ユーモレスク (ドヴォルザーク)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Arranged for viola and piano by Elias Goldstein, performed by Elias Goldstein (viola) and Monica Pavel (piano)

この音声や映像がうまく視聴できない場合は、Help:音声・動画の再生をご覧ください。

8つのユーモレスク』(フランス語: Humoresques, チェコ語: Humoresky作品101B. 187オランダ語版)は、アントニン・ドヴォルザーク1894年の夏に作曲したユーモレスク集。中でも変ト長調の第7曲は、最も有名なピアノ曲の一つに数えられており[1]、またクライスラーによるヴァイオリン用の編曲でも名高い。

創作の経緯[編集]

ニューヨークナショナル音楽院英語版の院長として1892年から1895年まで院長職にあった米国時代のドヴォルザークは、数々の興味深い楽想をスケッチ帳の中に書き溜めていた。こうした楽想を主題にして、たとえば『交響曲第9番「新世界より」』や『弦楽四重奏曲第12番「アメリカ」』、『弦楽五重奏曲第3番 変ホ長調』、『ソナチネ ト長調』といった大作を書き上げていったのだが、いくつか使わずじまいのままで残されたものもあった。

1894年、ドヴォルザークは家族とボヘミアのヴィソカー・ウ・プシーブラミで夏休みを過ごした。この休暇中に、蒐集した素材を用いてピアノのための小品集の作曲に着手し、7月19日にロ長調の小品をスケッチした。これは現在の第6曲のことである。だが間もなく、出版を目論んでこの曲集の完成に取り掛かり、1894年8月27日に譜面が出来上がった。曲集が『ユーモレスク』と名付けられたのは、譜面がドイツの楽譜出版社、ジムロックに送付される寸前のことであった。楽譜は同年8月中に出版されている。

ジムロック社は、第7曲が大変な人気を博したのを利用して、さまざまな楽器や合奏のための編曲版も発表した。後に歌詞をつけて歌曲として発表され、また合唱曲としても編曲された[2]

日本における『ユーモレスク』の演奏(録音)のもっとも早い例として、1933年にわずか13歳の諏訪根自子がSPレコードで第7曲の録音を残している。(コロンビアレコード)

楽曲構成[編集]

次の8曲から成る。

  1. ヴィヴァーチェ (変ホ短調
  2. ポコ・アンダンテ (ロ長調
  3. ポコ・アンダンテ・エ・モルト・カンタービレ (変イ長調
  4. ポコ・アンダンテ (ヘ長調
  5. ヴィヴァーチェ (イ短調
  6. ポコ・アレグレット (ロ長調)
  7. ポコ・レント・エ・グラツィオーソ (変ト長調
  8. ポコ・アンダンテ - ヴィヴァーチェ - メノ・モッソー・クヮジ・テンポ・プリモ (変ロ短調

第1曲の主要主題は1892年大晦日にニューヨークでスケッチされ、「葬送行進曲」との但し書が付けられていた[3]。一方の副主題には、「街路で人々が歌う」と添えられていた。第4曲の開始主題もニューヨークでスケッチされており、実現しなかった歌劇『ハイアワサ』の素材が転用されている。 付点のリズムやペンタトニックの偏愛といった「アメリカ様式」は、その他の曲においても顕著である[4]

第7曲を使用した作品[編集]

註釈[編集]

  1. ^ Score, p. VI
  2. ^ Score, p. VII
  3. ^ Score, p. VI
  4. ^ Score, p. VI

参考文献[編集]

  • Antonín Dvořák: Humoresky. Critical Edition. Score. Prague: Bärenreiter Editio Supraphon, 1955. H 1274.

外部リンク[編集]