中田喜直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1952年

中田 喜直(なかだ よしなお、1923年大正12年)8月1日 - 2000年平成12年)5月3日)は、日本作曲家

概要[ソースを編集]

東京市(現在の東京都渋谷区)出身。『ちいさい秋みつけた』や『めだかの学校』、『夏の思い出』など、今日も小中学校の音楽の時間で歌い継がれている数々の童謡楽曲作曲した日本における20世紀を代表する作曲家の一人である。

父は「早春賦」で知られる作曲家の中田章、兄は作曲家・ファゴット奏者の中田一次である。妻の中田幸子は、音楽出版ハピーエコーの代表であり、喜直の作品を多数出版している。また、はいだしょうこ声楽の師匠でもある。

  • 本名 : 中田喜直(字は同じで、下の名前の読みが「よしただ」)
  • 苗字の読み方は「なか」ではなく「なか」である。

因みに甥の中田佳彦は大瀧詠一細野晴臣共通の友人で、ポップスの勉強会を立ち上げる等交流のあった人物、大瀧と「EYES」というデュオを組んでいた時期がある。後に大瀧のアルバム「大瀧詠一」収録の「おもい」のアレンジを手掛ける。それが縁でアルバム「多羅尾伴内楽団Vol.1」において「雪の降る街を」をインストでカバーしている。

経歴[ソースを編集]

年譜[ソースを編集]

活動など[ソースを編集]

中田章の三男として生れる。父は物心ついた頃にはすでに病床に伏しており、音楽については兄の一次から教わったという。1933年には最初の歌曲を書いている。1935年には、映画『別れの曲』の影響でショパンに心酔しピアニストを志望するようになる。

青山学院中等部を経て1940年、東京音楽学校(現・東京芸術大学)ピアノ科に入学。戦時(太平洋戦争)のため繰り上げ卒業をした後は、特別操縦見習士官(第1期)となり宇都宮陸軍飛行学校に入校、帝国陸軍航空部隊戦闘機操縦者となる。陸軍少尉に任官し、四式戦闘機「疾風」を装備する飛行第51戦隊附としてフィリピン戦線インドネシアに赴き、本土で特攻隊要員として終戦を迎えた。

ジャズピアニスト志望であったが、手が小さいことから断念し、終戦後の1946年には作曲家グループ「新声会」に入会。歌曲の伴奏をつとめるかたわら、作曲家としての活動を本格的にスタートさせる。NHK「ラジオ歌謡」や「歌のおばさん」、「えり子とともに」などラジオ番組にも積極的にかかわり、これらの番組において「夏の思い出」や「かわいいかくれんぼ」「雪の降るまちを」などを生み出している。

1953年にはフェリス女学院短期大学音楽科講師に就任し、その後40年にわたって教職を勤め上げた。在職中、教え子であった妻幸子と出会い結婚。同校とのかかわりのなかで生まれたものに、プロ合唱団「フェリス女声合唱団」(のちの日本女声合唱団)のために書いた多くの女声合唱曲や、著書『実用和声学』(音楽之友社)がある。1988年からは神戸山手女子短期大学でも教えた。

1955年大中恩磯部俶宇賀神光利中田一次と「ろばの会」を結成。この会は中田が亡くなる2000年まで活動を続け、数多くの童謡のレコード・楽譜を世に送った。また、1956年には「蜂の会」に参加し、ここで歌曲「サルビア」「おかあさん」などを発表。1969年に設立された日本童謡協会にもかかわり、のちに会長に就任する。

2000年5月3日に亡くなるまでに書かれた作品は3000近くといわれている。その全貌はまだ明らかになっていない。校歌や社歌・自治体のための歌も少なくない。

人物[ソースを編集]

  • 父は「早春賦」を作曲した中田章であり、喜直も日本の四季を題材にした曲を多数作った。春については、「もうすぐ春だ」(内村直也作詞)、「もう春だ」(夢虹二作詞)、「春のむすめ」(立原えりか作詞)、「ああプランタン無理もない」(サトウハチロー作詞)等がある。生前、喜直は、春の歌に関しては、次のように書き残している。
春の歌を色々作ったのだが、どうもヒットしない。そこでなぜか考えていたら、ふと思い当たることがあった。「早春賦」という歌が今でもよく歌われているが、これは私の父(中田章)の作曲した唯一知られている歌曲で、あとは何もない。歌われている曲がたった一つしかないのである。それが春の歌であるから、私はなるべく邪魔をしないで、敬意を表することにした。

 などと言って、講演の時に聴衆を笑わせることがある。[1]

