堀絢子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ほり じゅんこ
堀 絢子
プロフィール
性別 女性
出生地 満州国の旗 満州国遼寧省奉天市
(現・中華人民共和国の旗 中国瀋陽市
生年月日 (1942-02-02) 1942年2月2日(76歳)
血液型 A型
身長 145 cm
職業 声優舞台女優
事務所 ぷろだくしょんバオバブ
声優活動
活動期間 1960年代 -
ジャンル アニメゲーム吹き替え
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

堀 絢子(ほり じゅんこ、1942年2月2日[1] - )は、日本声優舞台女優ぷろだくしょんバオバブ所属。青山学院大学文学部英文科卒業。身長145cm[2]

読み方を、「ほり あやこ」と誤読されることがあるが、「じゅんこ」が正しい読み方。

経歴[編集]

満州国奉天市(現・瀋陽市)に生まれる[3]。父は医師で、のちには山口県下関市で開業医を営んでいた[3]。父は1945年6月に徴用を受けて広島市第5師団で軍医となったが、広島市への原子爆弾投下に遭遇して被爆、三次市に運ばれたのち、妻(堀の母)の到着後に40歳で亡くなった[3]。自身に父の記憶はあまりなく、母が涙とともに話すのを何度も聞いて育ち「生き残された私が何かしなければ」という思いを持ったと述べている[3]。母は広島出身だった[4]

少女時代に、高橋和枝がラジオ番組で様々な人物の声を演じ分けるのを聞いて役者に憧れる[5]。母親から反対されたため隠れて児童劇団に入り、アルバイトで俳優の勉強に必要な資金を自弁した[5]。進学も医学薬学系でなければ不可という母の意向に対し、理系科目が不得意だったことからこれも学資を自分で貯めて青山学院大学文学部に進学する[5]

舞台女優として文学座に所属していた時期に、樋口一葉水木洋子脚色「にごりえ」、飯沢匡作「沈氏の日本夫人」、有吉佐和子作「ふるあめりかに袖はぬらさじ」などに出演、当時文学座のカリスマとされた杉村春子からも評価された[要出典]

堀によると、最初の声の仕事はラジオ東京(現・TBSラジオ)の「マチネ劇場」という朗読劇だったという[5]。その後、吹き替えやCMソングなど持ち込まれる仕事を断らずに引き受けたことから「便利な役者」として「かわいがって頂きました」と述べている[5]

演じた役の中で、『ムーミン』のミイは「自己主張がはっきりしていてハツラツとしたかわいらしさがあって、今でも大好き」だと話している[6]

1971年から演じた『新オバケのQ太郎』のQ太郎役は、当初は初代の曽我町子が引き続き担当する予定であったが、曽我が多忙であったこと、TBS系であった初代との差別化(『新オバQ』は日本テレビ系)などで堀に決まったという[要出典]

原爆で死亡した父への思いから、山本真理子原作『広島の母たち』(岩崎書店)の舞台『朝ちゃん』(一人芝居、一人五役)を1989年より公演している[3]。これは、被爆して死ぬ少女「朝ちゃん」を主役とした反戦劇である[3]。「反戦=半千」という意味で、500回の公演を目指している[3]。この役作りのため、堀は2015年時点でも頭髪をおかっぱにしている[3]

人物[編集]

快進撃TVうたえモン』・『笑っていいとも!』・『INsideOUT』や、舞台『朝ちゃん』関連(広島県のテレビ局の報道取材)等の女優活動を行う時以外は「キャラクターのイメージを壊す」という理由で顔出し出演をしたことがない。『INsideOUT』における顔出しテレビ出演は、戦争特集のため、主役の朝ちゃんが着るセーラー服姿で登場した。

大胆MAP』では一回目の交渉で、テレビ出演を拒否し、写真公開のみになった。二回目の交渉で見てみたい声優として、第1位ランクイン、タカアンドトシがやってきたときも、テレビ顔出しを拒んだが、タカが土下座をしたりするなどの粘り強さに根負けし、顔出し出演をすることとなった。そしてリクエストで、三人で『忍者ハットリくん』の主題歌を歌った。顔出しで登場の際には「テレビ初出演」と表記されたが、初出演は間違いであり、『朝ちゃん』関連の取材や、1994年の『笑っていいとも』で顔出しゲスト出演している。その際はハットリ君とウッドペッカーの声を披露した。その後2011年11月12日に放送された、『お願い!ランキング』で全声優に聞いたすごい声優において、やむをえずに再び顔出し出演し、『忍者ハットリくん』のハットリくんの声とムーミンのミイの声を披露した。

