コンテンツにスキップ

山下啓介

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
やました けいすけ
山下 啓介
プロフィール
本名 山下 啓介[1]
性別 男性
出身地 日本の旗 日本東京府東京市
生年月日 (1941-09-25) 1941年9月25日
没年月日 (2024-06-08) 2024年6月8日(82歳没)
身長 162 cm[2]
職業 俳優声優
事務所 テアトル・エコー(最終所属)
俳優活動
ジャンル テレビドラマ映画舞台
声優活動
ジャンル アニメゲーム吹き替え
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

山下 啓介(やました けいすけ、1941年9月25日[3][4][5] - 2024年6月8日[6][7])は、日本俳優声優テアトル・エコー最終所属[4][5]東京都(当時は東京府東京市)出身[4][5]

主な出演作に『仮面ライダー』(ショッカー戦闘員の掛け声)、『勇者ライディーン』(荒磯ダン)などがある[4][6][8]

経歴

[編集]

中学・高校の頃は劇団ひまわりで活動[4][5]。同期には俳優の宮口二郎・久本昇、声優の石丸博也などがいた[4][5]東京都立工芸高等学校卒業[5]後は就職するが、数年後にテアトル・エコーへ入団した[4]

アニメ作品では、『勇者ライディーン』の荒磯ダンや『てんとう虫の歌』の木介など太った少年役を多く演じた[4]。独特の高い声を用いることもあり、『仮面ライダー』ではそれを活かして甲高い雄叫びを得意としていた[5]

『仮面ライダー』に登場するショッカー戦闘員の掛け声「イーッ!」を考案したのは山下とされる[8][9]。当初の掛け声は「トオー」だったが、演じる大野剣友会の若いメンバーには腹に力を入れた発声が難しかったため、アフレコ中に山下がたまたま叫んだ「イーッ」という声をミキシングの太田克己が採用し、一般化したという[9]

2024年6月8日早朝、死去[6][7]。82歳没。かねてから病気療養中だったという[6]。訃報は6月14日に公表された[10]

出演

[編集]

テレビドラマ

[編集]

映画

[編集]

テレビアニメ

[編集]
1970年
1972年
1973年
1974年
1975年
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1984年
1985年
1986年
1987年
1988年
1989年
1990年
1991年
1993年
1994年
1995年
1996年
1997年
1998年
1999年
2006年

劇場アニメ

[編集]
1974年
1977年
1980年
1982年
1983年
1985年
1986年
1987年

OVA

[編集]
1987年
1989年
1990年
1992年
1993年
1994年
2003年

ゲーム

[編集]
1997年
1999年
  • 宇宙戦艦ヤマト 遥かなる星イスカンダル(ヒス)
2000年
2001年
2004年
2005年
2007年
2008年
2011年
2015年
2017年
2018年
2019年

吹き替え

[編集]

映画

[編集]

ドラマ

[編集]

アニメ

[編集]

特撮

[編集]
1970年
  • チビラくん(第24話のラジオDJの声、最終話の科学調査委員、避難を呼びかける円盤、ロケット秒読みの声)
1971年
  • 仮面ライダー(1971年 - 1973年、地獄サンダーの声、カビビンガの声、ヒルゲリラの声、フクロウ男の声、サイギャングの声、イモリゲスの声、ネコヤモリの声、ハエトリバチの声)
1972年
1973年
1974年
1975年
1976年
1979年
1981年
1984年
1985年
1996年
2005年

ドラマCD

[編集]

ラジオドラマ

[編集]
  • FMシアター
    • 海のなかの砂漠(1999年 / 画材屋店員)
    • ロシア・ユーラシアの現代文学 最初の教師(2003年)
  • オールナイトニッポン
    • 宇宙戦艦ヤマト(1977年 / ヒス副総統、防衛軍兵士)
    • さらば宇宙戦艦ヤマト(1978年 / 兵士)

ボイスオーバー

[編集]

