形式。アジタート(agitato
  2. ト短調ソナチネ形式。モルト・パッショナート、マ・ノン・トロッポ・アレグロ(Molto passionato, ma non troppo allegro

各曲は、ソナタ形式に準ずる構成をとり、比較的速めの両端部と、緩やかな中間部というように対比付けられている。第2曲の開始は、1小節ごとに転調することで名高く、初期の『ピアノ協奏曲第1番』のように途中まで主調が登場しない。

外部リンク[編集]