情報処理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

情報処理(じょうほうしょり、: information processing)は、元の「情報」から、計算により加工・抽出などをおこない、別の形の情報を得る手続き(処理(プロセス))である。利用・活用が可能な付加価値を目的とすることが多いが、定義としてはそれが目的でなくてもいっこうにかまわない。日本語としては、情報処理学会設立前夜の頃、IFIP設立など国際的に意識が高まりつつあったInformation Processingの(直)訳として使われ始めた語である[1]

なお、いわゆる(軍事などの)諜報活動en:Intelligence assessment であるが、意図的にか混同して「情報」の語を使っているらしき向きも見られる。

定義[編集]

法などでの定義としては、日本情報処理の促進に関する法律昭和45年法律第90号)の第2条第1項において、『「情報処理」とは、電子計算機計数型のものに限る。)を使用して、情報につき計算検索その他これらに類する処理を行なうことをいう。』(一部抜粋)という規定が見られる。ここで「計数型」と限っている理由は、電子式アナログコンピュータオペアンプ)を除くためである。

このほかにも、日本では、日本工業規格 (JIS) の『情報処理用語-基本用語』 (Glossary of terms used in information processing-Fundamental terms)(規格番号: JISX0001、原版: ISO/IEC 2382-1) における定義や、各種の学会の定款などに含まれる定義などもある。

概要[編集]

一般的に情報処理は、「情報を加工する工程」に対して何らかの情報(データと呼ばれるようなものも含む)を投入し、投入された情報を加工処理し、結果として生み出された付加価値の高い情報を活用するという一連の流れを有する。[要出典]多くの情報を高速に扱えることから「情報を加工する工程」におけるコンピュータの活用が現代では日常的に見られる。

日本においては、独立行政法人情報処理推進機構(IPA、旧・情報処理振興事業協会)や社団法人情報処理学会(IPSJ)などを通じて、情報処理に関する行事や情報処理にかかわる研究成果の発表なども行われている。また、日本には、国家試験として情報処理技術者試験も設けられており、情報処理を担う人材が形成されることの振興が図られている。

似た言葉に、英語のData processing(しばしばDPと略される)、日本語では「データ処理」がある。これは大型コンピュータ等によるデータの処理を指して使われた言葉である。情報処理をおこなうシステム情報処理システムという。情報処理の技術を情報技術という。情報処理に関連する学術分野としては、計算機科学情報科学情報学情報工学などがある。

Information Processing という用語の由来[編集]

一般に Information Processing とは何らかの観測可能な形での情報の変化(処理)である。すなわち、岩の落下による位置情報の変化からデジタルコンピュータシステムによるテキストファイルの印刷まで、宇宙で起こるあらゆる事象を描写するプロセスである。テキストファイルの印刷の例で言えば、コンピュータは何らかのデジタル情報を紙の上の文書という形式に変化させる。クロード・シャノンは、 Information Processing を「潜在的情報から明示的情報への変換」と定義した。[要出典]情報が潜在的か明示的かは、あいまい度(equivocation; 送信側で送った情報の不確実な度合い)、散布度(dissipation; 受信側が受け取った内容を送信側が確認できない不確実性)、伝送情報量(transiformation; あいまい度から散布度を引いた量、すなわち保持された情報量)で定義される。

認知心理学では、Information Processing とは人間の思考を理解するという目標へのアプローチである。1940年代から1950年代に使われるようになった。このアプローチでは、認識を脳という「ハードウェア」上で「精神」という「ソフトウェア」が動作して処理しているものとみなす。心理学における Information Processing 的アプローチは、(完全に同義とは言えないが)心理学における認知主義や哲学における機能主義に密接に関連している。Information Processing は逐次的なモデルも並列的なモデルもあるし、集中的なモデルも分散的なモデルもある。並列分散処理モデルは1980年代中期にコネクショニズムとして一般化した。なお、そういった脳のモデルが提唱される以前の1950年代初期のことであるが、フリードリヒ・ハイエクが『ニューラルネットの原理を初めて提唱した科学者として「再発見」されている』という主張がある[2]

このようなことから、日本で使われている情報処理という用語を Information Processing に直訳しても理解されないことが多いため、注意が必要である。英語では Computingコンピューティング)が比較的近い。

情報処理に関する検定試験[編集]

特に「情報処理」の名称を冠した試験としては、次のものがある。

誌名[編集]

情報処理学会の学会誌の名称は『情報処理』である。

[編集]

  1. ^ (PDF)情報処理学会50年誌 第1編 1章 1.1 より
  2. ^ http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51292634.html

関連項目[編集]