  • 中田には運動家・提唱者としての側面もあった。とりわけ嫌煙運動家としての顔が知られており、1980年には渡辺文学と『嫌煙の時代』(波書房)を出版している。『随筆集 音楽と人生』(音楽之友社)では、第2章「タバコについて」、第9章「もう一度タバコについて」、第10章「野球のこと、そしてまたタバコのこと」と、全10章中3章がタバコ関連の文章で占められており、これら以外の章にも散見される。中田の評伝を出版した牛山剛によると、「中田はよく音楽にまつわる講演を頼まれたが、普通なら忙しくて断わるときでも、『タバコの話』さえできれば、喜んでどこへでも出かけて行った」(『夏がくれば思い出す――評伝 中田喜直』新潮社、p. 197)という。これだけ熱心な嫌煙家になったきっかけは、父が晩年に結核に倒れてもなおタバコを吸い続けるほどの愛煙家であり、その彼を見ていた母からタバコの害を聞かされていたことだという。
  • 自分の手が小さく、ピアノを弾くのに苦労したという中田は、ピアノを習う子供たちのために鍵盤の幅を細くすることを提唱した。提案だけでなく実際に作らせ、自身の作曲に使用した。「細幅鍵盤運動」は嫌煙に次いで力を注いだ分野であったが、嫌煙運動ほどの反響を得ることはできなかった。また、政治や社会の問題に対しても積極的に発言し、読売新聞気流」欄や朝日新聞「声」欄に熱心に投稿した。騒音問題(駅や飛行機のBGMも彼にとっては「騒音」であり、車掌やスチュワーデスに音楽を止めるよう直接要求したことさえある)、反核・反地雷、憲法改正など彼の発言は多岐にわたる。
  • 君が代について、次のように述べ、君が代のメロディによく合った日本国民のみんなが納得するような内容の歌詞をつけ直してはどうか、と提言している。
メロディはいいのだが、言葉とメロディが全く合っていないのだ。歌詞が短くて、メロディが長い。それを無理に合わせようとしたので最低の歌曲になってしまった。(中略)歌曲は、言葉(歌詞)とメロディがよく合っていて、自然にきこえなければ駄目です、ということなのだ。

「なつがくーればおもいだず」ならば不自然ではないが、

「なーつがくれーばおーもいだすう」では気持ち悪くて誰も歌わないだろう。(中略)

私はいろいろな会で「君が代」が演奏された時、必ず立上がってきちんとした姿勢をとる。しかし決して歌わない。出来そこないの歌だから歌えない。[1]

  • 憲法改正について、日本国憲法は、「かなり短い時間で作られたもので、あの戦争や日本が負けたことを考えれば、それなりによく出来ており、特に戦争放棄やその後自衛隊が出来てからの海外派遣の禁止等も、日本の運命の重大な不幸を未然に防いだ効果は非常に大きい」としながらも、「世界情勢と日本国憲法を普通に常識的に見てみると、今の憲法が日本と世界の現実と合っていないことがわかる」として、憲法改正を主張した。皇室について、「黛敏郎氏とはまったく違うが、皇室を大切にしたいという気持は十分にある」とし、天皇を日本国および日本国民統合の象徴とする規定は、物体でない人間に国民の精神的な連帯の絆を求められては「天皇はたまったものではない」と述べ、むしろ「『天皇は、日本国の伝統文化の象徴である』という風に直したいと思っている」と述べている。[1]

作曲[ソースを編集]

器楽曲[ソースを編集]

  • 小さなヴァイオリニスト(ヴァイオリン・ピアノ)
  • フルートとピアノのための「日本の秋の歌」
  • 2台のピアノのための音楽「無宗教者の讃美歌」
  • 2台のピアノのための「軍艦マーチによるパラフレーズ」
  • 雨の夜に(ピアノ)
  • ピアノ・ソナタ
  • ピアノのための組曲「光と影」
  • ピアノのための組曲「時間」
  • 四手連弾のための組曲「日本の四季」
  • 子どものための8手連弾ピアノ曲「日本ふうのメロディーによる主題と変奏曲」

歌曲・童謡・放送歌謡など[ソースを編集]

のちに合唱曲に編曲された作品も少なくない。

合唱曲[ソースを編集]

  • 混声合唱曲集「午後の庭園」
  • 混声合唱組曲「海の構図」
  • 混声合唱組曲「昇天」
  • 合唱組曲「おかあさんのばか」(混声・男声・女声版あり。磯部俶との共作)
  • 混声合唱とピアノのための組曲「都会」
  • 女声合唱とバリトンソロ・管弦楽のためのカンタータ「新しい山河」
  • 女声合唱組曲「美しい訣れの朝」
  • 女声合唱組曲「蝶」
  • 朝のうた(第17回NHK全国学校音楽コンクール小学校の部課題曲)
  • 祭りの宵(第19回同小学校の部課題曲)
  • 美しい秋(第33回同中学校の部課題曲)
  • 心の馬(第50回同中学校の部課題曲)

校歌作曲[ソースを編集]

  • ま行
    • 舞鶴市立若浦中学校校歌
    • 三次市立甲奴中学校校歌
    • 水戸市立新荘小学校校歌
    • 水戸市立双葉台小学校校歌
    • 目黒区立宮前小学校校歌
    • 町田市立忠生第五小学校校歌
    • 村上市立山辺里小学校校歌

脚注・出典[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 中田喜直『随筆集 音楽と人生』1994年 音楽之友社

参考文献[ソースを編集]

  • 牛山剛『夏がくれば思い出す――評伝 中田喜直』2009年 新潮社