シートン動物記 くまの子ジャッキー

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

シートン動物記 くまの子ジャッキー
ジャンル ファミリー文学伝記[1]
アニメ
原作 アーネスト・T・シートン
監督 黒田昌郎
脚本 中西隆三、佐藤道雄、高山由紀子
キャラクターデザイン 森やすじ
音楽 小森昭宏
製作 日本アニメーション(企画・製作・制作)
朝日放送(制作)
放送局 テレビ朝日系列
放送期間 1977年6月7日 - 12月6日
話数 全26話
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ
ポータル アニメ

シートン動物記 くまの子ジャッキー』(シートンどうぶつき くまのこジャッキー)は、1977年6月7日から同年12月6日までテレビ朝日系列局で放送されていたテレビアニメである[2]日本アニメーションの製作。全26話。放送時間は毎週火曜 19:30 - 20:00 (日本標準時)。

日本アニメーションによる『シートン動物記』アニメ化作品の第1作[2][3]。原作は同作の中の「タラク山の熊王」[2]。後にモナークの名で人々に恐れられた熊がその幼少期、ジャックと呼ばれていたころのエピソードをもとに映像化した。原作における人間側の主人公ラン・ケルヤンが、ランとケルヤンの親子として分けて再設定されているのをはじめ、原作からは大幅なアレンジが施されている。同じ日本アニメーションの世界名作劇場シリーズと同様にリアリティを重視した演出がなされており、動物同士の会話シーンでは口パクを使わずに台詞を話すという趣向が凝らされている[2]。また、森やすじのデザインによる愛らしいキャラクターも特徴的だが[2][3]、本作は森が作画監督に近い形で関わった(第1話、第2話)最後の作品となった[4]

1977年、厚生省児童福祉文化奨励賞、文化庁こども向けテレビ用優秀映画賞を受賞[3]

あらすじ

アメリカ独立から100年が経った19世紀末期のアメリカ合衆国カリフォルニアシェラネバダ山脈の一角に高くそびえるタラク山英語版の麓で暮らすネイティブ・アメリカンの少年ランは、「タラク山の神様」と呼ばれる雌の熊・ピントーの子供たちと出会う。ランは牧場主の娘アリスとともに子熊たちと仲良くなり、雄の子熊に「ジャッキー」、雌の子熊に「ジル」と名付ける。ある日、ランの父ケルヤンが人命救助のため、母熊を射殺してしまう。ランはせめてもの償いとしてジャッキーとジルを自宅に連れ帰り、2匹を育てようと決意する[3]

登場人物

ハイイログマの親子

ジャッキー
- つかせのりこ
子熊の兄妹の兄。本作の主人公[3]。わんぱくな性格[3]
ジル
声 - 横沢啓子
子熊の兄妹の妹[3]。兄とは対照的に用心深い性格[3]
ピントー
声 - 遠藤晴
ジャッキーとジルの母親[3]。最期はケルヤンに銃で撃たれ死亡[3]

ランの家族・知人

ラン
声 - 松尾佳子
ジャッキーの親友。ケルヤンの息子。母熊を失ったジャッキーとジルと共に暮らすようになる[2][3]
ケルヤン
声 - 筈見純
ランの父親。部族からは離れ、ジャクソンの別荘の管理人をしている。
ロッキー爺さん
声 - 永井一郎
ランたちの住居の近くの川で砂金採りをしている。昔は南北戦争に参加していた。
長老
声 - 杉田俊也
ランやケルヤンの部族の長老。

ジャクソン牧場の人々

アリス
声 - 井上瑤
ランの友達[3]。ジャクソンの娘。
エレン
声 - 麻生美代子
アリスの家庭教師、付添い人。
ジャクソン
声 - 細井重之
アリスの父親。牧場主。コックスらからは旦那と呼ばれている。
コックス
声 - 仲木隆二
ジャクソン牧場の牧童頭。
ペドロ
声 - 山下啓介
ジャクソン牧場で雇われている牧童。ファコの兄。
ファコ
声 - 肝付兼太
ジャクソン牧場で雇われている牧童。ペドロの弟。

