星獣戦隊ギンガマンVSメガレンジャー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スーパー戦隊Vシネマ
VSシリーズ
第3作 電磁戦隊
メガレンジャー
VS
カーレンジャー
1998年3月13日
第4作 星獣戦隊
ギンガマン
VS
メガレンジャー
1999年3月12日
第5作 救急戦隊
ゴーゴーファイブ
激突!
新たなる超戦士
1999年7月9日

星獣戦隊ギンガマンVSメガレンジャー』は、1999年3月12日に発売されたオリジナルビデオ作品。『星獣戦隊ギンガマン』のオリジナルビデオ作品であり、スーパー戦隊VSシリーズの一つ。

概要[編集]

『星獣戦隊ギンガマン』と『電磁戦隊メガレンジャー』のクロスオーバー作品であるスーパー戦隊Vシネマ第4弾。本作品より、「スーパー戦隊OVシリーズ」から「スーパー戦隊Vシネマ」という名称に変わり、ジャケットには「スーパー戦隊V CINEMA」のロゴが記載されている。

『メガレンジャー』本編最終回で高校を卒業した健太たちがそれぞれの道を歩んでいる姿が描かれている。また『ギンガマン』側も本編終了後の設定となっており、リョウマたちはギンガの森で平穏な生活を送っている。ただし実際の撮影は秋に行われているため[1]、獣撃棒の強化のような『ギンガマン』終盤の設定の一部は反映されていない。

CGによるジャケットイラストを担当した篠原保は星獣を描きたいと希望したが、魔獣ゲルマディクスを中心にするようにと発注を受け、獣モチーフが重複するため断念した。しかしその後のDVD化に際してジャケットの刷新を行い、『ゴーゴーファイブVSギンガマン』で使用した星獣の画像データを再活用して念願を果たした[2]。DVDジャケットでは、メガレッドが丸腰であるのに対してギンガレッドは星獣剣を腰から下げている。篠原は、体に密着するタイツ姿のヒーローの腰に無骨なホルスターが下がるのを嫌い、イラストでは省いていた。しかしギンガマンにとって星獣剣は必須の存在であると東映に説かれると、それに同意。ギンガマンを例外とすることにした[2]。これは『ゴーゴーファイブVSギンガマン』でも同様である。

あらすじ[編集]

ギンガマンがバルバンを倒し、地球に平和が戻ってからしばらく経ったある日。宇宙へ帰った星獣が地球に戻ってくることになっていた。しかし、ギンガマンの前に新たな敵グレゴリゲルマディクスが現れる。苦戦を強いられるギンガマンを助けたのはメガレッドこと伊達健太だった。

グレゴリは、宇宙で出会った、ネジレジアの残党ヒズミナと結託し、バルバンとネジレジアの復活を目論む。バルバンの幹部達を次々と復活させた後、健太の友人であるメガイエローこと城ヶ崎千里に預けたリョウマのギンガブレスを奪い、ゼイハブをも復活させる。

敵の攻撃でリョウマは重傷を負い、星獣も敵の妨害で地球に入れず、ギンガマンはピンチに陥るが、そこにメガレンジャーの残りのメンバー3人が集結。メガレンジャーはギンガマンの魔法を解析し、両戦隊は反撃を試みる。

本作品オリジナルの登場人物[編集]

宇宙海賊バルバン[編集]

グレゴリ艦長が自らの刀を使った儀式で復活させたバルバン幹部。復活したメンバーは、ゼイハブ船長とシェリンダ、4つの軍団の軍団長の6人。ただし、ゼイハブはグレゴリの刀だけでなくリョウマのギンガブレスのエネルギーで復活している。

終盤、一斉攻撃でギンガマンを苦戦させ、グレゴリとゲルマディクスの力で黒騎士ヒュウガとメガレンジャーまで追い詰めるが、ギンガの森が復活したことにより強化された獣装光ギンガマンの「銀河の戦光」を全員まとめて受けて敗れ去った。

