林一夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
はやし かずお
林 一夫
プロフィール
本名 杉田 一夫(すぎた かずお)[1][2]
性別 男性
出生地 日本の旗 日本東京都[3]
生年月日 (1945-10-17) 1945年10月17日(76歳)
血液型 B型[4]
身長 169 cm[3]
職業 俳優声優
事務所 テアトル・エコー[3]
公式サイト 林 一夫|プロフィール|テアトル・エコー
俳優活動
活動期間 1969年 -
ジャンル テレビドラマ舞台
声優活動
ジャンル アニメゲーム吹き替え
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

林 一夫(はやし かずお、1945年10月17日[1][5] - )は、日本俳優声優東京都出身[3]テアトル・エコー所属[3]

人物[編集]

東京都立代々木高等学校卒業[6]

子役として活躍し、1969年テアトル・エコー入団。1980年伝説巨神イデオン』では重要キャラクターのひとりであるギジェ・ザラルを演じた。『イデオン』には非常に思い入れがあり、プロフィールの代表作欄に掲載されているのは本人の希望によるもの。1980年代のインタビューで「イデにとりこまれる」という言葉が好きだったと述べている[7]

超電子バイオマン』のバイオハンター・シルバを演じたことでも知られる。シルバに関しては『バイオマン』DVD解説書において「やっと逢えたな…バルジオン」の台詞のカッコよさは本当にシビれる、と制作者である東映サイドが絶賛している。

本人のプロフィール写真の髪型はギジェと同じ。もともと舞台の役作りのためオールバックにして髪を伸ばしていたところ、偶然ギジェと同じ髪型になり、これが気に入ったためその後もこのヘアスタイルを維持しているとのこと。髪を洗う時には苦労するらしく、夫人に手伝ってもらうらしい。

特技は日本舞踊市山流)、殺陣乗馬[3]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

  • 俺たちの朝 第13話「裸踊りと染色と口惜涙」(1977年、日本テレビ)
  • 白い巨塔 第25話(1978年、フジテレビ)
  • 太陽にほえろ!(日本テレビ)
    • 第209話「働くものの顔」(1976年)
    • 第354話「交番爆破」(1979年)

映画[編集]

テレビアニメ[編集]

1973年
1974年
1975年
1977年
1978年
1979年
1980年
1982年
1983年
1986年
1987年
1992年
1995年
1998年
1999年
2003年
2004年
2006年

劇場アニメ[編集]

1978年
1980年
1982年
1983年
1985年
1986年
1987年
1999年

OVA[編集]

ゲーム[編集]

1997年
1998年
1999年
2000年
  • さらば宇宙戦艦ヤマト宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち(南部康雄)
2004年
2005年
2008年
2011年
2020年

吹き替え[編集]

担当俳優[編集]

ウェイド・ウィリアムズ

映画[編集]

ドラマ[編集]

アニメ[編集]

ボイスオーバー[編集]

特撮[編集]

1974年
1975年
1976年
1980年
1984年
1985年
1996年
1998年
1999年
2012年

その他コンテンツ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b 『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年、237頁。ISBN 4-87376-160-3 
  2. ^ 『日本タレント名鑑 2007』(VIPタイムズ社、2007年) 308頁
  3. ^ a b c d e f 林一夫”. テアトル・エコー. 2020年1月26日閲覧。
  4. ^ 林一夫”. テアトル・エコー. 2016年11月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月26日閲覧。
  5. ^ 『声優名鑑』成美堂出版、1999年8月、592頁。ISBN 4-415-00878-X 
  6. ^ 『日本タレント名鑑(2015年版)』VIPタイムズ社、2015年1月28日、305頁。ISBN 978-4-904674-06-2 
  7. ^ ロマンアルバム映画 1982, p. 151.
  8. ^ カードキャプターさくら”. NHKアニメワールド. 2016年5月22日閲覧。
  9. ^ さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  10. ^ ヤマトよ永遠に”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  11. ^ 宇宙戦艦ヤマト 完結編”. バンダイビジュアル. 2016年6月13日閲覧。
  12. ^ 劇場版カードキャプターさくら”. マッドハウス. 2016年5月22日閲覧。
  13. ^ X電車でいこう”. マッドハウス. 2016年6月8日閲覧。
  14. ^ 市川治と誤クレジット。

参考文献[編集]

  • 尾形英夫 編 編 『伝説巨神イデオン 接触篇 発動篇』徳間書店〈ロマンアルバム・エクストラ(51)〉、1982年。雑誌 61577-68。 

外部リンク[編集]