ト短調

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ト短調
ト短調
各言語での名称
英語 G minor
独語 g-Moll
仏語 Sol mineur
伊語 Sol minore
中国語 G小調
音階
G minor scale.png
Points whole tone.png全音を、Points semitone.png半音を示す。
関係調
同主調 ト長調
平行調 変ロ長調
属調 ニ短調
属調平行調 ヘ長調
下属調 ハ短調
下属調平行調 変ホ長調
前後の調と異名同音調
異名同音調 なし
テンプレートを表示

ト短調(とたんちょう)は、西洋音楽における調のひとつで、 (G) 音を主音とする短調である。調号はフラット2箇所(B, E)である。

音階と和音[編集]

音階構成音
上行→下行 1 2 3 4 5 6 7 8 7 6 5 4 3 2 1
自然短音階 G A B♭ C D E♭ F G F E♭ D C B♭ A G
和声的短音階 G A B♭ C D E♭ F♯ G F♯ E♭ D C B♭ A G
旋律的短音階 G A B♭ C D Eナチュラル F♯ G F E♭ D C B♭ A G

赤マスは一般に臨時記号により表される

和音構成音(ダイアトニック・コード)
コードネーム Gm Am-5 Baug Cm D E Fdim GmM7 Am7-5 BaugM7 Cm7 D7 EM7 Fdim7 D7(♭9)
第9音 E
第7音 F G A B C D E C
第5音 D E F G A B C D E F G A B C A
第3音 B C D E F G A B C D E F G A F
根音 G A B C D E F G A B C D E F D
和音記号 I II III IV V VI VII I7 II7 III7 IV7 V7 VI7 VII7 V9

コードネームは実際の楽譜では異名同音的に変えられることがある。

特徴[編集]

ト短調は、ヴァイオリンの最低弦の開放弦を主音としており、他の3本の内2本の開放弦が音階に含まれるため、ヴァイオリン曲が多く書かれている。さらにチェロヴィオラでは調弦的に明るく華やかに響く調であるので、バロック時代管弦楽弦楽合奏曲ではヴァイオリンの低音域で厳粛かつ神聖な雰囲気を表現する手段として多く用いられた。

シャルパンティエはこの調について「厳守で壮麗」と述べている。マッテゾンは「真面目さと愛らしさを持ち合わせている最も美しい調」と述べている。

モーツァルトの曲の分析では、死を予感させる調性としてしばしば言及される。

ト短調の曲の例[編集]

Category:ト短調を参照。

関連項目[編集]