宇宙海賊バルバンの復活魔人
グレゴリ艦長がゼイハブ船長とバルバンの幹部たちとともに再生させた魔人たち。サンバッシュ魔人団からはコルシザー、バクター、トルバドー、マンディガー、ネイカーが、ブドー魔人衆からは虚無八、煙工門、壊力坊、闇丸、鬼丸が、イリエス魔人族からはワンガワンガ、ゲルトゲルト、ヒエラヒエラ、ガーラガーラ、デスフィアスが、バットバス魔人部隊・特殊部隊からはダングス、バマース、ボンブス、マグダス、ヂェンゾスが復活した。全員ギンガマンとメガレンジャーに歯が立たないまま倒された。
グレゴリ艦長
ゼイハブ船長と義兄弟の杯を交わした宇宙海賊。魔獣ゲルマディクスの背中に要塞を築いて魔獣要塞ゲルマディックとして操っている。愛用の金色の刀は多くの命を奪ってきたほか死者の復活の儀式としても使える。バルバンが初代ギンガマンに封印されるよりも前に星獣によって封印されていたが、ヒズミナと衝突したことにより封印が解けた。
その後はヒズミナと行動をともにしていたが、バルバン全滅を知って地球に来襲。リョウマのギンガブレスを奪い、そのエネルギーを利用してゼイハブとバルバンの幹部を蘇らせ、ギンガマンと星獣に復讐しようとした。
圧倒的な強さでギンガマンとメガレンジャーを追い詰めるが、最期はギャラクシーメガのメガストレートカッターと超装光ギンガイオーの銀河大獣王斬りを受けてゲルマディクス共々敗れ去った。なお、巨大化は自力で行った。
デザインは野崎明が担当した[3]。ゼイハブ用の初期スケッチを下敷きにしており、両肩を木造帆船から鋼鉄の軍艦に換え、『宝島』のジョン・シルバー風の衣装でまとめている[3]
ヒズミナ
邪電王国ネジレジアの残党で、シボレナと同タイプのアンドロイド。ビビデビが死ぬ直前[注 1]にひそかに脱出させられていた。人間に変身する能力を持ち、剣を武器にしている。
偶然宇宙で出会ったグレゴリ艦長とともに行動し、ギンガブレスを奪おうと暗躍する。だが実際はネジレジアの復活だけを目的としており、中盤でグレゴリによる復活の呪文を聞くと、儀式に必要な刀を奪う。サンバッシュの銃攻撃を跳ね返して反撃したが、シェリンダに隙を突かれて斬られてしまい、刀を奪い返される。
終盤では手負いの状態でメガレンジャーに挑んで善戦したが、メガレッドのセイバースラッシュで斬りつけられ致命傷を負う。最期の力でメガレッドを巻き添えにしようとするものの爆散して果てた。
デザインは下條美治が担当した[4]。シボレナと形状は変わらず色の変更のみ[4][5]
魔獣要塞ゲルマディック
魔獣ゲルマディスクの背中に要塞を取り付けたグレゴリ艦長の本拠。この要塞からのコントロールによってグレゴリはゲルマディクスを操り、数多くの星を滅ぼしてきた。要塞は地球に結界を張ることができ、これでゴウタウラス以外の地球に戻れない星獣たちを苦しめた。最後はI.N.E.Tの開発したアース強化装置とギンガマンのアースによって破壊され、同時に地球を張っていた結界も消滅した。
魔獣ゲルマディクス
ダイタニクスと同種の魔獣。ダイタニクスの体色が緑なのに対してこちらは赤となっている。グレゴリ同様星獣によって封印されていたが、ヒズミナとの衝突でともに復活した。地球に来た際の初戦ではギガライノス・ギガフェニックスとの戦いで相討ちとなり、傷を負って地面の中に潜む。
グレゴリの刀による復活の儀式とグレゴリが奪ったギンガブレスのエネルギーによって復活して強化体へとパワーアップ。体色は青になり、角が変化して牙と棘も鋭くなり、ブルタウラスとギャラクシーメガの攻撃を寄せ付けない強さを誇った。最期はブルタウラスの野牛鋭断と超装光ギンガイオーの銀河大獣王斬りを受けてグレゴリ共々倒された。
デザインは野崎明が担当した[3]。撮影用スーツは、夏に『ギンガマン』劇中でイメージとして登場したダイタニクスの色替え。年末にギンガマンと決戦したダイタニクスは、より大きく造形された新作スーツである[1]。色はダイタニクスとの差別化が意識されている[3]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

声の出演[編集]

スーツアクター[編集]

音楽[編集]

オープニングテーマ「星獣戦隊ギンガマン」
作詞:藤林聖子 / 作曲、編曲:佐橋俊彦 / 歌:希砂未竜 / コーラス:EVE
エンディングテーマ「はだしの心で」
作詞:藤林聖子 / 作曲:出口雅生 / 編曲:亀山耕一郎 / 歌:希砂未竜

メディア[編集]

  • 1999年3月12日:VHSレンタル開始。
  • 1999年3月20日:レーザーディスク発売。
  • 1999年6月21日:VHS発売。
  • 2001年4月21日:DVD発売[6]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 『メガレンジャー』本編ではビビデビの生死は描写されず、本作で初めて明らかになった。

出典[編集]

  1. ^ a b VS超記録, p. 63.
  2. ^ a b VS超記録, p. 108.
  3. ^ a b c d 百化繚乱 下之巻 2012, p. 72
  4. ^ a b 百化繚乱 下之巻 2012, p. 105
  5. ^ シボレナは水色に対し、ヒズミナは紫。
  6. ^ 「綴込特別付録 宇宙船 YEAR BOOK 2002」、『宇宙船』Vol.100(2002年5月号)、朝日ソノラマ2002年5月1日、 169頁、 雑誌コード:01843-05。

参考文献[編集]

  • 『スーパー戦隊VSシリーズ 超記録ファイル』 角川書店2001年9月25日ISBN 4-04-853385-1
  • 『東映スーパー戦隊シリーズ35作品記念公式図録 百化繚乱 [下之巻] 戦隊怪人デザイン大鑑 1995-2012』 グライドメディア、2012年10月16日ISBN 978-4-8130-2180-3