人形劇

[編集]
1982年
1990年

舞台

[編集]
  • 劇団飛行船 桃太郎(鬼たち)※声の出演
  • ミランダ(明治百年記念芸術際バレエ特別公演 / 1968年)
  • 王様と私(帝国劇場 / 中日劇場)
  • 山吹(パルコ公演 / 1992年)
  • モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」(新国立劇場オペラ研修所2005年研修公演 / 助演)
  • KIRA〜赤穂事件推理帳〜(2010年)
  • テアトル・エコー公演
    • 11ぴきのネコ(1973年)
    • 馬かける男たち(1997年)
    • あしたも7時(1997年)
    • ら抜きの殺意(2002年)
    • ルーム サービス(2004年 / ティモシー・ホガース役)
    • 朝の時間(2005年)
    • 大都映画撮影所物語(2006年 / 岩原源三役)
    • お手を拝借!(2009年 / 森川びん役)
    • 白い病気(2010年 / パパ役)
    • フレディ(2012年 / ブイッス役)
    • プロポーズ・プロポーズ(2012年)
    • 諸国を遍歴する二人の騎士の物語(2015年 / 騎士1役)※熊倉一雄の代役

出典

[編集]
  1. ^ 『日本タレント名鑑(2015年版)』VIPタイムズ社、2015年1月28日、393頁。ISBN 978-4-904674-06-2 
  2. ^ 山下 啓介”. テアトル・エコー. 2020年7月17日閲覧。
  3. ^ 『声優名鑑』成美堂出版、1999年8月、676頁。ISBN 4-415-00878-X 
  4. ^ a b c d e f g h OFM仮面ライダー5 2004, p. 33, 小川びい「仮面劇の主役たち ライダーを支えた10人の声優 第9回 山下啓介の巻」
  5. ^ a b c d e f g 仮面ライダー怪人大画報 2016, pp. 208–209, 「仮面ライダー スタッフ・キャスト人名録 2016年版」
  6. ^ a b c d 訃報”. テアトル・エコー稽古場日誌. 2024年6月14日閲覧。
  7. ^ a b 【訃報】山下啓介”. テアトル・エコー (2024年6月14日). 2024年6月15日閲覧。
  8. ^ a b 『エリック&ノーマン』本庄”. テアトル・エコー稽古場日誌. 2024年6月14日閲覧。
  9. ^ a b 『仮面ライダーX・アマゾン・ストロンガー大全』双葉社、2004年9月、69頁。ISBN 4-575-29732-1 
  10. ^ 【訃報】山下啓介”. テアトル・エコー. 2024年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年6月18日閲覧。
  11. ^ ジャングル黒べえ”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2024年5月6日閲覧。
  12. ^ 勇者ライディーン”. メディア芸術データベース. 2022年1月12日閲覧。
  13. ^ UFO戦士ダイアポロン”. エイケン オフィシャルサイト. 2016年6月22日閲覧。
  14. ^ UFO戦士ダイアポロン”. メディア芸術データベース. 2022年1月12日閲覧。
  15. ^ キリン名曲ロマン劇場 野ばらのジュリー”. メディア芸術データベース. 2022年1月12日閲覧。
  16. ^ CHARACTER”. 『戦闘メカ ザブングル』公式サイト. サンライズ. 2023年3月19日閲覧。
  17. ^ ハーイ あっこです”. メディア芸術データベース. 2022年1月12日閲覧。
  18. ^ キャラクター”. 魔神英雄伝ワタル. 2020年6月14日閲覧。
  19. ^ 『魔動王グランゾート メモリアルブック』新紀元社、2006年5月17日、149頁。ISBN 978-4-7753-0461-7 
  20. ^ 『魔神英雄伝ワタル メモリアルブック』新紀元社、2006年3月3日、148頁。ISBN 978-4-7753-0436-5 
  21. ^ キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション作品ラインナップ. D51の大冒険 きかんしゃやえもん. 東映アニメーション. 2024年5月6日閲覧。
  22. ^ 宇宙戦艦ヤマト 劇場版”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  23. ^ キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション作品ラインナップ. ゲゲゲの鬼太郎. 東映アニメーション. 2024年5月6日閲覧。
  24. ^ X電車でいこう”. マッドハウス. 2016年6月8日閲覧。

参考文献

[編集]
  • 小川びい『ロマンアルバム アニメ声優ハンドブック こだわり声優事典'97』1997年3月10日発行
  • 『KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー』 Vol.5《仮面ライダーX》、講談社、2004年11月10日。ISBN 4-06-367094-5 
  • ホビージャパンMOOK『仮面ライダー怪人大画報』2007年12月18日発行

外部リンク

[編集]