ダニー・ウッドバーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ダニー・ウッドバーン
Danny Woodburn
本名 Daniel Charles Woodburn
生年月日 (1964-07-26) 1964年7月26日
出生地 ペンシルベニア州フィラデルフィア
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
活動期間 1991年 - 現在
テンプレートを表示

ダニー・ウッドバーンDanny Woodburn, 1964年7月26日 - )は、アメリカ合衆国俳優コメディアンである。

来歴[編集]

1964年ペンシルベニア州フィラデルフィアに生まれる。地元の高校を卒業後、テンプル大学へ進学して演技を学んだ[1]。舞台で経験を積んだ後、ロサンゼルスへ拠点を移し、1990年代前半から『ジェシカおばさんの事件簿』などのテレビドラマへ出演し始めてキャリアをスタート。小人症という特徴を生かし、順調にキャリアを構築させている。コメディアンとしてスタンダップ・コメディの経験もあるので、アーノルド・シュワルツェネッガー主演の『ジングル・オール・ザ・ウェイ』やダニー・デヴィート監督の『デス・トゥ・スムーチー』、『となりのサインフェルド』などのコメディ作品への出演も多い。近年では2014年に製作された『ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ』でタートルズの育ての親でもあるスプリンターを演じている。

出演作品[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

  • Star vs. the Forces of Evil (2015)

ビデオゲーム[編集]

  • Teenage Mutant Ninja Turtles (2014)

脚注[編集]

  1. ^ Danny Woodburn Biography”. 2016年2月23日閲覧。

外部リンク[編集]