天使にラブ・ソングを…

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
天使にラブ・ソングを…
Sister Act
監督 エミール・アルドリーノ
脚本 ジョセフ・ハワード
製作 テリー・シュワルツ
製作総指揮 スコット・ルーディン
出演者 ウーピー・ゴールドバーグ
マギー・スミス
ハーヴェイ・カイテル
音楽 マーク・シャイマン
撮影 アダム・グリーンベルグ
編集 コリーン・ハルシー
リチャード・ハルシー
配給 アメリカ合衆国の旗 タッチストーン
日本の旗 ブエナビスタ
公開 アメリカ合衆国の旗 1992年5月29日
日本の旗 1993年4月17日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $139,605,150[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
$231,605,150[1] 世界の旗
次作 天使にラブ・ソングを2
テンプレートを表示

天使にラブ・ソングを…』(てんしにラブソングを、原題: Sister Act)は、1992年製作のアメリカ映画

殺人事件の現場を目撃したしがないクラブ歌手が、かくまわれた修道院で巻き起こす騒動を描いたコメディー。アメリカでは6ヶ月を記録する大ヒットとなり、主演のウーピー・ゴールドバーグの人気を不動のものにした。

あらすじ[編集]

ネバダ州リノのクラブ「ムーンライトラウンジ」で働くクラブ歌手のデロリスは、ネバダ州一帯に縄張りを持つギャング、ヴィンスの愛人。だがある日、ヴィンスが裏切り者を始末する現場を目撃したため命を狙われる。重要参考人として警察に保護された彼女は、ヴィンスの裁判の日までカトリック系の聖キャサリン修道院にかくまわれる羽目になる。尼僧として振舞うことを余儀なくされたデロリスは堅苦しい生活に辟易するものの、やがて聖歌隊の指揮者を任されてから俄然、本領を発揮する。下手な聖歌隊を鍛え上げ、退屈な聖歌をモータウンの楽曲の替え歌にアレンジして派手なパフォーマンスを繰り広げ、保守的で厳格な修道院長との対立をよそに、一躍、町中の人気者になる。そして、最初は疎んじていた修道院のシスターたちと、歌を通じて徐々に友情で結ばれていく。

しかし、平穏な日々も束の間、警察内部の情報が漏れたことでローマ法王を迎えたコンサートの前日にデロリスがさらわれてしまう。彼女の素性を知らされた修道院のシスターたちは、例え本物の尼僧でなくとも自分たちを導いてくれたデロリスを救うべく、ヴィンスのアジトであるムーンライトラウンジへ乗り込む。無事、救い出されたデロリスは仲間たちに心からの感謝の意を述べ、ローマ法王の御前でのコンサートを大成功に導くのであった。

キャスト[編集]

