阪倉篤義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

阪倉 篤義(さかくら あつよし 1917年5月23日 - 1994年10月22日)は日本国文学者国語学者京都大学名誉教授

来歴・人物[編集]

京都府出身で、父阪倉篤太郎漢学者1941年京都帝国大学文学部国文科卒業。京都大学教養部助教授1962年「語構成の研究」で京大文学博士1963年教授1981年定年退官、名誉教授、甲南女子大学教授。1991年秋、勲二等瑞宝章受勲。国語辞典などの監修者でも知られ、晩年は、師の新村出記念財団理事長を務め、広辞苑第三版(岩波書店、1983)、同第四版(1991)刊行に際し序文も担当した。

著作[編集]

単著[編集]

  • 『日本文法の話』(創元社)1955
  • 『日本文法辞典』弘文堂(アテネ文庫) 1957
  • 『語構成の研究』(角川書店)1966
  • 『文章と表現』(角川書店)1975
  • 『日本語の語源』(講談社現代新書)1978/ 増補版(平凡社ライブラリー)2011.3
  • 『日本語表現の流れ』(岩波書店)1993 など

校注・訳[編集]

共編著[編集]

  • 『古語小辞典』専門図書 1959
  • 『現代のことば』(寿岳章子樺島忠夫共著、三一書房) 1960
  • 『日本文法』樺島忠夫共著 三省堂 1967 指向と研究
  • 『夜の寝覚総索引』(高村元継、志水富夫共編 、明治書院)1974
  • 『国語学概説』(有精堂出版) 1975
  • 『日本語の基礎 自国語を再考する』編著 旺文社 1982 ラジオ大学講座
  • 『日本語の基礎』(放送大学教育振興会) 1986
  • 『家 一語の辞典』(浅見徹との共著、三省堂)1996
  • 『国語辞典』(林大との共著、講談社)

監修[編集]

参考[編集]