寿岳章子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

寿岳 章子(じゅがく あきこ、1924年1月2日 - 2005年7月13日)は、日本国語学者エッセイスト社会活動家

人物[編集]

寿岳文章寿岳しづ夫妻の長女として京都府に生まれる。 1946年(昭和21年)、東北帝国大学卒業[1]京都大学大学院へ進学。京都府立大学助教授、教授として同大学に36年間勤めた。 憲法・反核、まちづくり、福祉、女性差別是正などの要求実現に向けた発言や政治革新の運動のリーダーとして活動[2]。 「憲法を守る婦人の会」の活動に30年以上携わった。

弟は天文学者寿岳潤

著書[編集]

単著[編集]

  • レトリック 日本人の表現 共文社, 1966
  • 女は生きる 名前が語る女の歴史 三省堂新書, 1968
  • 花と詩の旅 芸艸堂, 1970
  • 働く婦人の講座 7 働く婦人の人間関係 汐文社, 1972
  • 女・人間として その生き方を考える 文研出版, 1974
  • ふるさとの花こよみ京都 芸艸堂, 1975
  • 日本語の裏方 講談社, 1978
  • 日本人の名前 大修館書店, 1979
  • 暮らしの京ことば 朝日選書, 1979
  • 日本語と女 岩波新書, 1979
  • 暮らしのことばと心 大月書店, 1980
  • 過ぎたれど去らぬ日々 わが少女期の日記抄 大月書店, 1981

 (NHKドラマ人間模様・いつか来た道, 1983 原作 本人役三田寛子

  • 室町時代語の表現 清文堂出版, 1983
  • 東北発信 大月書店, 1984
  • 永遠の水汲むわが母 弥生書房, 1984
  • 思いは深く 朝日新聞社, 1986
  • はんなりほっこり 新日本出版社, 1987
  • ことばづかいの昭和史 岩波書店, 1988 (岩波ブックレット)
  • 京都町なかの暮らし 草思社, 1988
  • 章子のことば教室 かもがわ出版, 1989 (かもがわブックレット)
  • 出会いに生きる 私のこころ暮らし 海竜社, 1991
  • 京に暮らすよろこび 草思社, 1992
  • 想父記 呼びかわす声 人文書院, 1993
  • 京の思い道 草思社, 1994
  • 出会いの地紀伊田辺 寿岳家との深いかゝわり 吉田弥左衛門, 1995 (続々々田奈部豆本)
  • ひとりで暮らすということ 海竜社, 1995
  • 湖北の光 草思社, 1995
  • ひたすら憲法 岩波書店, 1998
  • 京都、大好き。 ぱる出版, 1999

共編著[編集]

  • 文体の科学 樺島忠夫 綜芸舎, 1965
  • 日本の文章資料 樺島忠夫共編 綜芸舎, 1967
  • 国語表現法概説 樺島忠夫 有精堂出版, 1968
  • 双六 伝統的な日本の遊び 小西四郎,村岸義雄共著 徳間書店, 1974
  • 向日庵抄物集 清文堂出版, 1987
  • 父と娘の歳月 寿岳文章 人文書院, 1989
  • 無答責と答責 戦後五〇年の日韓関係 祖父江孝男共編 御茶の水書房, 1995
  • 「女・子供」の目 千田夏光共著 蕗薹書房, 1997

脚注 [編集]

  1. ^ 寿岳しづ『出身県別 現代人物事典 西日本版』p904 サン・データ・システム 1980年
  2. ^ 故寿岳章子さんを語る”. 新聞あかはた (2005年). 2022年7月9日閲覧。