括弧内は日本語吹替え声優で、日本テレビ版/ソフト版の順。 BS日テレではソフト版で放送された。

デロリス・ヴァン・カルティエ:ウーピー・ゴールドバーグ中村晃子/後藤加代)
リノのクラブ「ムーンライトラウンジ」で働くしがないクラブ歌手。ギャングである愛人ヴィンスが裏切り者を抹殺する現場を目撃して命を狙われる羽目になり、シスター・マリア・クラーレンスと名乗ってカトリックの修道院にかくまわれることになる。堅苦しい生活に辟易しながらも、やがて歌を通じて閉塞感の漂う修道院に改革の嵐を巻き起こし、シスターたちと固い絆で結ばれていくことになる。
カジノでルーレットの予言をするが、外れても「これで懲りたでしょ?」と諌めてごまかすほどお茶目。
堅苦しいことが大嫌いな性格で、型破りな行動が周囲に影響を与えていく。幼少時はカトリック系の学校に通っており、担任のシスターに将来を危ぶまれるほどの問題児だった。
この映画のためにウーピーは歌唱訓練を受けており「バスタブで歌う鼻歌がどれだけ気楽か思い知った」とインタビューに答えている。
ヴィンス・ラ・ロッカ:ハーヴェイ・カイテル堀勝之祐/同)
ネバダ州一帯に縄張りを持つギャング。デロリスは愛人であったが、殺人現場を目撃されたため、抹殺しようと執拗に狙う。
修道院長:マギー・スミス藤波京子/京田尚子
聖キャサリン修道院の院長。修道院の規律に厳格でお堅い性格。デロリスとは聖歌隊の一件をきっかけに頑固なまでに対立するが、シスターたちが心から彼女に信頼を寄せていることを知り、彼女のことを立派な尼僧の精神を持った人物として認めるようになる。
メアリー・パトリック:キャシー・ナジミーさとうあい/信沢三恵子
太めの体型の陽気なシスター。楽しいことが大好きで、歌と踊りをこよなく愛する。高めの声質をしており、歌では幾度かハイトーンを披露している。その性格の明るさは彼女の母をして「将来は尼さんかスチュワーデスね」と言わしめたほど。修道女仲間の中ではメアリー・ロバート、メアリー・ラザラスと特に親しい。
メアリー・ロバート:ウェンディ・マッケナ矢島晶子/石川悦子)歌唱部分:アンドレア・ロビンソン
シスターたちの中ではメアリー・パトリックと共に年の若いシスター。内向的で大人しい性格だが、修道院に溶け込めずにいたデロリスのことを誰よりも先に気遣う優しさと思いやりを持つ。
奉仕の人生を送るべく修道女を志願したものの、引っ込み思案で不器用な性格に劣等感を抱き自信を持てずにいたが、デロリスと出会い歌う喜びを知ってからは、徐々に明るく積極的な性格に変わっていく。また、同時に勇敢さと毅然さも併せ持つようにもなり、彼女が誘拐された際にはみんなで救出しに行こうと真っ先に院長に進言した。
最初は弱々しくか細い声しか出せなかったが、特訓の末に大きな声を出すことが出来るようになり、ソロパートを務めるまでに上達した。その歌唱力はかなりハイレベルである。
尚、劇中で実際に歌唱しているのはウェンディではなくアンドレア・ロビンソンで、歌唱が吹き替えられているのはウェンディだけである。吹き替えられた理由は歌声が監督のイメージとは違った為。ウーピー・ゴールドバーグを始め、キャシー・ナジミーやメアリー・ウィックス、他のシスター達、2における生徒達やEDの神父様はちゃんと歌唱している。ただし、2のEDの歌のみ、ウェンディ本人が歌唱しており、ウェンディ自身も音楽学校を出ている為非常に歌が上手い。
メアリー・ラザラス:メアリー・ウィックス(河村久子/牧野和子
聖キャサリン修道院のシスターで聖歌隊の元指揮者。シスター内でも年は上の方。成り行きから聖歌隊の指揮をすることになったデロリスを煙たがるが、彼女の指揮能力を認めてからは良き友人になる。低音の声質で、ロバートやパトリックと共にソロパートが多い。尚、歌うことに関してはデロリスにパートを任されて歌い出してから楽しさを感じて笑顔を見せている。大きな音が苦手なのか、ロバートやパトリックが大きな声で歌った際やハイトーンで歌った際に毎回驚いている。年齢の為か、振り付けを間違ったりしている。尚、彼女が聖キャサリン修道院の前に居た修道院は森の中深くにあり、電気は無く、真冬も裸足で、文明から離れているという凄まじい場所だった為、聖キャサリン修道院すら「此処はホテル並みよ」と言わしめている。
シスター・メアリー・アルマ:ローズ・パーレンティ
