日本語大辞典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

日本語大辞典講談社カラー版 日本語大辞典、にほんごだいじてん)は、講談社1989年11月6日初版第一刷(B5 2302ページ)を発行した辞典である。

1995年7月3日に第二版(B5判 2638ページ ISBN 978-4-06-125002-4)が発行された。

2001年12月6日にはアートディンクよりプレイステーション2用ソフト『TVware情報革命シリーズ 日本語大辞典』として電子版がリリースされた。ただし図版は収載されていない。

特徴[編集]

国語辞典百科事典の両方の特徴を持つ。同辞典の冒頭の『序』によると、国際化が進む中での日本語の現状を、情報処理の能率も鑑みながら、日本語の歴史的な背景視野に入れ、将来を含めて考察するための材料を提供することを目的とする。

全ページフルカラーによる図解写真を掲載(辞典ではじめて)。初版では現代語を中心に若干の古語も含めた17万5千余語を収録。そのうち、10万語に英訳が付いている。第二版では20万語を収録。内、12万語に英訳がついている。

講談社によれば、第二版は、以下の14の機能を併せ持つ[1]

  1. 日本語+百科辞典
  2. カラー大図解辞典
  3. 英語12万語辞典
  4. 漢字1万字辞典
  5. ワープロ区点コード辞典
  6. 学習基本古語辞典
  7. 日本・世界人名辞典
  8. 日本・世界地名辞典
  9. 動物・植物辞典
  10. カタカナ・外来語辞典
  11. 故事・ことわざ辞典
  12. 色名(色見本付)辞典
  13. アルファベット略語辞典
  14. 書く・話す実用辞典

監修[編集]

監修には、以下の各学界を代表する権威が名を連ねる(五十音順)。

出典[編集]