グスタフ・ランゲ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

グスタフ・ランゲGustav Lange 1830年8月13日 - 1889年7月20日)はドイツ作曲家ピアニストプロイセン王国ザクセン州エアフルト近郊のシュヴェーアシュテットに生まれ、ヴェルニゲローデにて死去。

生涯に400曲を超えるピアノ曲を生み出したが、そのほとんどが軽やかなサロン小品である。その中でも《エーデルワイス Edelweiß》 作品31、《花の歌 Blumenlied》 作品39、《荒野のバラ Heidenröslein》作品78などが有名だが、特に《花の歌》 は日本でも人気が高い。

外部リンク[編集]