吉田正春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

吉田 正春(よしだ まさはる、1852年6月6日嘉永5年4月19日) - 1921年大正10年)1月18日[1])は、日本外交官吉田東洋の嫡男。通称は源太郎。静海、暦園と号した。家紋は「半二つ引両」。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

1852年6月6日嘉永5年4月19日)、土佐藩参政上士)吉田東洋の嫡男として、高知城下に生まれる。母は後藤正澄の三女(琴)。

1862年5月6日文久2年4月8日)、11歳の時に父東洋が高知城下帯屋町で、土佐勤王党那須信吾大石団蔵安岡嘉助によって暗殺される。

1864年元治元年)、13歳で母が病死し、以後従兄の後藤象二郎の扶助によってに育てられ、土佐藩校の致道館で学ぶ。象二郎も幼少期に父正晴を失い、義理の叔父にあたる東洋に預けられて育ったので、彼にとっては恩返しの意味も込められ、東洋暗殺の首犯(武市瑞山)検挙と、遺児正春を大切に育てることを誓っていた。

官僚時代[編集]

1871年明治4年)の廃藩置県を期に上京し、英語学を修めて外務省に奉職。

1879年(明治12年)5月20日、親友で旧土佐藩士の真辺正精が高知から来訪し、正春の眼前で自殺した。

1880年(明治13年)外務省理事官に任ぜられる。同年4月6日、外務卿井上馨より、ペルシアと日本との国交樹立や貿易の準備のための情勢調査の命を受けて、外務省御用掛の正春を正使、陸軍工兵大尉の古川宣誉を副使とし、他に商社大倉組横山孫一郎らの商人たちと軍艦比叡(艦長伊東祐亨)に乗り出航する。

1880年(明治13年)7月、インド人の通訳や、ペルシア人の料理夫などを含めた総勢10人の使節団を率いて、ペルシア湾岸のブーシェフルから、駱駝に跨がってイラン高原を北上、シーラーズを通り、ペルセポリスなどの遺跡や、エスファハーンを経由して、9月10日、首都テヘランに到着し、9月27日、日本人として初めてペルシアを訪れ、ペルシア国王ナーセロッディーン・シャーに謁見し通商開始の許可を得た。約2ヶ月後の12月30日にテヘランを発ち、カスピ海を渡り、1881年(明治14年)2月12日にオスマン帝国の首都イスタンブールに到着、日本人として初めてオスマン皇帝(アブデュルハミト2世)に謁見した。その後、オーストリア=ハンガリー帝国ウィーンロシア帝国サンクトペテルブルクを通って帰国している。その後法制局に転じて、1882年(明治15年)、大日本帝国憲法の制定準備のために伊藤博文が欧州を見学することとなり、正春もこれに随行して渡欧する。

退官以降[編集]

欧州から帰国後、退官して大和新聞社に入る。また立志社に入り板垣退助らの自由民権運動に加わって言論活動を盛んにし、従兄の後藤象二郎を補佐して大同団結運動にも活躍した。

1894年(明治27年)、『回疆探検 波斯之旅』を著す。

晩年は中国大陸に渡り、日中親善に尽力した。

1921年大正10年)1月18日逝去。享年70。東京谷中霊園に葬られ、親友の真辺の横に墓が建てられた。法名は等正院明堂静海大居士。

家族[編集]

補注[編集]

  1. ^ 谷中霊園の「吉田正春」の墓碑参照。

参考文献[編集]

  • 『吉田正春談話筆記抄』(「『土佐維新史料 日記篇2』平尾道雄編」に所収)
  • 『回疆探検 波斯之旅』吉田正春著、博文館1894年
  • 『回疆探検 ペルシャの旅』吉田正春著、中央公論社1991年
  • 『波斯紀行』古川宣誉著、参謀本部編、1891年
  • 『明治期先覚者 吉田正春とその事績。「考古学」および「西アジア」の視点より』大津忠彦著、2007年8月(『人間文化研究所年報』、筑紫女学園大学・短期大学部人間文化研究所に所収)

関連項目[編集]


先代:
吉田東洋
土佐吉田氏
1862年 - 1921年
次代:
-