彼女を見ればわかること

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
彼女を見ればわかること
Things You Can Tell Just by Looking at Her
監督 ロドリゴ・ガルシア
脚本 ロドリゴ・ガルシア
製作 ジョン・アヴネット
マーシャ・オグレズビー
リサ・リンドスドロウム
製作総指揮 エリー・サマハ
アンドリュー・スティーヴンス
出演者 グレン・クローズ
ホリー・ハンター
音楽 エドワード・シェアマー
撮影 エマニュエル・ルベツキ
編集 エイミー・E・ダドルストン
配給 アメリカ合衆国の旗 UA
日本の旗 ギャガ
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年1月22日SFF
フランスの旗 2000年5月10日CIFF
日本の旗 2001年5月19日
上映時間 109分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

彼女を見ればわかること』(かのじょをみればわかること、Things You Can Tell Just by Looking at Her)は、2000年アメリカ映画である。ロドリゴ・ガルシア監督によるオムニバス映画。

5つのストーリーで構成され、ロサンゼルスに住む5人の女性の悩みや人生の転機を描いたドラマ。

アメリカでは、内容が地味だという理由で劇場で公開されず、有料テレビチャンネルのショウタイムでの放映(2001年3月11日初放映)となったが、東京ではBunkamuraル・シネマで公開され、ロングランヒットとなった。

監督は、魔術的リアリズムの代表作家ガルシア・マルケスの息子であるが、作風は現実的で正反対と言ってもよい。[独自研究?]

第53回カンヌ国際映画祭ある視点」部門グランプリ受賞。サンダンス・NHK国際映像作家賞受賞。

ストーリー[編集]

第1話「キーナー医師の場合」
認知症の母親を介護する女性医師の心の拠り所。
第2話「レベッカへの贈り物」
不倫関係の末に妊娠した女性の葛藤と決断。
第3話「ローズのための誰か」
思春期の息子をもつシングルマザーの新たな恋。
第4話「おやすみリリー、クリスティーン」
死にゆく恋人を見守るレズビアンの占い師。
第5話「キャシーを待つ恋」
盲目の妹との関係を通して愛を摸索する女性刑事。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
エレイン・キーナー グレン・クローズ 塩田朋子
レベッカ・ウェイモン ホリー・ハンター 唐沢潤
ローズ キャシー・ベイカー 宮寺智子
クリスティーン・テイラー キャリスタ・フロックハート 若村麻由美
キャロル・ファーバー キャメロン・ディアス 高橋理恵子
キャシー・ファーバー エイミー・ブレネマン 山像かおり
リリー ヴァレリア・ゴリノ 高乃麗
カルメン・アルバ エルピディア・カリーロ
ウォルター マット・クレイヴン 大川透
ロバート グレゴリー・ハインズ 稲葉実
サム ミゲル・サンドバル 林一夫
アルバート ダニー・ウッドバーン 根本泰彦
ジェイ ノア・フレイス 川村拓央
ナンシー ペネロペ・アレン 磯辺万沙子
デビー ローマ・マフィア 竹村叔子
ジューン ミカ・ブーレム 児玉孝子

外部リンク[編集]