その他

ボナミィ
声 - 加藤修
クマ撃ちの猟師。
ナレーター、シートン[1][3]
声 - 高木均
作中のナレーションを担当。

スタッフ

主題歌

オープニングテーマ - 「おおきなくまになったら」
作詞 - 香山美子 / 作曲・編曲 - 小森昭宏 / 歌 - 大杉久美子
エンディングテーマ - 「ランとジャッキー」
作詞 - 香山美子 / 作曲・編曲 - 小森昭宏 / 歌 - 大杉久美子

各話リスト

話数 放送日 サブタイトル 絵コンテ
1 1977年
6月7日
はじめてのともだち 奥田誠治
2 6月14日 森のきけん
3 6月21日 かわいい名付親
4 6月28日 強いおかあさん
5 7月5日 見ちゃいけない 高畑勲
6 7月12日 おかあさんはどこ 奥田誠治
7 7月19日 山でのたたかい
8 7月26日 がんばれお兄ちゃん! 高畑勲
9 8月9日 大変なお母さん役 奥田誠治
10 8月16日 山小屋の大そうどう
11 8月23日 痛い勉強 池野文雄
12 8月30日 危険がいっぱい 奥田誠治
13 9月6日 すずめばちのわな
14 9月13日 犬と羊をやっつけろ とみの喜幸
15 9月20日 西部の町 横田和善
16 9月27日 大変なもてなし 奥田誠治
17 10月4日 おそろしいたくらみ 山崎修二
18 10月11日 つらい別れ 奥田誠治
19 10月18日 あえない日々 田中治
20 10月25日 新しい飼い主 奥田誠治
21 11月1日 ジャッキーよどこへ 田中治
22 11月8日 かえってきた山 奥田誠治
23 11月15日 もえるタラク山
24 11月22日 冬がくる 田中治
25 11月29日 大きくなった熊 奥田誠治
26 12月6日 はるかなるタラク山へ

放送局

脚注

  1. ^ a b シートン動物記 くまの子ジャッキー | 作品紹介 | NIPPON ANIMATION”. 日本アニメーション. 2017年9月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e f アニメージュ編集部 『TVアニメ25年史』徳間書店、1988年、71頁。 
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 『日本アニメーション全作品集 25周年記念』プラネット出版、2001年、24頁。ISBN 4-939110-11-7 
  4. ^ 叶精二 『日本のアニメーションを築いた人々 新版』復刊ドットコム、2019年、79頁。ISBN 978-4-8354-5685-0 
  5. ^ 現在ではフィルムの都合により、脚本のクレジットは全話中西隆三に統一されている。
  6. ^ 現在ではフィルムの都合により、作監のクレジットは全話小川隆雄に統一されている。
  7. ^ 日刊スポーツ』1978年5月1日 - 5月5日付テレビ欄。
  8. ^ 『日刊スポーツ』1977年9月6日付テレビ欄。
  9. ^ 福島民報』1978年8月23日 - 10月3日付朝刊、テレビ欄。
  10. ^ 『日刊スポーツ』1977年7月6日 - 12月31日付テレビ欄。
  11. ^ 『日刊スポーツ』1977年9月14日付テレビ欄。
  12. ^ 北國新聞』1978年11月2日付朝刊、テレビ欄。
  13. ^ 『北國新聞』1977年6月17日付朝刊、テレビ欄。
  14. ^ a b 南日本新聞』1977年9月14日付朝刊、テレビ欄。

外部リンク

関連項目

テレビ朝日系列ABC制作) 火曜19:30枠
前番組 番組名 次番組
ピノキオより ピコリーノの冒険
(1976年4月27日 - 1977年5月31日)
シートン動物記 くまの子ジャッキー
(1977年6月7日 - 1977年12月6日)
女王陛下のプティアンジェ
(1977年12月13日 - 1978年6月27日)