大盗賊 (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大盗賊』(だいとうぞく)は、1974年7月6日から同年9月28日までフジテレビ系列にて毎週土曜日22時30分から23時25分に放映された丹波哲郎主演の連続テレビ時代劇。全13話。

あらすじ[編集]

江戸で人気の浮世絵師・緑川(りょくせん、丹波哲郎)のもうひとつの顔は、上方を中心に荒らし回った「闇将軍」と呼ばれる大盗賊頭目であった。ありとあらゆる包囲網を掻い潜り、江戸へたどり着いた彼は、夜桜のお時(松尾嘉代)や横笛のお町(野際陽子)、狐火の新吉(三ツ木清隆)らとともに、普段は髪結い等に姿を変えつつ、有事の際は北町奉行所同心・真崎左門(内田良平)らの追撃を交わしながら、庶民たちを泣かせる悪徳商人権力者の屋敷に潜入。巨悪を成敗しつつ、まんまと大金を奪い去って行くのだった。

概要[編集]

当時、『キイハンター』や『アイフル大作戦』『バーディー大作戦』等と言った東映アクションドラマで人気のあった丹波哲郎が、女性に人気のある浮世絵師と、悪事の限りを尽くす権力者や悪徳商人を成敗しつつ、大金を奪い去る義賊の頭目と言う二つの顔を持つ男を演じた痛快アクション時代劇。普段は金持ちしか相手にしない浮世絵師から一転、綿密な調査と探索で、潜入する屋敷の間取りを調べあげた上で仲間たちとともに大名駕籠で乗り付け、白の宗十郎頭巾に赤い「三つ葉葵」[1]の家紋入りの白い着流しに身を包み、太刀脇差の二刀流で悪人どもを斬りまくる闇将軍役の丹波の豪快な殺陣もさる事ながら、松尾嘉代と野際陽子の美人女優二人による共演、また、闇将軍とは知らずに緑川らに接する型破り同心の真崎左門と緑川の掛け合いも、作品の魅力の一つとなった。 なお、本作を以て『大奥』から続いたフジテレビの土曜日22時台の時代劇枠は終了。枠自体は木曜日20時台へ移動し、『座頭市物語』を放送した。

放映データ[編集]

  • 放映期間:1974年7月6日 - 同年9月28日
  • 放映日時:毎週土曜日 22:30 - 23:25
  • 話数:全13話

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

放映リスト[編集]

話数 初回放映日
(1974年)
サブタイトル 脚本 監督 ゲスト
1 7月6日 大江戸を盗め! 永井素夫
竹内進
小野田嘉幹 鮎川浩東島祐子東島邦子石山克己若尾義昭加東三和岩瀬ゆう子田沢祐子秦美恵子美郷比呂子三留洋子平田昭彦
2 7月13日 お茶壷を狙え! 田坂啓 瀬川昌治 人見きよし梅津栄白石奈緒美相川圭子八名信夫東八郎赤座美代子
3 7月20日 あぶく銭をさらえ! 永井素夫 富永卓二 佐々木剛鷲尾真知子山田禅二野々浩介福井哲也山田吾一(特別出演)
4 7月27日 外道を潰せ! 永井素夫 小野田嘉幹 江角英明長谷川弘根岸一正辻伊万理城恵美花沢徳衛
5 8月3日 用心棒で稼げ! 服部一久 降旗康男 梶哲也納谷悟朗阪脩二見忠男和田文夫沖順一郎八代駿辻村真人沼波輝枝沢りつお山下啓介倉口佳三安原義人林一夫松下昌司横山リエ財津一郎
6 8月10日 あの国を取れ! 田上雄 降旗康男 安藤昇河村弘二木下清
7 8月17日 忠治を罠にかけろ! 竹内進 原田雄一 深江章喜福山象三大前均
8 8月24日 金剛石に手を出すな! 田上雄 富永卓二 鮎川いづみ小鹿番増田順司高野真二北城寿太郎
9 8月31日 同心を警護しろ! 服部一久 降旗康男 池田秀一姫ゆり子山岡徹也浅野進治郎中田博久
10 9月7日 涙で掟を守れ! 村尾昭
和久田正明
小野田嘉幹 原田清人新克利横森久成瀬昌彦山本清増岡弘
11 9月14日 御時計返上! 桜井康裕 鈴木瑞穂江角英明
12 9月21日 鬼面をはがせ! 和久田正明 降旗康男 伊藤雄之助鮎川浩
13 9月28日 大海原をめざせ! 尾中洋一 小俣堯 伊達三郎山田吾一

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 徳川宗家の家紋であるが、闇将軍と将軍家との関わりについては不明。

関連サイト[編集]

フジテレビ 土曜22時台時代劇
前番組 番組名 次番組
大盗賊
(廃枠)
フジテレビ 土曜22:30 - 22:55枠
八州犯科帳
(22:30 - 23:25)
大盗賊
土曜劇場
6羽のかもめ
(22:00 - 22:55)
フジテレビ 土曜22:55 - 23:00枠
八州犯科帳
(22:30 - 23:25)
大盗賊
【当番組までネットセールス枠】
フジテレビ 土曜23:00 - 23:25枠
八州犯科帳
(22:30 - 23:25)
大盗賊
サウンドイン'74
(23:00 - 23:30)