聖キャサリン修道院のシスターの1人で、ピアノを弾く担当のおばあちゃんシスター。基本的にはアルマと呼ばれている。年長シスターは沢山いるが、その中でもかなり年長だと思われる。ピアノを弾くが、耳が遠い為に補聴器が必須だが、度々スイッチを入れ忘れて(初期の練習ではパトリックのハイパワーボイスを聞かないように自分で切っていじっているシーンもある)しまう。ピアノは長年弾いているだけはある巧さで、弾いている際は可愛らしく楽しげな笑顔である。デロリス及びデロリスがアレンジした曲がとても好きであり、普通に弾く時よりも非常に楽しげであり、より笑顔になる(修道院長が法王様の御前で本来の賛美歌か前衛的な賛美歌、どちらを歌うか多数決した際にはデロリスの方の時に真っ先にピンと手を挙げた程に好んでいる)。
エディー・サウザー警部:ビル・ナン玄田哲章/西村知道
事件の捜査とデロリスの警護を担当する警部。正義感にあふれるが、猪突猛進型。デロリス曰く、「警護より攻撃のが向いてる」。
ジョーイ:ロバート・ミランダ(西村知道/山下啓介
ヴィンスの手下のギャング。裏切り者を難なく始末する非情さを持つが、追い詰めたデロリスに対し「尼僧は撃てない」と射殺を拒絶するなど小心な一面も持つ。ウィリーと一緒にお祈りしたがデロリスに股間を一斉に殴られて逃げられた。
ウィリー:リチャード・ポートナウ千田光男/曽我部和恭
ヴィンスの手下。ジョーイ同様、尼に対し銃を向けられない性格。
聖キャサリン修道院のシスター達:スーザン・ジョンソン、スーザン・ブロウニング、エディス・ディアス、ダーリーン・コルデンホーブン、ベス・ファウラー、ルース・コバート、プルーデンス・ライト・ホルムズ、カルメン・サパタ、パット・クロフォード・ブラウン、エレン・アルバーティーニ・ダウ、シェリ・イザード、ジョージア・クレイトン
聖キャサリン修道院における聖歌隊のシスター達。大抵がおばあちゃんまたはおばちゃんの年齢層だが、若く見えるシスターもいる。白枠眼鏡のシスターのみシスター・メアリー・イグナティウスという名前が出ている。初期段階ではそれぞれがぐちゃぐちゃに歌っているという自分達でも自覚出来るほどに酷い状況(デロリスが言いくるめながら何とか音を調整して、やっと和音になったとパトリックが言い放ったレベル)だったが、ロバートのささやきからパトリックがデロリスに聖歌隊への助けを求めたのちに全員がデロリスに期待を寄せて助けを求め、みるみる聖歌隊が成長していくにつれてより心から信頼を置くようになり、ロバートやパトリック、ラザラス同様にデロリスと固い絆で結ばれていく。デロリスは心の支えである。底抜けに明るい笑顔のおばあちゃんシスター、スーザン・B演じるちょっと厳しそうなふくよかおばちゃんシスター、エレン・アルバーティーニー・ダウ演じる一番小柄だが非常に身軽な甘い声の年長組おばあちゃんシスター、プルーデンス・ライト・ホルムズ演じる、ロバートに似た性格に見える若めだが暗めに見えるおばちゃんシスターなど、実は非常に個性豊かである。基本、皆敬虐なシスターだが、イグナティウスはデロリスを助けに行った際にいつの間にやらスロットをしており、デロリス側に傾き始めている。尚、シスターを演じたキャストは女優が多いが、長身でタンバリン担当のダーリーン・コルデンホーブン、2列目右から三番目のポジションのベス・ファウラーは歌手、二段目左端の眼鏡シスターのルース・コバートは音楽家であるなど、音楽に関連のある人も多い。小柄で丸っこい体格のシスターを演じたエディス・ディアスは歌手では無いが歌唱力が高い。

日本テレビ版:1996年4月26日『金曜ロードショー

挿入曲[編集]

ミュージカル版[編集]

映画公開から19年後の2011年に本作がブロードウェイミュージカル化された。プロデューサーは映画版の主演を務めたウーピー・ゴールドバーグが、音楽は『リトル・マーメイド』や『アラジン』などのディズニーミュージカルアニメ作品を作曲したアラン・メンケンが担当している。ストーリーの大筋と登場人物は映画版を踏襲しているが、楽曲は全て書き下ろしであり、映画版での挿入曲は使用されていない。

2014年6月1日[2]、日本上演[3]。2014年8月3日、千秋楽。2016年5月22日~6月20日再演[3]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]