家族[編集]

母方の伯父は東京国立博物館技官共立女子大学教授・日本美術史家の奥平英雄、叔父に日本弦楽指導者協会理事・広島支部長であったバイオリン教師の奥平弘和、従兄弟に東京国立博物館技官・早稲田大学教授・日本美術史家の村重寧

賞歴[編集]

出演[編集]

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ[編集]

1966年

1967年

1968年

1969年

1970年

1971年

1973年

1974年

1975年

1976年

1977年

1978年

1979年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1987年

1989年

1991年

1992年

1995年

1996年

1997年

1999年

2001年

2002年

2003年

2006年

2007年

2012年

2013年

2014年

OVA[編集]

1989年

劇場アニメ[編集]

1962年

1963年

1965年

1966年

1968年

1980年

1981年

1982年

1983年

1984年

1985年

1986年

1990年

1993年

1998年

Webアニメ[編集]

2008年

ゲーム[編集]

1995年

1997年

1998年

2003年

吹き替え[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

アニメ[編集]

特撮[編集]

人形劇[編集]

おかあさんといっしょ[編集]

マスクプレイ人形劇[編集]

音楽CD[編集]

  • ボワジュースのうた(劇場アニメ『空飛ぶゆうれい船』挿入歌、滝口順平とのデュエット)
  • NHKおかあさんといっしょ40年の300曲
  • 新オバケのQ太郎(『新オバケのQ太郎』主題歌)
  • ドラマCDWジュリエット(三浦光子)
  • ちいさなミイ(「ムーミン」ED「懐かしのミュージッククリップ20 ムーミン」所収)
  • 忍者ハットリくん
  • 忍者ハットリくん・全曲集
  • プリンプリン物語ソングブック

その他[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 堀絢子 - U-NEXT
  2. ^ 堀 絢子”. @nifty タレント図鑑. nifty. 2011年11月29日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ a b c d e f g h “女優・堀絢子氏、被爆死の父思い「反戦」芝居(戦争と私) 戦後70年インタビュー”. 日本経済新聞. (2015年8月7日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO89788170X20C15A7000000/ 
  4. ^ 堀絢子の声優道(3)”. 主婦の友インフォス(声優グランプリWEB) (2013年1月23日). 2017年10月9日閲覧。
  5. ^ a b c d e 堀絢子の声優道(1)”. 主婦の友インフォス(声優グランプリWEB) (2012年12月26日). 2017年10月9日閲覧。
  6. ^ 堀絢子の声優道(2)”. 主婦の友インフォス(声優グランプリWEB) (2013年1月9日). 2017年10月9日閲覧。
  7. ^ “「第11回 声優アワード」受賞者の一部を先行発表! 小林清志さん・清水マリさん・堀絢子さん・中尾隆聖さん・島本須美さんが受賞決定”. アニメイトタイムズ (アニメイト). (2017年2月21日). http://www.animatetimes.com/news/details.php?id=1487652061 2017年2月21日閲覧。 
  8. ^ わんぱく探偵団”. メディア芸術データベース. 2016年9月20日閲覧。
  9. ^ アラビアンナイト シンドバットの冒険”. 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。
  10. ^ 太陽の子エステバン”. ぴえろ公式サイト. 2016年5月14日閲覧。
  11. ^ タイムスリップ10000年 プライム・ローズ”. 手塚治虫公式サイト. 2016年5月21日閲覧。
  12. ^ シンデレラボーイ”. AT-X. 2016年6月11日閲覧。
  13. ^ わんわん忠臣蔵”. メディア芸術データベース. 2016年10月25日閲覧。
  14. ^ a b 太陽の王子 ホルスの大冒険”. メディア芸術データベース. 2016年10月30日閲覧。
  15. ^ 亡念のザムド”. メディア芸術データベース. 2016年8月28日閲覧。
  16. ^ キングコング”. メディア芸術データベース. 2017年2月11日閲覧。
  17. ^ インド版「忍者ハットリくん」が日本逆上陸 5月13日アニマックス放映開始 | アニメ!アニメ!
  18. ^ オープニングでは「唄」ともクレジットされているが、参加していない。

外部リンク[編集]